ウールジャケットクリーニング

スーツのジャケットに使われることが多いウール素材。

当然、普段のお洒落着にも使用されています。ウールは上質素材ではありませんから追加料金が発生することはありません。

スーツではシルクやカシミヤが混ざることはあまりありませんが、お洒落着だと上質素材が混ざることがあります。

リネットでは、

  • カシミヤ
  • アンゴラ
  • モヘア
  • シルク
  • 合皮
  • ベロア
  • アルパカ

といった素材が30%以上含まれている場合、上質素材の追加料金として+200円かかることになっています。

業者によって定義は異なりますが、上質素材が含まれていればそれだけ手間がかかりますので追加料金はかかってきます。

不安な場合はクリーニングに出される前に洗濯表示を確認し、業者に問い合わせをすれば確実です。

ちなみにチェーン店の多くは1%でも含まれている場合、追加料金が発生します。

上質素材が使用されているジャケットのクリーニング料金については、以下の記事をご参照ください。

麻(リネン)ジャケットのクリーニング料金を比較!最安値は?

では、上質素材が使用されていないことを前提として、料金を比較していきましょう。

ウール・スーツジャケットをクリーニング!9社比較で相場を知ろう!

安い順に並べていきます。値段はピュアクリーニングプレミアム以外は税抜の価格です。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

業者名値段詳細
せんたく便698円~詳細
ホワイト急便780円詳細
リナビス940円~詳細
リネット950円詳細
ネクシー960円詳細
白洋舎1,230円詳細
プラスキューブ1,300円詳細
ピュアクリーニングプレミアム1,500円詳細
キレイナ4,000円詳細

ジャケットくらいのクリーニング料金でしたら、個別タイプがやや優勢ですね。

10点以上まとめてクリーニングされるのでしたらパックタイプも視野に入ってきます。

ウール・スーツジャケットをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した9業者の中でのオススメは、リネットです。

  • 初回50%OFFを利用すれば料金は最安値
  • プレミアム会員なら全額返金保証つき
  • 最短1日でクリーニング!

安い、早い、高品質と3拍子揃っています。

全額返金保証は高品質の証。リネットはジャケット専用にクリーニング技術を開発しています。

この効果は、

  • 生地を傷めず従来の4倍の汚れ落ちを実現
  • 汗の塩分まで取るので洋服が軽くなる
  • 汗のにおい、タバコのにおいがすっきり
  • 洋服の触り心地がさっぱり

常にクリーニング技術を開発し、宅配クリーニング業界を引っ張り続けているリネットならではの技術ですね。

リネット詳細ページへ

ウール・スーツジャケットをクリーニングに出す際の注意点

スーツのジャケットはシンプルですから悩むことはないかと思いますが、お洒落着の場合に気を付けておきたい点として、

  • 3cm四方以上の一部革素材はないか?
  • 装飾品(ビーズ・ラメなど)はついていないか?

ですね。

それぞれの追加料金は、リネットの場合、

  • 一部革素材:+200円
  • 装飾品:+200円

となっています。お洒落ジャケットによくあるのは肘の部分やポケットが革であったり、ラメがほどこされているケースですね。

あとは、裾やそで口がボタンやゴム編みになっているモノはジャンパー扱いになりますのでご注意ください。

スーツのクリーニング料金を宅配とチェーン23社で比較!オススメは?