スーツクリーニング
初心者

旦那のスーツをクリーニングに出してるんだけど、今のお店って安いのかな?高いのかな?どのくらいの頻度で出せばいいんだろう?

ビジネスマンの身だしなみスーツ。お洒落は足元から、というのは基本ですが、靴がピカピカでもスーツがよれよれですと第一印象は良くないですよね。

必然的にクリーニングに出す機会も増えるわけですが、そうなると気になるのがコスパ。

この記事では、スーツのクリーニング料金相場やかかる日数、頻度や注意点についてお話ししていきます。

はじめに

この記事では、

ジャケットとスラックスをセットにしたスーツ上下

の料金やオススメについてお話しています。

ジャケット・スラックス、別々にクリーニングに出す場合は、別途記事を用意していますので、そちらをご参照ください。

スーツをクリーニング!37社の料金比較で相場を知ろう

まずは気になる料金相場について見ていきましょう。料金のソースは各業者の公式ページです。

「チェーン」列に〇が入っているのはチェーン店、「パック」列に〇が入っているのはパックタイプの業者です。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

※料金は税抜きです。またパックタイプは1点あたりの料金が最安となるコースの料金を記載しています。

スーツ上下の料金比較表

クリーニング業者3種類の平均価格は、

ここがポイント
  • チェーン店:1,129円
  • 宅配(個別):3,107円
  • 宅配(パック):1,919円

全37社の平均価格は、1,973円。だいたい2,000円くらいが相場といえそうですね、といいたいところですが。

スーツは、ジャケットはクリーニング料金としては中くらいなのですが、スラックスが安いんですね。そのため、パックタイプにはやや不利な結果になっています。

実際の相場とややかけ離れた感がありますので、パックタイプと超高級クリーニングの「キレイナ」「ワードローブトリートメント」を除いてみます。

18社の平均価格は、

1,397円

だいたい1,400円くらいが実相場と言えそうですね。

代表的なクリーニング業者のスーツ仕上がり日数を比較!

次に、仕上がり日数について見ていきます。ここでは、代表的な7業者について見ていきますね。

日数についてさらに詳細に知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

業者名 日数
白洋舎 即日
ホワイト急便 即日
リネット 2日
せんたく便 5営業日
リナビス 5営業日
ネクシー 6日
ピュアクリーニング
プレミアム
7営業日

やはり最速は店舗型ですね。即日仕上げ可能なのはクリーニング店の強味です。

ですが、即日対応をうたっているチェーン店でも地域によっては即日対応していないお店もあります。まずは公式からお近くのお店を確認されてみてはいかがでしょう。

また、即日可能なお店が見つかった場合でも普通にクリーニングに出すと即日にはなりません。

おさえておきたいポイントとしては、

ここに注意
  • お店指定の時間(多くは朝10:00くらいまで、少なくとも午前中)にクリーニングに出すこと
  • 事前に「即日クリーニングである」ことを伝えること
  • お店によっては追加料金がかかってしまうこと
  • 汗抜き加工(ウェットクリーニング)や撥水加工などオプションはつけられないこと
  • 繁忙期(4~5月)には対応できない可能性があること

チェーン店を含めた路面店の強みは「即日仕上げ」に対応していることなのですが、個人的に即日はあまりおすすめできません

よほど急ぎでない限りは即日仕上げクリーニングしないほうが良いってホント?

即日よくない

ホントです。どんな衣類でも即日仕上げクリーニングをすることで生地の傷むスピードが速くなります

つまり、スーツの寿命が縮みます

スーツの場合、わかりやすい例を挙げると、シワが取れにくくなったりテカりやすくなります。強引な乾燥や急ぎのアイロン仕上げにより、繊維が縮んだり余分な摩擦を受けたりしてしまうためですね。

そのため「翌日、大事な会議や面接があるからどうしても!」という時以外は避けるのが無難です。大切なスーツであればあるだけ即日は避けたほうが良いでしょう。

とはいえ、独身の方や単身赴任の方、結婚されていても共働きの場合、週末以外クリーニングする時間がありません。

スーツは普通にクリーニングに出すと1~2日かかります。1日のお店が近くにあればよいのですが、多くの店が2日、ないし日曜が休みだったりします。そうなると土曜の朝に出して夕方受け取る即日クリーニングを利用するしかないわけでして。

そういった状況を打開するのに便利なのが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングのリネットなら週末クリーニングが可能

リネット

利便性の高さで人気の宅配クリーニング「リネット」。有料会員限定になりますが、リネット最短2日でクリーニング可能です。

つまり、金曜の朝などに集荷依頼をして自宅からクリーニングに出し、日曜夜に受け取ることが可能なんですね。

また~24時まで1時間単位での受け取りも可能です。そのため、予定があっても日曜の深夜に受け取ることができちゃいます。

受取は、朝の6時~の指定もできますので、月曜の朝に受け取りでもOKです。マンションの集配BOXに入れてもらうこともできますので、土日をクリーニングを気にすることなくフルに使うことができます。

初心者

でも、金曜とか朝から仕事だから集荷待ってる時間ないんだけど

一部地域限定(東京23区、神奈川、千葉の一部)にはなりますが、朝イチ便といって6:00~8:00の間、1時間単位で集荷時間を指定できるサービスもあります。

そのため、少し早起きする必要はありますが仕事に出かける前に自宅からクリーニングに出すことが可能です。

そしてコンビニや宅配ボックスから出すことが可能です。こちらは最短5日~となってしまうので週末クリーニングはできないのですが、平日の仕事の出がけに出せるのは大きな強み。

チェーン店に出してしまうと、どうしても引き取りに行く手間や予定が入れられないなどの時間拘束がわずらわしいですからね…。

リネットならそういった手間から解放され、自宅にいながら、あるいは週末のプチ旅行を楽しみながら。また、クリーニング店の人待ちナシで。そのうえで高品質なクリーニングサービスを受けることができます。

キャンペーンの内容は時期により異なりますが、初回の方限定で、

リネットのキャンペーン
  • 20%OFF
  • 送料無料
  • プレミアム会員1ヶ月無料

などなど。

初めてですと使ってみないとわからないと思いますので、キャンペーンが行われているようでしたら使い心地を試してみるべく、一回利用されてみると良いかもしれませんね。

当然ですが、プレミアム会員(有料会員)はいつでも解約可能です。ので、初回利用してみて合わないなと思ったら、解約してしまえば会費はかかりません。

スーツをクリーニングに出す頻度って?そもそもクリーニングに出すべき?

クリーニング頻度

多くの洋服がそうであるように、クリーニングに出すと洋服は傷みます

お店や即日かどうかによって傷むスピードに差はありますが、クリーニングとはそういうものです。復元ではなく洗浄なんですね。

そのため、クリーニングに出す回数はおさえられるだけおさえたほうが洋服は傷みにくくなります。複数スーツをお持ちでしたら、1シーズンに1回で大丈夫でしょう。

ここでいうシーズンとは、

  • 冬物(10月~5月)
  • 夏物(6月~9月)

だいたい衣替えの時期ですね。冬物スーツならコートなどと一緒にクリーニング保管サービスに出すことで、保管コストをぐっと下げることが可能です。

シミなどがついてしまったら仕方ないですから、その場合はシーズン終わりでなくてもクリーニングに出しましょう。

ちなみに夏物は冬物に比べるとクリーニング回数が多いです。何着ローテーションしているかによりますね。2着ですと、シーズンに2回くらいはクリーニングに出したいところ。どうしても汗を吸ってしまいますから。

汗の臭いが気になり始めたらウェット加工を

汗の臭い

ちなみに、汗の臭いが気になり始めたらウェット加工(水洗い加工・汗抜き加工など)をつけることをオススメします。

スーツはウールがメイン素材のため、普通にクリーニングに出すとドライクリーニングというクリーニング方法でクリーニングされます。

ドライクリーニングは油溶性の汚れには強いのですが、水溶性の汚れは落としきれません。水溶性の汚れ、すなわち「」ですね。

「汗」を落とすためには、ドライクリーニングとは別に水洗いをしてあげる必要があり。それがウェット加工なんです。

ウェット加工をつけないで汗の臭いが気になるたびにクリーニングに出していると、あっという間に生地は傷みますし、なにより汗も取れません。

注意点としては、ウェット加工をつけるとクリーニング日数が大幅に伸びます

先ほどご紹介したリネットですと、最短2日⇒5日に。

日数が伸びるのは残念ですが、それくらい手間のかかる洗い方ということなんですね。その分、効果は絶大。当分は汗の臭いとオサラバできますし、なによりスーツが軽くなったことが実感できると思います。

ちょっと気になるスーツと礼服の違いって??

スーツと礼服の違い

なんとなくはイメージできると思います。ですが、スーツと思って出したら礼服扱いだった、礼服だとクリーニングできないと言われた、なんていうケースも。

料金がどのくらい変わるかと言いますと、白洋舎を例に出しますと、

スーツ上下 1,900円
礼服上下 4,950円

と、3倍近く変わってくるんですね。

気になる定義の違いですが、リネットを例に出しますと、

黒く無地で光沢感の少ない素材でできているもの、冠婚葬祭を礼服として分類し、それ以外のものを一般衣類のパンツ、スカート、ジャケットととして扱います。

となっています。当たり前ですが、黒無地でないスーツは気にする必要がなさそうですね。

リネットは以前は礼服とスーツのクリーニング料金を分けており、礼服になると倍近く料金が変わっていました。が、現在はスーツも礼服も同じ料金になっています。

どちらかわからない、もしくは礼服をクリーニングに出したい!でしたら、リネットにお願いするのが良いかもしれませんね。

ともあれ、定義は業者によって異なりますので不安なようでしたら各業者の公式ホームページを確認されるか、電話やメールで問い合わせるのが確実かと思います。

礼服の詳細は、以下の記事をご参照ください。

高級スーツのクリーニングについて

これまでは日常的に使うスーツについてお話ししてきました。ここからは、いわゆる「高級スーツ」のクリーニングについてお話ししていきます。

なぜ高級スーツのみを分けたのかと言いますと、日常的なスーツとはクリーニング業者もクリーニング業者を選ぶポイントも変わってくるからですね。

そもそも高級スーツって?

高級スーツは大きく分けると2つに分類されます。

  1. ハイブランドのスーツ
  2. 高級生地が使用されているスーツ

1.ハイブランドのスーツ

以下に代表されるようなハイブランドで仕立てられたスーツ。

高級スーツブランド例
  • THOM BROWNE(トムブラウン)
  • YVES SAINT LAURENT(イヴサンローラン)
  • BURBERRY PRORSUM(バーバリープローサム)
  • Ermenegildo Zegna(ゼニア)
  • TOM FORD(トムフォード)
  • GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)
  • dunhill(ダンヒル)
  • HUGO BOSS(ヒューゴボス)
  • Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)
  • Dior Homme(ディオールオム)
  • Ralph Lauren(ラルフローレン)
  • KITON(キートン)
  • Brioni(ブリオーニ)
  • Gucci(グッチ)
  • DOLCE& GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ)

ただし、ここで注意点が1点ありまして。

ハイブランドのスーツだからといって、必ずしも高級スーツではないということ。

ハイブランドのスーツはデザインがスタイリッシュで人気ですが、高級生地を使用せず、求めやすい価格で販売されているスーツも多くあります。

そのため高級スーツかどうかは、どちらかというと後述する生地のほうが大事になります。

2.高級生地が使用されているスーツ

代表的な高級生地ブランドは、

高級生地ブランド例
  • Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)
  • Loro Piana(ロロ・ピアーナ)
  • CANONICO(カノニコ)
  • REDA(レダ)
  • Tollengo(トレーニョ)
  • DORAGO(ドラゴ)
  • SCABAL(スキャバル)
  • HOLLAND & SHERRY(ホーランド&シェリー)

ハイブランドでなくても無名な近所の仕立て屋さんや、安価なスーツを扱っている業者、たとえば「スーツカンパニー」でも、オーダーメイドで上記のような高級生地ブランドを指定することが可能です。

高級クリーニングの利用可否は、どちらかというと高級生地が使われているかどうかで考えたいですね。

豆知識~高級生地に使用されるSuper’Sって?

Super’Sは、ウールのみに使用される品質ランクです。ウールの原毛が細くて長いほど品質が高いとされています。

生地のブランドタグを見ると「Super 120’S」のような表記がされているものがありますが、それがSuper表記ですね。数値が高ければ高いほど品質も高いとされています。

先に記載した高級生地ブランドでなくても、Superが100以上であれば、おおむね高級生地であると言えそうです。

注意点としては、あくまで原毛の品質であることと、ウール以外の繊維が混紡されていてもSuper表記は変わらないこと。

少なくとも洗濯表示で「ウール100」であることは確認しておきたいですね。

高級スーツの定義まとめ

高級クリーニング利用可否のひとつの目安となる「高級スーツかどうか」は、ブランドよりも生地に注目したほうが良いことについてお話ししました。

いまいちピンとこないようでしたら、

おおまかな目安
  • ハイブランドなら20万円以上のスーツ
  • ノンブランドなら10万円以上のスーツ
  • 上記に当てはまらなくても思い入れの深いスーツ

このあたりを高級クリーニングに出すひとつの目安にされるとよろしいかと思います。

高級スーツを出すクリーニング店の選び方

高級スーツを出すにあたってクリーニング店の選び方のポイントをお話ししていきます。

ポイントは以下の5点。

  1. 技術力
  2. 検品
  3. 溶剤管理
  4. 乾燥方法
  5. 保証

技術力が高くドライクリーニングと水洗いを高いレベルで実施できること。

検品がしっかりとしており、高級スーツであることをしっかりと認識できること。事前にほつれや毛玉など傷みの箇所を確認していること。

綺麗が溶剤を使用し、ドライクリーニングの際にしっかりと汚れを落とせること。

乾燥機でブン回すのではなく、静止乾燥・自然乾燥といった生地に負担がかからない乾燥方法を採用していること。

万が一のときに再仕上、もしくは全額返金保証など保証がしっかりとしていること。

今はネットに情報が多く出回っているため、たいていのことは調べることができます。ですが、近所のお店って情報が少ないんですよね。

そのため、おすすめなのは宅配クリーニングです。

宅配クリーニングなら情報は多く出ているのですが、真偽のほどが定かでない情報が多いのも事実。

そのため公式をチェックしていくのが確実なのですが、宅配クリーニング業者も数多くあり、一つ一つ見ていくのは大変だと思います。

当サイトでは、公式サイトの情報をもとに独自の品質スコアを設けています。

当然、先にお話ししたポイントは全て網羅しています。では、品質スコアをもとにおすすめの業者を紹介していきますね。

高級スーツをクリーニング!おすすめ3社を厳選

品質スコアのTOP3とスーツ上下の料金をご紹介します。

業者 合計 パック 価格
ワードローブトリートメント 20 9,240円
キレイナ 17 6,000円
リナビス 15 1,590円

ご紹介した3社のうち「リナビス」だけはちょっと特殊でして。「ビジネスコース」というスーツ専用のコースが用意されており、スーツ上下3点で4,770円です。

後述しますが、複数のスーツをまとめてクリーニングに出すならリナビスがおすすめ。オプションでワイシャツやベストを追加することが可能で、ワイシャツなら1点あたり+145円という破格の価格で高級クリーニングに出すことが可能です。

では、おすすめ順に各宅配クリーニング業者の詳細をお話ししていきますね。

高級クリーニングと言えばココ!ワードローブトリートメント

ワードローブトリートメント

ここがポイント
  • 他の衣類と一緒に洗わない一客洗い
  • カルテを使用し顧客の望む姿に
  • アパレル業者との業務提携多数
  • テレビを始めメディア掲載実績多数
  • 動画により全行程が見られる安心感
種類 料金
ジャケット 4,900円
スラックス 3,500円
スーツ上下 8,400円
送料 無料

検品時に採寸、カルテを作成します。この時点で電話がかり、傷んでいるならどのようにしたいのか仕上げは?といったことについてコミュニケーションを取るのが最大の特徴です。

その後、独自に開発した溶剤で一客ごと、必要に応じて一点ごとに洗い。乾燥は静止乾燥メインのため生地へのダメージは最小限に。

シミ抜き・復元については特にウール・シルクの黄変に強く、シミ抜き後の色補正までを行ってくれます。プリーツスカートのプリーツ復元にも対応していることから、技術力の高さがうかがえます。

仕上げはアパレル専用のプレス機メーカーと共同開発したプレス機によってプレスマイスターによる復元プレス。

本当に大切なスーツをクリーニングしたいならイチオシの業者です。

女性視点での繊細なクリーニング!キレイナ

キレイナ

ここがポイント
  • 他の衣類と一緒に洗わない一客洗い
  • カルテを使用し顧客の望む姿に
  • 女性社員が多く、女性視点での繊細なクリーニング
種類 料金
ジャケット 4,000円
スラックス 2,000円
スーツ上下 6,000円
送料 12,000円以上で無料

1着ごとにカルテを作成し、個別に洗っていく点は「ワードローブトリートメント」と同様です。

キレイナは水洗いを得意とした業者。これまでドライクリーニングしかしてこなかったようでしたら、特にキレイナがおすすめ。

女性社員が多く、ダンス衣装など複雑な衣装をクリーニングしてきた経験が豊富なため、女性視点での細やかなクリーニングをお願いしたい方にも。

注意点としては、スーツ上下のみですと送料が発生すること(1,800円~)。

7,000円以上で片道送料無料、12,000円以上で往復送料が無料になりますので、できればクリーニング待ちの衣類もまとめてクリーニングして送料無料のラインでクリーニングに出したいですね。

コスパが高いクリーニングといえばココ!リナビス

リナビス

ここがポイント
  • 宅配クリーニング老舗の安心感
  • テレビを始め多数のメディア実績がある安心感
  • 創業時から変わらないおせっかいサービス
コース 1点あたり価格 合計金額
ビジネスコース 1,590円 4,770円
ワイシャツ(オプション) +145円
ブラウス(オプション) +660円
ネクタイ(オプション) +660円
ベスト(オプション) +660円
送料 無料

ビジネスコースができたことによりスーツのクリーニングでも利用しやすくなったリナビス。

これまで紹介した2社と比較するとクリーニング料金が安いため不安になりそうですが、リナビスはもともと高級志向のクリーニング。

溶剤管理は徹底しており、検品・仕上げはもちろん職人の手で。乾燥は自然乾燥メインのため衣類へのダメージは最小限に。

再仕上無料サービスもついている安心感。汗抜き加工(水洗い)も無料でついてくるためお得にクリーニングできます。

ネックになるのは、やはり3点でないと出せないこと。

ご家族や友人と一緒にクリーニングするか、12か月保管無料である点を活かしシーズンオフ時のメンテナンスにまとめて出すのがよろしいかと思います。