スキーウェア料金

冬場大活躍のスキーウェア。

でも、気が付くとアチコチに汚れが…。せっかく楽しみたいのにこれではやる気が半減してしまいますよね。

とはいえ決して安くはない買い物。そうそう買い替えるなんてできません。家で洗おうにも撥水加工がされていますから下手に洗えないですし何より面倒。

そこでクリーニングの出番です。一体どのくらい料金がかかるのでしょう?そして最安値は?

料金比較の前に…

料金比較の前に

早速料金比較といきたいところなのですが、少々お待ちください(笑)。スキーウェアは種類が多いので、まずはそれについてお話しますね。

スキーウェアやスノボウェアは上下に分かれているタイプとつなぎのタイプがあります。また、上下でクリーニング料金は異なっており、つなぎタイプも料金が異なります。

そのため、それぞれについて料金を比較していきます。また、汚れがちなスキー手袋についても料金を記載しますね。

つける方が多いオプション「撥水加工」についても料金を記載しています。

ちなみに、スキーウェアとスノボウェアはクリーニング店では同じものとして扱われることが多いです。

ただ、中綿がある場合(スキーウェアに多い)、クリーニング料金が上がる業者もありますのでご注意ください。有名どころですと白洋舎がそうですね。

また、スキー・スノボウェアによく使われている素材「ゴアテックス」は、上質素材ではありませんので追加料金はかかりません。

料金の比較は、「個別タイプ」と「パックタイプ」を一緒に比較しています。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

最後に、白洋舎やホワイト急便などチェーン店の多くはスキーウェアの料金が記載されていません。そのため、お店に電話して確認しています。

気をつけないといけないのは「チェーン店はお店によって料金が異なること」。

ですので、ここに記載の金額はあくまでご参考までに。

チェーン店や近くのお店をご利用される際は、まず電話して確認されるのが確実かと思います。

【2021年版】スキー・スノボウェアのクリーニング料金を25社で比較!相場を知ろう!

お待たせしました。では、価格比較にまいりましょう!2021年9月5日時点の料金を記載しています。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

※料金は税込です。またパックタイプは1点あたりの料金が最安となるコースの料金を記載しています。

上下個別タイプ

スキー上下

スキーウェア上だけ、下だけ、そして上下合計のクリーニング料金をそれぞれ記載しますね。

上下個別の料金表
クリーニング業者
フランス屋695円695円
フラット
クリーニング
867円867円
洗宅倉庫879円879円
クリーニング東京968円968円
せんたく便988円988円
およりて宅配クリーニング990円990円
カジタク990円990円
ホワイト急便1,000円900円
リナビス1,089円1,089円
クリラボ1,199円1,199円
クリーニング
ピュア
1,200円1,200円
プロケア1,245円1,245円
リコーベ1,247円1,247円
マイスター
せんたく便
1,318円1,318円
ポニー
クリーニング
1,320円1,100円
家事の達人1,414円1,414円
ノムラ
クリーニング
1,450円1,450円
ニック1,500円1,500円
スワロー
クリーニング
1,595円1,375円
プラスキューブ1,694円1,694円
ランドリー
バスケット
1,760円1,760円
白洋舎1,760円1,573円
リアクア2,200円1,870円
ネクシー2,640円1,980円
リネット3,267円2,156円

表を見ますと、

上位はパックタイプが独占

スキーウェアはクリーニング料金としては中の上くらいです。そのため、洋服1点あたりの値段が固定されているパックタイプが強いんですね。

25社の平均価格は、

スキーウェア上:1,411円

スキーウェア下:1,298円

スキーウェア上下:2,709円

クリーニングされる際の一つの目安にしてみてください。

つなぎタイプ

つなぎ

つなぎは、クリーニングとしては大物。ほぼダウンと同じ価格帯になります。

そのため、やはりというか

上位はパックタイプが独占

スキー・スノボウェアの中でも、つなぎタイプをクリーニングに出すのならパックタイプを視野に入れておきたいところです。

25社の平均は、

スキーウェアつなぎ:1,739円

スキー手袋

手袋

スキー手袋のクリーニング料金は、やや安めです。

そのため、パックタイプより個別タイプのほうが安い業者がチラホラと。

スキー手袋をクリーニングに出す際の注意点は、

店頭価格が片手の料金のお店があること

ご紹介した中では、リアクアがそうですね。上表には2倍した両手の価格を載せています。

片手だけシミがついちゃった!といったことでもない限り、基本的には両手セットでクリーニングされると思います。

そのため、クリーニングされる前に電話などで料金を確認しておくと確実です。

25社の平均は、

スキー手袋:1,255円

撥水加工

オプション

スキー・スノボウェアにつけておきたいオプションといえば…

誰に聞いても同じ答えが返ってきそうですが、

撥水加工

ですよね。雪がウェアの中にしみこんでくるあの感覚…。できればさけたいですよね。

そこで、撥水加工にいくらくらいかかるのか?また、ウェア上下につけるとどのくらいになるのか?料金を比較します。

オプションがつけられない業者や、要見積となる業者がありますので、20業者で料金比較します。

撥水加工料金とウェア上下にオプションをつけた場合の合計金額比較
クリーニング業者撥水加工合計
フランス屋+267円1,798円
およりて宅配クリーニング+0円1,980円
ホワイト急便上+400円
下+200円
2,500円
せんたく便+330円2,636円
クリーニング東京440円2,816円
フラット
クリーニング
+550円2,834円
洗宅倉庫+550円2,858円
マイスター
せんたく便
+330円3,296円
クリラボ+462円3,322円
クリーニング
ピュア
+550円3,500円
ポニー
クリーニング
+550円3,520円
プロケア+550円3,590円
リコーベ+550円3,594円
ノムラ
クリーニング
+550円4,000円
スワロー
クリーニング
+550円4,070円
リナビス+1,078円4,334円
プラスキューブ+550円4,488円
白洋舎50%アップ5,000円
リアクア+550円5,170円
ランドリー
バスケット
+1,100円5,720円
リネット+440円6,303円

撥水加工をつける際の注意点としましては、

パック単位でなければ撥水加工をつけられない業者が多い

5点パックを購入したとしますと、5点すべてに撥水加工をつけないといけないんですね。

1点だけ撥水加工をつけたい!といった利用の仕方ができる業者は少ないです。

ご紹介した中では「リナビス」「クリラボ」「ランドリーバスケット」が1点単位で撥水加工の指定ができます。

パック単位で撥水加工をつけるならコートやジャケットといった、汚れや汁ハネ、雨などを弾いてくれるとうれしいアウターやトップスを一緒にクリーニングに出し、撥水加工の料金が無駄にならないようにしたいところです。

20社の平均は、

撥水加工:+582円

ウェア上下+撥水加工:3,682円

撥水加工…つけたいところですが、高いですね。。。

スキー・スノボウェアでかかる可能性のある追加料金

料金比較ではありませんが、料金にまつわる豆知識として追加料金について。

最初にお話ししたとおり、スキー・スノボウェアで追加料金がかかる可能性はとても低いです。

唯一かかりそうなのが

フェイクファーフード

管理人が知る限りでは、BURTON(バートン)のスノボウェアに多いですね。

取り外しが可能ですので、取り外してクリーニングに出すことで追加料金を避けることは可能です。

気になる料金ですが、リネットを例に挙げますと、

+1,100円

フェイクファーフードついてるとすごく可愛いんですけどね。クリーニング料金はかわいくないということを覚えておいて頂ければ。

スキー・スノーボードウェアをクリーニング!料金面でのオススメは?

おすすめはフランス屋です。

フランス屋

料金表を見てきていただいたとおり、当記事で比較している業者の中では、ほぼすべてのアイテムで最安です。

撥水加工がパック単位でなければつけられないのが難点ですが、撥水加工の料金も安い(+267円/点)ため、ついでに他の衣類にもつけようかな?という気になりますよね。

安いというと気になるのは質ですが、フランス屋は関西を中心に230店舗以上を展開しているチェーン店。創業49年と十分に老舗といえるクリーニング店が母体です。

この価格で、宅配クリーニングに必須といえる

  • シミ抜き無料
  • 上質素材(カシミヤなど)にも対応
  • 再仕上無料

を標準装備。十分なコスパといえるでしょう。

注文する際の注意点といいますか紛らわしい点としましては「オプションを付加するのではなく内包された商品に分かれていること」。

たとえば10点コースの撥水加工ですと、10点パック注文時にオプションを指定して撥水加工をつけるのではなく「UV撥水加工付き10点パック」という商品を注文します。

オプションごとに商品が分かれていますので最初はとまどうかもしれませんが、慌てずゆっくり目当ての商品を探されるとよろしいかと思います。

まとめ

まとめ

スキー・スノボウェアのクリーニングについて、料金面から主要業者の比較を行いました。

スキー・スノボウェアはややクリーニング代が高めですので、パックタイプをうまく利用することでお得にクリーニングすることができます。

平均価格からだいたいの相場感もつかめたと思いますので、今後大きく失敗することもないかと思います。

クリーニングにかかる日数や、クリーニングする際の注意点・自宅での洗濯などなど他にも知っておくと便利なことはありますので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。