シャツクリーニング

ポロシャツネルシャツオックスフォードシャツなどなど。シャツにもいろいろありますね。

共通して言えるのは汚れやすいこと。

食事中、どこかにもたれたらうっかり背中に汚れが

気が付いたら襟に汗染みなどなど。

できればさくっとクリーニングでキレイにして、また気持ちよく着たいものです。

では、シャツを最速でクリーニングできるのはどこなのでしょう?

宅配クリーニングのシャツ仕上がり日数を比較!

仕上がり日数のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「仕上がり日数」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

業者名日数詳細
せんたく便5営業日詳細
リナビス5営業日詳細
ネクシー6日詳細
ホワイト急便即日詳細
リネット1日詳細
白洋舎即日詳細

やはりスピードは店舗が優秀です。ホワイト急便・白洋舎ともに即日対応しています。

宅配クリーニングではダントツなのはリネットです。1日という驚きの速さです。さすが宅配クリーニング業界を引っ張っている業者だけのことはありますね。

とはいえ、「早いのは便利だけど、とんでもなく高いんじゃないかしら?」と心配されるお気持ちもわかります。そこで、値段についても比較しておきます。よろしければ参考にしてみてください。

宅配クリーニングのシャツ料金を比較!

先ほど日数の比較をした6社で比較しますね。値段が安い順に並べています。

  • リネット(初回)145円
  • リネット290円
  • ホワイト急便480円
  • ネクシー(メンバーズ)560円
  • 白洋舎(ドライ)600円
  • ネクシー(通常)660円
  • せんたく便(10パック)698円
  • せんたく便(5パック)996円
  • リナビス(20点)940円
  • リナビス(10点)1,080円
  • 白洋舎(素材別)1,150円
  • リナビス(5点)1,560円

値段についてはリネットが最安値です。初回特典を利用してもしなくても最安値という驚きの料金。リネットの初回利用の特典は

  • 50%OFF
  • 送料無料
  • 1ヶ月間プレミアム会員無料

初回だけでなく、リピをしてもリネットがお得。シャツをクリーニングに出す機会が多い方は、リネットをおさえておいて損はないと思いますよ。

リネット詳細ページへ

シャツとワイシャツの違いって?覚えておきたい豆知識

チェーン店の前によく掲げられている看板

「ワイシャツ100円!」

100円とはいかないまでも、それに近い値段でノボリやチラシが入っていることがあります。

「ワイシャツ100円ってことはシャツも100円なのかな?」なんてクリーニングに出しに行ったら、「シャツはワイシャツ扱いじゃないです」と言われ倍以上の料金を取られた、なんて経験ありませんか?

私はあります(汗)。

そもそもシャツとワイシャツの違いってなんなのでしょう?正解は、

業者によって異なる

ワイシャツのクリーニング料金が安いのは、機械メインの流れ作業でできるから、なんですね。

その工程から外れてしまう洋服は、ワイシャツ扱いじゃなくなるわけです。

そのため、ちょっと凝ったデザインのワイシャツですと、ワイシャツ扱いではなくシャツ扱いになったりします。

「コレ、どっち扱いなんだろう?」と迷われた場合、クリーニング業者に確認するか、公式ページの規約を確認されることをオススメします。

ちなみにどのくらい料金が違うかといいますと、ホワイト急便の場合、

  • ワイシャツ:280円
  • シャツ:480円

倍近くお値段が変わってきます。1回くらいならまあいいかな、と思える値段ですが、積み重なると大きいですよね。

リネットの定義を例に挙げますと、ワイシャツとシャツの違いは、

本来、ネクタイをつけて着用するもの → ワイシャツ(写真左)
カジュアルシャツやネルシャツなど、シャツだけでも着用できるもの → シャツ(写真右)
これが一番簡単な見分け方です。 ただ、近年は、クールビズやシャツのカジュアル化が進んでおり、 よりお客様でのご判断が難しくなっております。
(リネット公式より)

となっています。

リネットは以前はシャツとワイシャツの料金違っていたのですが、今は同じになっています。

引用文にも書かれている通り、ワイシャツの型にはまらないシャツが増えてきたのが原因かもしれませんね。

シワ加工など特殊なシャツはオプションをつけるべき!

シワ加工の独特の風合いが気に入っていたのに、クリーニングに出したらプレスされてシワがなくなってしまった!なんていう事態もよくあるクリーニングのお悩みの一つです。

プレスされたら困っちゃう、ボタンが特殊なので丁寧に扱ってほしい、などなど要望がある場合はオプションをつけることで解決できます。

リネットの場合は、DX加工を指定することで職人が1品1品お客様の要望に合わせてクリーニングしてくれます。

詳細は以下の記事に記載していますので、よろしければご参照ください。

シワ加工のオックスフォードシャツをクリーニングするなら?