スラックスクリーニング

春夏秋冬オールシーズンで大活躍なスラックス。ジャケットは夏場着ない方が多いですが、スラックスは履き続けますよね。

クールビズな職場でしたら夏場はチノパンなどに履き替えるかもしれませんが、多くの職場ではスラックスにワイシャツでしょう。

家で洗濯しても良いのですが、当て布をしないとテカってしまったり色々と面倒なのがスラックス。

クリーニングに出したいところですが、ローテーションにも限りがありますし、なるべく早く仕上げてくれるところはないかしら?とお探しでしょう。

では、スラックスを最速でクリーニングできるのはどこなのでしょう?

宅配クリーニングのスラックス仕上がり日数を比較!

仕上がり日数のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「仕上がり日数」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

業者名日数詳細
せんたく便5営業日詳細
リナビス5営業日詳細
ネクシー6日詳細
ホワイト急便即日詳細
リネット1日詳細
ピュアクリーニング7営業日詳細
白洋舎即日詳細

やはりスピードは店舗が優秀です。ホワイト急便・白洋舎ともに即日対応しています。

宅配クリーニングではダントツなのはリネットです。1日という驚きの速さです。さすが宅配クリーニング業界を引っ張っている業者だけのことはありますね。

とはいえ、「早いのは便利だけど、とんでもなく高いんじゃないかしら?」と心配されるお気持ちもわかります。そこで、値段についても比較しておきます。よろしければ参考にしてみてください。

宅配クリーニングのスラックス料金を比較!

先ほど日数の比較をした7社で比較しますね。値段が安い順に並べています。

  • ホワイト急便320円
  • リネット(初回)330円
  • ネクシー(ビジネス)560円
  • リネット660円
  • ネクシー660円
  • 白洋舎(ドライ)670円
  • せんたく便(10パック)698円
  • リナビス(20点)940円
  • せんたく便(5パック)996円
  • リナビス(10点)1,080円
  • ピュアクリーニングプレミアム(オゾン)1,000円
  • 白洋舎(ローヤル)1,350円
  • ピュアクリーニングプレミアム(シリコン)1,200円
  • リナビス(5点)1,560円
  • ピュアクリーニングプレミアム(メンテナンス)2,000円

値段についてはホワイト急便が最安ですね。リネットは初回利用ですとホワイト急便と並びます。リネット初回利用の特典は

  • 全品50%OFF
  • 送料無料
  • 1ヶ月間プレミアム会員無料

「50%OFF」は期間限定であることが多いです。迷われるようでしたら「50%OFF」開催中の今のうちに。

リネット詳細ページへ

スラックスなら急ぎでないときにつけておきたいオプション!

スラックスにつけておきたいオプションは、

  • ウェット加工(汗抜き加工)
  • 折り目加工

とかく汗をかきがちな下半身。直接肌に触れていますから、汗もガンガン染み込みます。放っておくと黄ばみやカビの原因にもなりますし、定期的にメンテナンスしてあげたいですよね。

ウェット加工を行うことで、汗などの水溶性の汚れをキレイに落としてくれます。すっきり軽いスラックス。想像しただけで気持ち良くなりませんか?

ただ、毎回ウェット加工をするのはオススメできません。どうしても傷む速度が速くなってしまうからですね。

細心の注意を払って洗っているとはいえ、どうしても生地は傷んでしまいます。そのため、1シーズン1回など定期的に利用されると良いと思います。

次に折り目加工ですね。

長く履いているとどうしても最初の頃のようなパリッとした折り目はなくなっていきます。

特に梅雨時などの湿気の多い時期は折り目が消えがちなんですね。

折り目加工をあらかじめかけておくことで、雨に濡れても大丈夫!な折り目に仕上がります。こちらは春先などにウェット加工と一緒につけておきたいオプションです。

このように優秀なオプションですが、仕上がりまでに5~7日かかってしまいます。

そのため、急ぎの場合には向かないんですね。1シーズンに1度ほど、時間に余裕があるときを見つけて利用されると良いかと思います。