パックタイプ

宅配クリーニングのパックタイプはどんなものなのか、メリットデメリットについてお話します。

この記事では、一般的な「衣類ごとににクリーニング料金が決まっている従来のクリーニング」を「個別タイプ」として区別しますね。

宅配クリーニングのパックタイプって何?

パックタイプは、洋服個別に料金が決まるのではなく、衣類一点あたりの料金が固定されているタイプのクリーニングです。

  • 5点で5,000円
  • 詰め放題で10,000円

といった感じですね。ポイントは4点。

  1. 洋服は基本的に何を入れてもOK
  2. 追加料金がかからない
  3. 点数が増えると1点あたりの料金が下がるケースが多い
  4. 送料は無料

それぞれ少し詳しく見ていきますね。

①洋服は基本的に何を入れてもOK

洋服は取扱除外品でなければ何を入れても大丈夫です。取扱除外の例としましては、

  • 毛皮(リアルファー)や革
  • 着物
  • 水着・下着など

業者によっては、パーティドレスや礼服もNGになっているケースもあります。そういったケースにつきましては、それぞれの衣類紹介の記事にて注記しています。

取扱可能な衣類であれば、1点あたりの料金が固定されていますので、いちいち料金の計算をする必要はありません。

何を入れてもOKですので、クリーニング代がかさみがちな洋服、たとえば

  • ダウン
  • コート
  • ワンピース

といった衣類をクリーニングに出すことで、かなりお得にクリーニングすることができます。

安いというと質が気になるところですが、もともと高級指向のクリーニング店が割安な料金を実現するためにパックタイプを採用していることが多いです。

日常的にハイブランドを扱っている業者も多いため、業者を選べば、安くかつ安心してクリーニングに出すことが可能です。

②追加料金がかからない

個別タイプに出すと追加料金がかかる代表的なものとして、

  • 上質素材(シルク・カシミヤ・アンゴラなど)
  • 装飾品(プリーツ・フリル・ダッフルコートの留め具など)
  • 付属品(ライナー・フード・ベルトなど)

パックタイプでは、これらの追加料金がかからない業者が多いです。

個別タイプでは衣類の種類でクリーニング料金が変わるものも多いですね。代表的なものでは、

  • ワンピースとドレス
  • スーツと礼服
  • コートとダウンコート
  • シャツとワイシャツ

パックタイプでは、衣類の種類も意識する必要がありません。

そのため、個別タイプでありがちな「予想以上に追加料金がかかってクリーニング代が倍になった」という事態が起こりません。

追加料金がかかるとすると、洋服を入れすぎたことによる点数超過くらいですね。

③点数が増えると1点あたりの料金が下がるケースが多い

パックタイプは点数に応じていくつかのコースがあります。

  • 5点コース
  • 10点コース
  • 20点コース

といった感じですね。そして、点数が増えれば増えるほど1点あたりの値段が下がることが多いです。

例としてリナビスを挙げますと、

  • 5点コース:7,800円(1,560円)
  • 10点コース:10,800円(1,080円)
  • 20点コース:18,800円(940円)

()内の金額が1点あたりの料金になります。

見ていただくとわかるとおり、点数が増えるほど1点あたりの料金は下がっています。

当サイトで衣類の料金比較を行う場合、基本的に最安コースの1点あたりの料金を記載しています。

全てのコースを記載してしまうと、表がえらいことになってしまいますので(汗)。

「アレ?この業者10点だといくらだっけ?」など迷うことがありましたら、このページをご参照頂ければ。

④送料は無料

宅配クリーニングというと送料が気になるところですが、

パックタイプなら基本的に送料無料

送料を気にせず、近くのお店と同じような感覚で使えるのはありがたいですね。

パックタイプのメリットとデメリットについて

パックタイプのメリット

パックタイプのメリットは、先ほどお話した「パックタイプの特徴」とほぼ同じです。

  • どんな洋服を入れても良いため料金計算が簡単
  • クリーニング代が高い衣類ほどお得にクリーニングできる
  • 追加料金がかからない
  • 送料は無料

では、デメリットについて見てみましょう。

パックタイプのデメリットについて

パックタイプのデメリットは、

  1. 5点以上からでないと出せない
  2. 洋服によっては割高になる
  3. 日数がかかる

の3点です。

①5点以上からでないと出せない

パックタイプ最大のデメリットがコレですね。1着だけ洋服に出したいんだけど…という要望には基本的に応えられません。

そのため、

着用前のクリーニングには向かない

「一週間後に大事な会議があるからスーツをクリーニングに出したい」

「3日後に子供のピアノ発表会があるからドレスをクリーニングしたい」

といった感じですね。こういった場合はパックタイプよりも個別タイプのほうが優秀です。

着用前クリーニングであっても、日にちに余裕があり、まとめて衣類を出す場合は、パックタイプも視野に入ってきます。

「2週間後に結婚式があるから家族分の礼服をまとめてクリーニングしたい」

といった感じですね。

ですが、基本的な使い方としては、

着用後の衣類をまとめてクリーニング

になります。たとえば、

「冬物をシーズンオフにまとめてクリーニング」

「着用したスカートやワンピースなどをためておいて、まとめてクリーニングに出す」

「家族や友人の衣類と一緒にまとめてクリーニング」

といった感じです。

シミやカビなど、大きなダメージを負ってしまった洋服は、すぐにクリーニングしたほうが良いです。

が、そうでない洋服は、いったんクリーニング待ちとして保留しておき、ある程度たまってからパックタイプを利用すると、大幅にコストダウンできるケースが多いです。

計画的にクリーニングする衣類をストックしておくことで、シミができてしまった!というときにも、うまくパックタイプを利用することができると思います。

②洋服によっては割高になる

パックタイプは洋服1点あたりの料金が固定されています。

そのため、クリーニング料金が割安な衣類をパックに入れると、それだけ損をしてしまいます。

例を挙げますと、

  • 10点パックで10,000円のパックタイプ(1点あたり1,000円)

を購入したとします。近所のクリーニング店のクリーニング料金が、

  • ワイシャツ:200円
  • ワンピース:1,000円
  • コート:2,000円
  • ダウンコート:3,000円

だったとしますね。

このバッグにワイシャツを10点入れた場合、近所のクリーニング店との差額は、

(200円 * 10点) – 10,000円 = -8,000円

近所のクリーニング店に出したほうが8,000円お得になる計算になります。これだとパックタイプを使うのはもったいないですよね。

別の例として、ダウンコート2着、コート3着、ワンピース5着入れたとします。

(3,000円 * 2 + 2,000円 * 3 + 1,000円 * 5) – 10,000円 = +7,000円

パックタイプのほうが7,000円お得になる計算です。そして追加料金もかかりません。

近所のクリーニング店で、

高級素材(カシミヤ・シルクなど)が使われていた場合+500円

だったとします。

上記10点すべてに高級素材が使われていた場合、それだけで +5,000円。

パックタイプとの差額は12,000円に広がります。

そのほか、コートならライナーやファーフードによる追加料金、ワンピースならフリルやプリーツといった装飾品による追加料金。

そういったもろもろを考えると、差額は結構とんでもない額になります。

よほどシンプルな衣類でない限り、近所のクリーニング店のクリーニング料金が600円以上の洋服をクリーニングに出すと、パックタイプのほうがお得になるかと思います。

クリーニング料金600円以下の衣類をパックタイプに出す場合も、ほかに高額な衣類を何点か混ぜることで十分に元が取れます。

もっともコスパが高い組み合わせは?を考えるのも楽しいですが、面倒な場合は適当にバッグに詰めても大きく損をしないのもパックタイプの特徴です。

なにより追加料金がないのが大きいですね。

個別タイプですと、適当に出すと請求金額を見て顔が青ざめる、なんてこともありますから。

③日数がかかる

パックタイプは個別タイプと比較すると、日数がかかるケースが多いです。

最速で5日~ですので、急ぎのクリーニングには向きません。

先にもお話しましたが、計画的にストックした洋服をまとめてクリーニングに出すのに向いているのがパックタイプです。

そのため、急ぎの場合はチェーン店か個別タイプの宅配クリーニングを利用しましょう。

以上がパックタイプのデメリットになります。

それでは、次に料金について見ていきますね。

パックタイプの全コース料金一覧

当サイトでご紹介しているパックタイプ

の全コースを一覧で記載します。

業者によって上質コースがある場合がありますので、上質コースには「上質」列にコース名を記載しています。

パックタイプの全コースを業者別に

業者別にすべてのコースの1点あたりの値段と合計価格を記載します。

業者点数上質1点合計
リナビス51,560円7,800円
101,080円10,800円
20940円18,800円
せんたく便5996円4,980円
10698円6,980円
5DX1,316円6,580円
10DX858円8,580円
フランス屋5800円3,999円
10600円5,999円
15533円7,999円
カジタク5996円4,980円
8900円7,200円
クリラボ10初回1,150円11,500円
51,760円8,800円
101,280円12,800円
201,090円21,800円
洗濯倉庫101,098円10,980円
20699円13,980円
プラスキューブ51,700円8,500円
101,600円16,000円
201,300円26,000円
5プレミアム2,500円12,500円
10プレミアム2,400円24,000円
20プレミアム1,900円38,000円
マイスターせんたく便51,796円8,980円
101,198円11,980円
5DELUXE2,792円13,960円
10DELUXE1,996円19,960円
クリーニング東京71,040円7,280円
10880円8,800円
7DX1,560円10,920円
10DX1,320円13,200円

1点あたりの値段が安い順に!

1点あたりの料金が安い順に並べます。

業者点数上質1点
フランス屋15533円
フランス屋10600円
せんたく便10698円
洗濯倉庫20699円
フランス屋5800円
せんたく便10DX858円
クリーニング東京10880円
カジタク8900円
リナビス20940円
せんたく便5996円
カジタク5996円
クリーニング東京71,040円
リナビス101,080円
クリラボ201,090円
洗濯倉庫101,098円
クリラボ10初回1,150円
マイスターせんたく便101,198円
クリラボ101,280円
プラスキューブ201,300円
せんたく便5DX1,316円
クリーニング東京10DX1,320円
リナビス51,560円
クリーニング東京7DX1,560円
プラスキューブ101,600円
プラスキューブ51,700円
クリラボ51,760円
マイスターせんたく便51,796円
プラスキューブ20プレミアム1,900円
マイスターせんたく便10DELUXE1,996円
プラスキューブ10プレミアム2,400円
プラスキューブ5プレミアム2,500円
マイスターせんたく便5DELUXE2,792円

合計金額が安い順に!

では次に、合計金額が安い順に並べますね。

業者点数上質合計
フランス屋53,999円
せんたく便54,980円
カジタク54,980円
フランス屋105,999円
せんたく便5DX6,580円
せんたく便106,980円
カジタク87,200円
クリーニング東京77,280円
リナビス57,800円
フランス屋157,999円
プラスキューブ58,500円
せんたく便10DX8,580円
クリーニング東京108,800円
クリラボ58,800円
マイスターせんたく便58,980円
リナビス1010,800円
クリーニング東京7DX10,920円
洗濯倉庫1010,980円
クリラボ10初回11,500円
マイスターせんたく便1011,980円
プラスキューブ5プレミアム12,500円
クリラボ1012,800円
クリーニング東京10DX13,200円
マイスターせんたく便5DELUXE13,960円
洗濯倉庫2013,980円
プラスキューブ1016,000円
リナビス2018,800円
マイスターせんたく便10DELUXE19,960円
クリラボ2021,800円
プラスキューブ10プレミアム24,000円
プラスキューブ2026,000円
プラスキューブ20プレミアム38,000円

おすすめ順に3業者をピックアップ

最後に、おすすめ順に3業者をピックアップしてご紹介します。

  1. リナビス

    リナビス

    価格4.0
    丁寧さ5.0
    スピード4.0
    • 品質維持のため会員限定のサービス
    • 最大9か月間保管無料
    • 2回目以降はリピート割引でお得
    • 利用ごとに5%分のポイント還元でお得
    • 実店舗を55年運営する「東田ドライ」が運営しているため安心
    • 子供服は2点で1点としてカウント
    管理人のレビュー
    点数1点合計
    5点1,560円7,800円
    10点1,080円10,800円
    20点940円18,800円

    イチオシはリナビスです。質にこだわるため会員数を限定しています。

    なんといっても目を引くのが55年間クリーニングをしてきた実績。在籍している職人さん14名のプロフィールを公式上で公開しているのですが、中にはクリーニング歴49年なんていう大ベテランも。

    職人だけでなく自然乾燥をメインとした仕上げにも定評があります。大事な洋服を任せたい!なら文句なしでリナビスでしょう。

    パックタイプの中でも取扱除外品が少ないのもポイント。ドレスやリアルファー(フードやカフスなどの付属品のみ)がOKな数少ないパックタイプの一つです。

    また、子ども服は2点で1点としてカウントされますので、お子様がいるご家庭に優しいのもうれしいですね。

    10点になると1点あたりの価格がぐっとおさえられますので、できれば10点~で利用したいところです。

    詳細ページへ

  2. プラスキューブ

    プラスキューブ

    価格3.0
    丁寧さ5.0
    スピード3.0
    • 他人の服と一緒にされない!顧客単位の個別洗い
    • シミ抜きの対応範囲が広い
    • 静止乾燥のため洋服が傷みにくい
    管理人のレビュー
    点数1点合計
    5点1,700円8,500円
    10点1,600円16,000円
    20点1,300円26,000円

    次点でおすすめなのはプラスキューブです。

    クリーニング料金はやや高めなのですが、

    個別洗いの業者としてはほぼ最安値

    「他人の洋服と一緒に洗われたくない!」という思いをお持ちでしたら、イチオシの業者になります。

    詳細ページへ

  3. せんたく便

    せんたく便

    価格4.5
    丁寧さ4.0
    スピード4.0
    • 10パックなら1点あたり700円弱という安さ
    • パックタイプの老舗の安心感
    管理人のレビュー
    点数1点合計
    5点996円4,980円
    10点698円6,980円

    3位はせんたく便です。

    安さ、という点ではフランス屋にやや劣っている感がありますが、宅配クリーニングの黎明期からパックタイプを行っている安心感があります。

    礼服はNGなど取扱除外品がやや多めですので、普段使いの洋服に利用されると良いかと思います。

    詳細ページへ

まとめ

以上がパックタイプの解説になります。

メリット・デメリットを把握してうまく利用すれば、本当にお得にクリーニングができます。

クリーニングの保管サービスも基本的にはパックタイプですので、ここでお話したことを活用して頂ければ使いこなすことができると思います。

皆さまのクリーニングライフが少しでも便利になりますように。

【2019年版】宅配クリーニング保管サービスを比較!人気なのはドコ?