スーツクリーニング
初心者

旦那のスーツをクリーニングに出してるんだけど、今のお店って安いのかな?高いのかな?どのくらいの頻度で出せばいいんだろう?

ビジネスマンの身だしなみスーツ。お洒落は足元から、というのは基本ですが、靴がピカピカでもスーツがよれよれですと第一印象は良くないですよね。

必然的にクリーニングに出す機会も増えるわけですが、そうなると気になるのがコスパ。

この記事では、スーツのクリーニング料金相場やかかる日数、頻度や注意点についてお話ししていきます。

はじめに

この記事では、

ジャケットとスラックスをセットにしたスーツ上下

の料金やオススメについてお話しています。

ジャケット・スラックス、別々にクリーニングに出す場合は、別途記事を用意していますので、そちらをご参照ください。

スーツをクリーニング!37社の料金比較で相場を知ろう

まずは気になる料金相場について見ていきましょう。料金のソースは各業者の公式ページです。

「チェーン」列に〇が入っているのはチェーン店、「パック」列に〇が入っているのはパックタイプの業者です。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

※料金は税抜きです。またパックタイプは1点あたりの料金が最安となるコースの料金を記載しています。

スーツ上下の料金比較表

クリーニング業者3種類の平均価格は、

ここがポイント
  • チェーン店:1,129円
  • 宅配(個別):3,107円
  • 宅配(パック):1,919円

全37社の平均価格は、1,973円。だいたい2,000円くらいが相場といえそうですね、といいたいところですが。

スーツは、ジャケットはクリーニング料金としては中くらいなのですが、スラックスが安いんですね。そのため、パックタイプにはやや不利な結果になっています。

実際の相場とややかけ離れた感がありますので、パックタイプと超高級クリーニングの「キレイナ」「ワードローブトリートメント」を除いてみます。

18社の平均価格は、

1,397円

だいたい1,400円くらいが実相場と言えそうですね。

代表的なクリーニング業者のスーツ仕上がり日数を比較!

次に、仕上がり日数について見ていきます。ここでは、代表的な7業者について見ていきますね。

日数についてさらに詳細に知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

業者名 日数
白洋舎 即日
ホワイト急便 即日
リネット 2日
せんたく便 5営業日
リナビス 5営業日
ネクシー 6日
ピュアクリーニング
プレミアム
7営業日

やはり最速は店舗型ですね。即日仕上げ可能なのはクリーニング店の強味です。

ですが、即日対応をうたっているチェーン店でも地域によっては即日対応していないお店もあります。まずは公式からお近くのお店を確認されてみてはいかがでしょう。

よほど急ぎでない限りは即日仕上げクリーニングしないほうが良いってホント?

即日よくない

ホントです。どんな衣類でも即日仕上げクリーニングをすることで生地の傷むスピードが速くなります

つまり、スーツの寿命が縮みます

スーツの場合、わかりやすい例を挙げると、シワが取れにくくなったりテカりやすくなります。強引な乾燥や急ぎのアイロン仕上げにより、繊維が縮んだり余分な摩擦を受けたりしてしまうためですね。

そのため「翌日、大事な会議や面接があるからどうしても!」という時以外は避けるのが無難です。大切なスーツであればあるだけ即日は避けたほうが良いでしょう。

とはいえ、独身の方や単身赴任の方、結婚されていても共働きの場合、週末以外クリーニングする時間がありません。

スーツは普通にクリーニングに出すと1~2日かかります。1日のお店が近くにあればよいのですが、多くの店が2日、ないし日曜が休みだったりします。そうなると土曜の朝に出して夕方受け取る即日クリーニングを利用するしかないわけでして。

そういった状況を打開するのに便利なのが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングのリネットなら週末クリーニングが可能

リネット

有料会員限定になりますが、リネット最短2日でクリーニング可能です。

つまり、金曜の朝などに集荷依頼をして自宅からクリーニングに出し、日曜夜に受け取ることが可能なんですね。

また~24時まで1時間単位での受け取りも可能です。そのため、予定があっても日曜の深夜に受け取ることができちゃいます。

受取は、朝の6時~の指定もできますので、月曜の朝に受け取りでもOKです。マンションの集配BOXに入れてもらうこともできますので、土日をクリーニングを気にすることなくフルに使うことができます。

初心者

でも、金曜とか朝から仕事だから集荷待ってる時間ないんだけど

一部地域限定(東京23区、神奈川、千葉の一部)にはなりますが、朝イチ便といって6:00~8:00の間、1時間単位で集荷時間を指定できるサービスもあります。

そのため、少し早起きする必要はありますが仕事に出かける前に自宅からクリーニングに出すことが可能です。

そしてコンビニや宅配ボックスから出すことが可能です。こちらは最短5日~となってしまうので週末クリーニングはできないのですが、平日の仕事の出がけに出せるのは大きな強み。

チェーン店に出してしまうと、どうしても引き取りに行く手間や予定が入れられないなどの時間拘束がわずらわしいですからね…。

リネットならそういった手間から解放され、自宅にいながら、あるいは週末のプチ旅行を楽しみながら。また、クリーニング店の人待ちナシで。そのうえで高品質なクリーニングサービスを受けることができます。

キャンペーンの内容は時期により異なりますが、初回の方限定で、

リネットのキャンペーン
  • 30%OFF
  • 送料無料
  • プレミアム会員1ヶ月無料

などなど。

初めてですと使ってみないとわからないと思いますので、キャンペーンが行われているようでしたら使い心地を試してみるべく、一回利用されてみると良いかもしれませんね。

当然ですが、プレミアム会員(有料会員)はいつでも解約可能です。ので、初回利用してみて合わないなと思ったら、解約してしまえば会費はかかりません。

スーツをクリーニングに出す頻度って?そもそもクリーニングに出すべき?

クリーニング頻度

多くの洋服がそうであるように、クリーニングに出すと洋服は傷みます

お店や即日かどうかによって傷むスピードに差はありますが、クリーニングとはそういうものです。復元ではなく洗浄なんですね。

そのため、クリーニングに出す回数はおさえられるだけおさえたほうが洋服は傷みにくくなります。複数スーツをお持ちでしたら、1シーズンに1回で大丈夫でしょう。

ここでいうシーズンとは、

  • 冬物(10月~5月)
  • 夏物(6月~9月)

だいたい衣替えの時期ですね。冬物スーツならコートなどと一緒にクリーニング保管サービスに出すことで、保管コストをぐっと下げることが可能です。

シミなどがついてしまったら仕方ないですから、その場合はシーズン終わりでなくてもクリーニングに出しましょう。

ちなみに夏物は冬物に比べるとクリーニング回数が多いです。何着ローテーションしているかによりますね。2着ですと、シーズンに2回くらいはクリーニングに出したいところ。どうしても汗を吸ってしまいますから。

汗の臭いが気になり始めたらウェット加工を

汗の臭い

ちなみに、汗の臭いが気になり始めたらウェット加工(水洗い加工・汗抜き加工など)をつけることをオススメします。

スーツはウールがメイン素材のため、普通にクリーニングに出すとドライクリーニングというクリーニング方法でクリーニングされます。

ドライクリーニングは油溶性の汚れには強いのですが、水溶性の汚れは落としきれません。水溶性の汚れ、すなわち「」ですね。

「汗」を落とすためには、ドライクリーニングとは別に水洗いをしてあげる必要があり。それがウェット加工なんです。

ウェット加工をつけないで汗の臭いが気になるたびにクリーニングに出していると、あっという間に生地は傷みますし、なにより汗も取れません。

注意点としては、ウェット加工をつけるとクリーニング日数が大幅に伸びます

先ほどご紹介したリネットですと、最短2日⇒5日に。

日数が伸びるのは残念ですが、それくらい手間のかかる洗い方ということなんですね。その分、効果は絶大。当分は汗の臭いとオサラバできますし、なによりスーツが軽くなったことが実感できると思います。

ちょっと気になるスーツと礼服の違いって??

スーツと礼服の違い

なんとなくはイメージできると思います。ですが、スーツと思って出したら礼服扱いだった、礼服だとクリーニングできないと言われた、なんていうケースも。

料金がどのくらい変わるかと言いますと、白洋舎を例に出しますと、

スーツ上下 1,900円
礼服上下 4,950円

と、3倍近く変わってくるんですね。

気になる定義の違いですが、リネットを例に出しますと、

黒く無地で光沢感の少ない素材でできているもの、冠婚葬祭を礼服として分類し、それ以外のものを一般衣類のパンツ、スカート、ジャケットととして扱います。

となっています。当たり前ですが、黒無地でないスーツは気にする必要がなさそうですね。

リネットは以前は礼服とスーツのクリーニング料金を分けており、礼服になると倍近く料金が変わっていました。が、現在はスーツも礼服も同じ料金になっています。

どちらかわからない、もしくは礼服をクリーニングに出したい!でしたら、リネットにお願いするのが良いかもしれませんね。

ともあれ、定義は業者によって異なりますので不安なようでしたら各業者の公式ホームページを確認されるか、電話やメールで問い合わせるのが確実かと思います。

礼服の詳細は、以下の記事をご参照ください。