敷布団宅配クリーニング
初心者

敷布団クリーニングに持っていったら断られちゃった。クリーニング難しい?ひょっとしてすごく高い?

掛け布団はOKなのに敷布団を持っていったら断られてしまう、というのは割とよくあるケースです。

この記事では、敷布団のクリーニングを受け付けてくれる業者と選び方のポイント。

料金相場や、種類・目的別におすすめの業者についてお話していきます。

ちなみにこの記事では、広義で敷布団に入りそうな以下の布団・小物についても取り扱っていきます。

この記事で取扱う布団
  • 敷布団
  • こたつ敷布団
  • ベビー敷布団
  • マットレス
  • ベッドパッド
  • 敷きパッド
  • ムアツ布団

敷布団の業者選び3つのポイント

業者選び

敷布団とはいえ、業者選びのポイントは掛け布団と変わりません。

  1. 枚数
  2. サイズ
  3. 素材

1.枚数

1枚で出したいのか、3枚など大量に出したいのかによって選ぶ業者は変わります。

クリーニング業者は大きく分けると「単品業者」「パック業者」に分かれます。

「単品業者」は1枚の価格は安めに設定されていますが、複数枚出しても1枚あたりの料金は下がりません。近所のクリーニング店もこのタイプですね。

「パック業者」は1枚目の価格は高めに設定されていますが、2枚以上になるとぐっと1枚あたりの料金が下がります。

おおむね2枚出すと「パックタイプ」のほうが1枚あたりの価格は安くなります。そのため単品で出すのか2枚以上で出すのかで切り分けると良いでしょう。

ちなみに「単品業者」で敷布団を扱っている業者は少ないです。できれば掛け布団と合わせて出すなど、2枚以上で「パックタイプ」を利用したいところです。

2.サイズ

シングルサイズなら問題ありませんが、ダブル、クイーンになると追加料金がかかる業者があります。取扱ってくれない業者も。

そのため、まずは出したい布団のサイズを確認しておきましょう。

大きすぎると、取り扱ってはいるものの集荷パックに入らないなんてこともありえますのでサイズの大きな布団を出すときは集荷バックのサイズも大事だったりします。

大きなサイズの布団を出すなら「集荷バッグの大きさが十分(できれば200サイズ以上)」「追加料金がかからない」2つの条件を満たす業者を選びたいですね。

3.素材

何も考えずクリーニングに出すことができる標準的な素材は、

  • 綿
  • 羊毛
  • ポリエステル

取扱業者が限られてきそうな素材が、

ここに注意
  • 真綿(シルク)
  • キャメル
  • ムートン
  • 樹脂(エアウィーヴ)
  • ウレタン

ウレタンの中でも低反発ウレタンは、取扱業者がかなり限られていると思います。

少なくとも当サイトで扱っている28業者で取扱可能な業者はありません。

おおむね1~5年が寿命と言われていますので、クリーニングに出すよりもベッドパッドや敷きパッドでしっかりと汚れを防止して使い切るのが良いのではないかな?と思います。

まとめ

業者選びの3つのポイントについてお話してきました。

ここがポイント
  • 敷布団は「個別タイプ」の業者が少ないため2枚以上で「パックタイプ」を利用したい
  • 大きなサイズの布団を出すなら集荷バックが大きく追加料金がかからない業者を選ぶ
  • 低反発ウレタンはほぼ取扱不可。その他の素材は取扱可能な技術力の高い業者を選ぶ

上記3点を満たす業者は、

おすすめはしももとクリーニング

  1. しももとクリーニング
    しももとクリーニング
    布団クリーニング1枚あたり:
    5,427円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚5,427円16,280円

    2点以上でぐっと1枚あたりの値段が下がる「パックタイプ」。キングサイズは取扱不可ですが、それ以外ならサイズで値段が変わりません。上述した素材の中でNGなのは低反発ウレタンのみ。真綿やムートンを取り扱える数少ない業者の一つです

    こんな人におすすめ
    • 他所で敷布団を断られた方
    • コスパの高い布団クリーニングを探している方

    詳細ページへ

宅配クリーニングの料金相場

料金相場

布団の種類ごとに比較していきます。

  1. 敷布団
  2. ベッドパッド
  3. 敷きパッド
  4. こたつ敷布団
  5. ベビー敷布団
  6. マットレス
  7. ムアツ布団

1枚あたりの金額(2枚以上まとめ出しした場合)は、

敷布団4,000円~9,000円
ベッドパッド2,500円~6,000円
敷きパッド1,500円~6,000円
こたつ敷布団4,000円~9,000円
ベビー敷布団2,500円~7,000円
マットレス7,000円
ムアツ布団5,000円~7,000円

だいたいこのくらいの範囲になります。

それではここから布団の種類ごとに1枚から3枚クリーニングに出したときの料金で表を作成します。枚数はタブで切り替えできます。

全てを載せると大きな表になりますので、各布団TOP3のみ記載しますね。さらに詳しい金額は、以下の記事を参照してみてください。

金額は消費税、送料、早期取出料(サマリーポケット)込の金額です。

敷布団

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

コープデリに加入している方にはコープがおすすめですが、そうでない方には

敷布団クリーニングおすすめはリネット

  1. リネット
    リネット
    布団クリーニング1枚あたり:
    4,070円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚4,694円14,080円
    4枚4,070円16,280円

    2点以上からぐっと1枚あたりの料金が下がり、4枚になるとおおむね最安クラスになります。取扱布団も幅広く、シーツや敷きパッドも取り扱っています。シーズンオフにまとめてキレイにしたい方におすすめ

    こんな人におすすめ
    • 3枚以上まとめて布団を出したい方

    詳細ページへ

ベッドパッド

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

リナビスの安さが光りますが、実はリナビスはオプションでしか付与できません。掛け布団や敷布団といったメインとなる布団を一緒に出す必要があるんですね。それでもおすすめなのは、

ベッドパッドのクリーニングにおすすめはリナビス

  1. リナビス
    リナビス
    布団1枚あたり:
    4,730円~(税込)
    ベッドパッド:
    3,289円(税込)
    保管(オプション):
    12ヶ月無料
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚4,730円14,190円

    ベッドパッドをクリーニングに出すタイミングとしてもっとも多いのが衣替え。リナビスなら敷きパッドやシーツといった寝具も取り扱っているためまとめてクリーニングすることができます。ベッドパッドを夏と冬で使い分けるなら保管サービス無料も光ります

    こんな人におすすめ
    • 布団入れ替え前後にまとめてクリーニングしたい方
    • お得に保管サービスを利用したい方

    詳細ページへ

敷きパッド

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

「しももとクリーニング」「リナビス」の安さが光りますが、両業者ともにオプションでしか付与できません。掛け布団や敷布団といったメインとなる布団を一緒に出す必要があるんですね。それでもおすすめなのは、

敷きパッドクリーニングおすすめはしももとクリーニング

  1. しももとクリーニング
    しももとクリーニング
    布団クリーニング1枚あたり:
    5,427円~(税込)
    敷きパッド(オプション):
    1,320円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚5,427円16,280円

    オプションとはいえ他社と一線を画すコスパの高さ。敷きパッドクリーニングならしももとクリーニングでしょう。敷きパッドは汗や皮脂がつきやすいですし夏と冬で分けている方も多いはず。衣替えのタイミングで掛け布団などと一緒にクリーニングしてしまいましょう

    こんな人におすすめ
    • コスパよく敷きパッドをクリーニングしたい方
    • シーズンごとに布団クリーニングをしている方

    詳細ページへ

こたつ敷布団

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

こたつ布団をクリーニングに出すタイミングは、おおむね春の衣替え。そのため保管サービスがついていると便利ですよね。おすすめは、

こたつ敷布団クリーニングのおすすめはリナビス

  1. リナビス
    リナビス
    布団1枚あたり:
    4,730円~(税込)
    保管(オプション):
    12ヶ月無料
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚4,730円14,190円

    まとめて出すほど1枚あたりの価格は下がりますので、掛敷布団やこたつ掛け布団もまとめて出せるとお得になります。12ヶ月保管無料のため、高温多湿になりがちな梅雨から夏にかけての危険なシーズンをスルーできるのはポイント高いですね

    こんな人におすすめ
    • 布団入れ替え前後にまとめてクリーニングしたい方
    • お得に保管サービスを利用したい方

    詳細ページへ

ベビー敷布団

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

赤ちゃんはとても汗っかき。体温調節のために大人よりも汗をかきます。

とはいえ敷きパッド、カバー、シーツでしっかりと汗をガードしておけば敷布団まで汗が染み込むことはそうそうないはず。

というわけでクリーニング頻度としてはおおむね1シーズンに1回から半年に1回くらいです。

ラクリ・リナビスのコスパが非常に高いですが、両業者ともにベビー布団はオプション扱い。つまり掛け布団や敷布団と一緒に出す必要があります。それを踏まえておすすめは、

ベビー敷布団のおすすめはしももとクリーニング

  1. しももとクリーニング
    しももとクリーニング
    布団クリーニング1枚あたり:
    5,427円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚5,427円16,280円

    全然安くないんだけど?と思われるかもしれませんね。しももとクリーニングはベビー布団でも通常布団扱い。つまり割引がありません。それでもおすすめする理由は「オーガニック布団も洗える布団や体に優しい技術」。赤ちゃんはとても敏感。布団がもとでアレルギーに…なんてこと考えたくないですよね。当サイトで扱っている業者の中で、もっとも体に優しいクリーニング業者がしももとクリーニング。また、個別洗いのためおねしょにも対応。布団レンタルサービスもありますので、レンタル布団が届き次第クリーニングに出すことが可能です。オプションが安い(敷きパッド、シーツ、枕など)のも特徴ですので、まとめて丸洗いされてはいかがでしょう。

    こんな人におすすめ
    • 赤ちゃんに優しいクリーニングを探している方

    詳細ページへ

マットレス

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

マットレスを取り扱える業者は、当サイトが扱っている中では「クリーンライフ名古屋」一社のみ。2枚パック~となっていますので、少なくともマットレス含め2枚以上でクリーニングに出したいですね。

マットレスクリーニングのおすすめはクリーンライフ名古屋

  1. クリーンライフ名古屋
    クリーンライフ名古屋
    布団クリーニング1枚あたり:
    5,830円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    布団2枚7,150円14,300円
    布団3枚6,893円20,680円
    布団4枚6,270円25,080円
    布団5枚6,116円30,580円
    布団6枚5,830円34,980円
    2枚以降は1枚あたりの料金はゆるやかに下がっていきますので、2枚で出しても十分かと思います。貸布団サービスはありませんが、7か月保管無料のため衣替えの時期にあわせてクリーニングし保管。うまく布団を入れ替えたいですね。
    こんな人におすすめ
    • マットレスをクリーニングしたい方

    詳細ページへ

ムアツ布団

  • 1枚
  • 2枚
  • 3枚

おすすめはコープなのですが、「コープデリに加入」「地域が限られている」と条件は厳しめ。実質おすすめなのは、

ムアツ布団クリーニングのおすすめはクリーンライフ名古屋

  1. クリーンライフ名古屋
    クリーンライフ名古屋
    布団クリーニング1枚あたり:
    5,830円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    布団2枚7,150円14,300円
    布団3枚6,893円20,680円
    布団4枚6,270円25,080円
    布団5枚6,116円30,580円
    布団6枚5,830円34,980円
    クリーンライフ名古屋をおすすめにした理由は「保管7か月無料」「年間4万件実績」「クリーニング工場・工程の透明性」。5工場、従業員37名で年間4万件(約110件/日)は十分凄いと思います。
    こんな人におすすめ
    • ムアツ布団を安心して任せたい方

    詳細ページへ

目的別におすすめの業者は?

おすすめの業者

布団の種類別におすすめの業者は、料金のところでお話ししたとおりです。

ここからは、目的に合わせたおすすめの業者をご紹介します。

  1. ペットを飼われている方
  2. 長期保管サービスを利用したい方

1.ペットを飼われている方

ペットを飼っていて一番困るのが粗相ですよね。

他人の布団と一緒に洗うことができないため多くの業者で取り扱ってくれません。またお客様単位の個別洗いをしていても、おしっこなどを落としきる技術がなければ対応できません。

そのため、必須になる条件は「個別洗い」「粗相を落としきる技術力」の2点です。

この2点を満たすおすすめの業者は、

ペットを飼われている方におすすめの業者はしももとクリーニング

  1. しももとクリーニング
    しももとクリーニング
    布団クリーニング1枚あたり:
    5,427円~(税込)
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚5,427円16,280円

    デフォルトで個別洗いのため追加料金は発生しません。また「洗える布団」に「ペットの毛やおしっこのついた品物」と名指しで指定しているくらい、こういった汚れに強い業者です。マットレスとムアツ布団以外にはおおむね対応しているカバー範囲の広さもうれしいですね

    こんな人におすすめ
    • ペットの粗相汚れを落としてくれるクリーニングを探している方

    詳細ページへ

2.長期保管サービスを利用したい方

ご存知のとおり、布団は収納場所をかなり取ります。衣類が目じゃないくらいスペースを使います。

圧縮袋を使うと縮めることはできるのですが、あまり圧縮しすぎると中綿が傷んでしまうことも。

そのため、今は使わない布団はクリーニング後に業者に保管してもらうのがトレンド。中でもおすすめなのは、

長期保管におすすめはリナビス

  1. リナビス
    リナビス
    布団1枚あたり:
    4,730円~(税込)
    保管(オプション):
    12ヶ月無料
    枚数1点あたり価格合計金額
    1枚9,680円9,680円
    2枚6,490円12,980円
    3枚4,730円14,190円

    保管サービスは無料で、預かり期間はなんと12ヶ月。夏布団でも冬布団でも十分な預かり期間ですね。リナビスは保管だけでなくクリーニングの質や取扱寝具の多さにも注目。毛布やシーツ・カバーなどもまとめてクリーニングし保管できますので、寝具の入れ替えがはかどります

    こんな人におすすめ
    • お得に保管サービスを利用したい方

    詳細ページへ

クリーニングの日数・頻度

日数・頻度

敷布団のクリーニング日数は他の布団とおおむね同じで、1週間~1ヶ月です。

業者によって大きく異なりますし時期によっても異なります。特に夏の繁忙期(6~10月)は大幅に伸びる可能性がありますので、計画的にクリーニングに出したいですね。

クリーニング頻度ですが、敷きパッド・ベッドパッド・敷カバー、ワンタッチシーツやラップシーツをかけるかどうか、あとは夏なのか冬なのか?といった季節によっても変動します。

布団は基本的に1年に1回は出したいところですが敷布団やマットレスまで汗や皮脂が届きづらい構造にしているなら、2~3年に1回くらいでいいかもしれませんね。

まとめ

まとめ

敷布団をクリーニングするにあたって必要な情報についてお話してきました。

ここがポイント
  • 枚数・サイズ・素材によって選ぶ業者は変わってくるが迷うならすべてを満たすしももとクリーニング」がおすすめ
  • 敷布団であっても種類によって料金も選ぶポイントも異なる。おすすめ業者も参考に
  • ペットの粗相に強いのはしももとクリーニング
  • 保管ならリナビス」がおすすめ

敷布団以外の布団については以下の記事を参考にしてみてくださいね。