シルクワンピースクリーニング

お気に入りのシルクのワンピース。

初心者

長く愛用したいから汗をかいたら洗いたいけれど洗濯できないし。かといってそのままにしておくと汗ジミとかつきそう。クリーニングに出そうかな、でもいくらくらいかかるのかしら?

というわけで、シルクワンピースのクリーニング料金を主要なクリーニング業者で比較してみました。

はじめに~上質素材の扱いについて

上質素材の扱い

シルクはクリーニング店において上質素材の扱いになります。つまり追加料金が発生します

一部追加料金が発生しない業者もありますが、その点については後述します。

上質素材の代表例としては、

ここがポイント
  • シルク
  • カシミヤ
  • モヘヤ
  • 合皮

などなど。おもに動物繊維が上質素材ですね。ここで気になるのが「上質素材何%入っていると追加料金が発生するの?」ですが、コレはクリーニング業者によって異なります。

チェーン店の多くは1%~、宅配クリーニングでは30%~というところが多いですね。このあたりのつっこんだ話は以下の記事を参考にしてみてください。

カシミヤのコートの記事ですが「どれくらい含まれていると」「どのくらいの追加料金が発生するか」を詳細に記載しています。

上質素材についてはワンピースやコートだけでなく、シルクが使われていることが多い衣類、

ここがポイント
  • シャツ
  • ブラウス
  • ニット
  • スーツ
  • ネクタイ

どれも共通です。

初心者

シルクのブラウスをクリーニングに出したいんだけどいくらくらいかかるのかしら?

といった場合も、先にご紹介した記事を見て頂ければ追加料金は把握できるでしょう。その後、洋服別の記事を見て頂ければざっくりとした相場はわかるかと思います。

補足ですが、ネクタイとスカーフのみシルク製品がほとんどのため、追加料金が発生しない業者が多いです。これらをクリーニングされる際は以下の記事をご参照ください。

最後に、シルクというと動物繊維の中でももっとも繊細な素材の一つ。安心してクリーニングに出すためには品質も大事です。

当サイトではクリーニング業者の品質を独自に数値化しています。不安な方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

シルクワンピースをクリーニング!9社比較で相場を知ろう!

シルクワンピースクリーニング料金

安い順に並べていきます。値段はピュアクリーニングプレミアム以外は税抜の価格です。料金のソースは各業者の公式ページです。

業者名値段
せんたく便798円
リナビス990円
ネクシー1,150円
プラスキューブ1,300円
リネット1,430円
ホワイト急便1,480円
白洋舎2,100円
ピュアクリーニング
プレミアム
2,200円
キレイナ5,000円

ワンピースはクリーニング料金としては高くもなく安くもなく、中くらいの料金です。ですが、シルクは上質素材のためクリーニング料金が上乗せされます

そのため、シルクワンピースは中の上くらいのクリーニング料金になります。全9社のクリーニング料金の平均は、1,820円

この中から超高級クリーニングである「キレイナ」を除いた8社の平均は、

1,423円

だいたいこのくらいが相場と言えそうですね。

クリーニング料金が中以上になると、パックタイプが有利になってきます。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

シルクワンピースをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した9業者の中でのオススメは、ネクシーです。

ここがポイント
  • 個別タイプならほぼ最安値
  • 上質素材や装飾品で追加料金がかからない
  • 中の人のドタバタが見える安心感

料金は「せんたく便」「リナビス」に次いで3位。ただ「せんたく便」「リナビス」ともにパックタイプのため、洋服3点以上~でないと利用しづらいのが難点なんですね。

その点「ネクシー」は個別タイプのため、1点からでもOK。

そして「ネクシー」の最大の特徴は、素材や装飾品で追加料金がかからないこと。

ワンピースですと、ビーズやレース・フリルといった装飾品が使われていることも多いのですが、普通にクリーニング店に出してしまうと思わぬ追加料金が発生することも。

「ネクシー」なら、そんな心配をすることなくクリーニングに出すことができます。

また、「ネクシー」というとセンタク博士が有名ですが、この方のブログを見ていると中のドタバタが見れてなんだか安心します(笑)。たとえばこんな記事。

宅配クリーニングなのに、まるで目の前で洗ってくれているかのような親近感が持てます。

いろいろと融通が利くのもこの業者の特徴。シミや縮み、仕上げ方法などなど、気になることがあればまずは問い合わせ。それでいてリーズナブルなのが「ネクシー」。

ネックは日数。6日~かかってしまいますので、日数に余裕をもって注文しましょう。大切なワンピースをクリーニングするならオススメです。

仕上がりまでの日数が気になる方は以下の記事をご参照ください。

シルクワンピースをクリーニングに出す際の注意点

注意点

注意しておきたいのは2点です。

ワンピースクリーニング時の注意点
  1. ドレス扱いになるかも?
  2. 洗濯表示は大丈夫?

それぞれ少し詳しく見ていきますね。

パーティドレス扱いになるとクリーニング料金が跳ね上がる可能性が!

注意点

まず、気にしておきたいのは別の衣類として扱われるかどうか、ですね。

候補としては、

ワンピースと間違える可能性のある衣類
  • 礼服ワンピース
  • パーティドレス

この2種類です。特にパーティドレスですね。ワンピースと思ってクリーニングに出したらパーティドレス扱いになり高額なクリーニング料金を請求された!という事例が実際にあります。

それぞれの違いについてリネットの公式より抜粋しますと、

ワンピースと礼服ワンピースの違いは?
黒く無地で光沢感の少ない素材でできているものを礼服として分類いたします。

ワンピースとパーティードレスの違いは?
デザインがパーティー用であると判断できる場合は、原則パーティードレスとなります。
特に、次の3つ以上が当てはまる物が対象となります。
上質素材、装飾品付き、フリル、プリーツ、レース付き。
また、工程に耐えられないデリケートな造りの場合は、ご返却となる可能性があります。

料金がどのくらい違うかと言いますと、

ワンピース類似衣類の料金の違い
  • ワンピース:1,230円
  • 礼服ワンピース:1,230円
  • パーティドレス:3,600円

ワンピースとパーティドレスだと、3倍くらいクリーニング料金が変わってきちゃうんですね。

リネットを利用される場合は上記例を参考にしていただくとして、それ以外の業者を利用される場合は事前に確認することをオススメします。

後になって高額な料金を請求された!なんてことになると泣いちゃいますよね…。

どうしても悩まれるようでしたら、パックタイプのリナビスの利用をオススメします。パックタイプなら洋服で値段が変わることはありません。

以下の記事も参考にしてみてくださいね。

洗濯表示がすべてxだと取り扱いできるクリーニング業者が限られてくる

洗濯表示

シルクワンピースでよくあるのは、水洗い不可。

水洗い不可ですと家庭での洗濯は難しいですが、ドライクリーニングできますので一般的なクリーニング業者でもイケちゃいます。ですが、ドライクリーニングもxだとNGな業者が多い

いわゆる洗濯表示がすべてxの洋服、ですね。シルク100%のワンピースに多いです。

このワンピースをクリーニングできるのは、ご紹介した業者の中ですと、

定期的なメンテナンスなら、コスパを考えてピュアクリーニングプレミアムがオススメです。

ですが、シミがついてしまったり、長らく着ていなかったワンピースをトップコンディションに戻したいなら、キレイナがオススメです。

キレイナは公式で事例紹介をしており、その数なんと150以上。シルクに絞った事例でも10を超えています。

気になる方は↓をチェック。

黄ばみ除去や色移りの処理、破れ補正などなど、まるで魔法のようです。

その分、お値段も張りますので本当に大事なワンピースに絞って利用されるのが良いでしょう。