靴クリーニング

スーツやコートなどの、自分ではお手入れしにくい衣類はクリーニングを利用するように、お手入れしにくい靴もクリーニングを利用すればきれいにできます。

しかし、あまり利用する機会がない靴のクリーニング。どんなことをしてもらえるのかわからず不安に感じる人も少なくありません。

安心して靴をクリーニングに出すためにも、クリーニングを利用する際のポイントや注意点について知っておきましょう。

目次

靴をクリーニングに出すメリットって?どんなことをしてくれる?

靴クリーニングメリット

靴のクリーニングとは、靴の素材や汚れの種類に合わせた専用の洗剤・機材を駆使して、靴を綺麗にしてくれるサービスのことです。

専門の業者がきれいにしてくれるという点では、衣類のクリーニングと変わりありません。

靴をクリーニングに出す最大のメリットは、自分では落とせない汚れをきれいに落としてくれるという点です。

靴には雨水や泥など、さまざまな汚れが付着するリスクがあります。

ついたばかりの軽い汚れならば簡単に落とせるかもしれませんが、気づかずに放っておけばシミになることも。そうなるとなかなか素人ではきれいにできません。

しかし靴の扱いに長けた専門業者ならば、よほどひどい状態でない限り靴を綺麗にすることができます。

また、自分では洗えないような素材の靴をきれいにしてくれるのもクリーニングに出すメリットです。

キャンバス地に牛革、スエードなど、靴の素材はさまざま。

スニーカーなどに用いられるキャンバス地やメッシュ素材ならば自宅で洗うこともできますが、スエードのような素材は専用の洗剤が必要となります。

そのような靴でも安心して任せられるのがクリーニングの良いところです。

さまざまな素材に合わせた洗剤や機材を駆使して、自宅では洗えないような素材の靴でもきれいにしてくれます。

どんな種類の靴でもクリーニングできる?

靴の種類

洗剤や設備が整っているクリーニング店であれば、大抵の靴はクリーニングすることが可能です。

  • スニーカー
  • ビジネス用革靴
  • スエードのブーツ
  • サンダル
  • パンプスなど

しかし、店舗によって用意している洗剤や機材が異なるため、素材によっては受け付けてもらえない場合もあります。

また、素材次第で料金が異なる場合もあります。

初めて利用するクリーニング店では、「スエードのブーツでも問題ないか」「革靴でも価格は変わらないか」など、あらかじめ問い合わせておくと安心です。

特に注意が必要な靴について

ただし、スパンコールやビーズなどの装飾がたくさんついている靴は注意が必要となります。

なぜならば、クリーニング中に装飾品が外れてしまう可能性があるからです。

装飾品がついている場合、店によっては断られてしまったり、断られなくても飾りが外れた場合は免責としていたりします。

大切な靴をクリーニングに出す際には、「装飾品がついていても問題ないか」「クリーニング中に装飾品が取れてしまった場合に修理や弁償などの対応はしてもらえるか」などを事前に確認しておくと安心です。

靴のクリーニング料金ってどのくらい?10社比較で相場を知ろう

靴のクリーニング料金

いざクリーニング!と思っても…

  • クリーニング料金が高いならやめておこうかな
  • 近所のクリーニング店が高いのか安いのかわからない
  • スニーカーと革靴って料金違うの?

などなど。いろいろな疑問があると思います。

洋服のクリーニングと違い、靴のクリーニングはあまり身近でないため、相場がどのくらいかってパッと思い浮かびませんよね。

そこで、主要10社を比較してクリーニング料金の相場を見てみましょう。

ちなみに、衣類のクリーニングというと白洋舎とホワイト急便が有名ですが、両社ともに情報があまりありません。

靴のクリーニングも行っているようですが、詳細な料金が公式に載っていないんですね。

そのため、上記2社の代わりに靴のクリーニングではもっとも有名であろう、イオングループのリアットをご紹介しています。

料金比較は、

  • ビジネスシューズ
  • パンプス
  • スニーカー
  • ブーツ

の4つに分けて比較していきます。

料金比較の前におさえておきたいパックタイプについて

パックタイプ

衣類同様に、靴のクリーニングも料金体系は個別タイプとパックタイプの2つに分類されます。

個別タイプって?

個別タイプは、靴の種類ごとに料金が決まっている業者です。

スニーカーは1,500円、革靴は4,000円といったイメージですね。

特徴としては、スニーカーなどクリーニング料金が安いものはパックタイプと比較すると安くクリーニングできること。

逆に革靴・ブーツといったクリーニング料金が高くなりがちな靴については、パックタイプより割高になるケースが多いです。

また、水洗いや補色、シミ抜きやブラッシングといった工程がオプションになり、追加料金を取られるケースが多いことも特徴です。

店舗を構えている靴クリーニング店に多いのが、この個別タイプですね。高級志向の宅配クリーニングも、このタイプが多いです。

パックタイプって?

パックタイプは、どんな靴を出しても一足あたり4,000円、といったイメージで料金が固定されているタイプのことです。

個別タイプとは違い、水洗いや補色、シミ抜きといった工程が全て料金に含まれていることが多いです。

追加料金は発生しづらいため、事前にいくらかかるのかを把握しやすいのがポイントです。

注意点として、衣類のパックタイプはすべての洋服共通の料金なのですが、靴の場合はスニーカー・靴・ブーツといった感じでパック料金が分かれている業者もあります。

パックタイプのもう一つの特徴は、一度に出す靴の数が増えるほど一足あたりの料金が下がるケースが多いことです。

そのため、シーズンオフ時のメンテナンスなどにまとめて靴を出すと、お得に利用することができます。

保管サービスが用意されている業者も多いため、メンテナンス後、次のシーズンまで専用の倉庫で預かってもらうことも可能です。

ビジネスシューズのクリーニング料金を比較!

ビジネスシューズ

では、実際いくらくらいかかるのか?料金を比較していきましょう。

まずは、ビジネス用の革靴について見ていきます。パックタイプは、パック列に「〇」を記載しています。

また、個別・パック共通で、もっとも安いコースの料金を、パックタイプについてはもっとも安くなる足数の料金を載せています。

業者料金パック
くつリネット2,480円
靴専科2,500円
リアット2,745円
美靴パック2,750円
ベルメゾン4,050円
DEA4,500円
キレイナ5,000円
ワードローブ
トリートメント
5,184円
せんたく便6,400円
リナビス17,000円

だいたい2,500円~5,000円が相場と言えそうですね。

とはいえ、最安のコースを記載していますので、補色やスエードの起毛シミ抜きといったオプションは含まれていません。

また、先にお話しましたが、パックタイプは一度に出す靴の数が増えるほど一足あたりの料金は安くなります。

くつリネットを例に挙げますと、上表の料金はライトコース。ライトコースのサービス内容は、

  • 消臭&除菌
  • 丸洗い

メンテナンスには十分なのですが、補色や起毛シミ抜きブラッシング、撥水加工といったオプションはついていません。

そして、この料金は4足出した場合の料金です。ライトコースの1足あたりの料金を見てみますと、

  • 1足:3,980円
  • 2足:3,480円
  • 3足:2,980円
  • 4足以降:2,480円

と、結構なお値段変わってきます。なるべくまとめて出したほうがお得だということがわかりますね。

ビジネスシューズクリーニングの34コースを1足あたりの価格が安い順に

オフシーズンなど、まとめて靴をクリーニングしたいときに。

1足あたりの料金は安いほうがいいけれど、色褪せがあるから補色のあるオプションがいいな、といったコスパのバランスを考えながら選べるよう、1足あたりの料金が安い順に並べてみました。

大きな表になりますので折りたたんでいます。

1点あたり価格が安い順
業者1足あたりコース足数総額
くつリネット2,480円ライト49,920円
靴専科2,500円スタンダード・
エコノミー
12,500円
リアット2,745円レギュラー410,980円
美靴パック2,750円25,500円
くつリネット2,980円ライト38,940円
リアット3,160円レギュラー39,480円
くつリネット3,480円ライト26,960円
リアット3,490円レギュラー26,980円
リアット3,495円プレミアム413,980円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
リアット3,993円プレミアム311,979円
ベルメゾン4,050円14,050円
靴専科4,100円デリケート・
エコノミー
14,100円
リアット4,490円プレミアム28,980円
靴専科4,500円スタンダード・
デラックス
14,500円
くつリネット4,980円スタンダード419,920円
DEA5,000円15,000円
キレイナ5,000円15,000円
ワードローブ
トリートメント
5,184円15,184円
リアット5,480円プレミアム15,480円
くつリネット5,780円スペシャル423,120円
靴専科5,900円スタンダード・
スペシャル
15,900円
くつリネット5,980円スタンダード317,940円
靴専科6,000円デリケート・
デラックス
16,000円
せんたく便6,400円212,800円
くつリネット6,480円スタンダード212,960円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
くつリネット6,980円スペシャル320,940円
くつリネット7,480円スペシャル214,960円
ベルメゾン7,560円215,120円
靴専科7,900円デリケート・
スペシャル
17,900円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
リナビス17,000円117,000円

ビジネスシューズクリーニングの34コースを総額が安い順に

一足や二足といった少ない数の靴を出す場合、気になるのは料金の総額。

そこで、料金の総額が安い順に並べなおしています。

こちらも表が大きくなるため折りたたんでいます。

総額が安い順
業者総額コース足数1足あたり
靴専科2,500円スタンダード・
エコノミー
12,500円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
ベルメゾン4,050円14,050円
靴専科4,100円デリケート・
エコノミー
14,100円
靴専科4,500円スタンダード・
デラックス
14,500円
DEA5,000円15,000円
キレイナ5,000円15,000円
ワードローブ
トリートメント
5,184円15,184円
リアット5,480円プレミアム15,480円
美靴パック5,500円22,750円
靴専科5,900円スタンダード・
スペシャル
15,900円
靴専科6,000円デリケート・
デラックス
16,000円
くつリネット6,960円ライト23,480円
リアット6,980円レギュラー23,490円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
靴専科7,900円デリケート・
スペシャル
17,900円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
くつリネット8,940円ライト32,980円
リアット8,980円プレミアム24,490円
リアット9,480円レギュラー33,160円
くつリネット9,920円ライト42,480円
リアット10,980円レギュラー42,745円
リアット11,979円プレミアム33,993円
せんたく便12,800円26,400円
くつリネット12,960円スタンダード26,480円
リアット13,980円プレミアム43,495円
くつリネット14,960円スペシャル27,480円
ベルメゾン15,120円27,560円
リナビス17,000円117,000円
くつリネット17,940円スタンダード35,980円
くつリネット19,920円スタンダード44,980円
くつリネット20,940円スペシャル36,980円
くつリネット23,120円スペシャル45,780円

パンプスのクリーニング料金を比較!

パンプス

パンプスは、おおむねビジネスシューズと変わらない料金体系になっています。

個別タイプの業者の料金が変わるくらいですね。

ビジネスシューズ同様に、一足あたりの料金が安い順、総額が安い順に表を記載します。

パンプスクリーニングの34コースを1足あたりの価格が安い順に

1点あたり価格が安い順
業者1足あたりコース足数総額
靴専科1,900円スタンダード・
エコノミー
11,900円
くつリネット2,480円ライト49,920円
リアット2,745円レギュラー410,980円
美靴パック2,750円25,500円
くつリネット2,980円ライト38,940円
リアット3,160円レギュラー39,480円
くつリネット3,480円ライト26,960円
リアット3,490円レギュラー26,980円
リアット3,495円プレミアム413,980円
靴専科3,500円デリケート・
エコノミー
13,500円
靴専科3,800円スタンダード・
デラックス
13,800円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
リアット3,993円プレミアム311,979円
ベルメゾン4,050円14,050円
リアット4,490円プレミアム28,980円
くつリネット4,980円スタンダード419,920円
キレイナ5,000円15,000円
ワードローブ
トリートメント
5,184円15,184円
靴専科5,400円デリケート・
デラックス
15,400円
リアット5,480円プレミアム15,480円
靴専科5,500円スタンダード・
スペシャル
15,500円
くつリネット5,780円スペシャル423,120円
くつリネット5,980円スタンダード317,940円
DEA6,000円16,000円
せんたく便6,400円212,800円
くつリネット6,480円スタンダード212,960円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
くつリネット6,980円スペシャル320,940円
靴専科7,400円デリケート・
スペシャル
17,400円
くつリネット7,480円スペシャル214,960円
ベルメゾン7,560円215,120円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
リナビス17,000円117,000円

パンプスクリーニングの34コースを総額が安い順に

総額が安い順
業者総額コース足数1足あたり
靴専科1,900円スタンダード・
エコノミー
11,900円
靴専科3,500円デリケート・
エコノミー
13,500円
靴専科3,800円スタンダード・
デラックス
13,800円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
ベルメゾン4,050円14,050円
キレイナ5,000円15,000円
ワードローブ
トリートメント
5,184円15,184円
靴専科5,400円デリケート・
デラックス
15,400円
リアット5,480円プレミアム15,480円
靴専科5,500円スタンダード・
スペシャル
15,500円
美靴パック5,500円22,750円
DEA6,000円16,000円
くつリネット6,960円ライト23,480円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
リアット6,980円レギュラー23,490円
靴専科7,400円デリケート・
スペシャル
17,400円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
くつリネット8,940円ライト32,980円
リアット8,980円プレミアム24,490円
リアット9,480円レギュラー33,160円
くつリネット9,920円ライト42,480円
リアット10,980円レギュラー42,745円
リアット11,979円プレミアム33,993円
せんたく便12,800円26,400円
くつリネット12,960円スタンダード26,480円
リアット13,980円プレミアム43,495円
くつリネット14,960円スペシャル27,480円
ベルメゾン15,120円27,560円
リナビス17,000円117,000円
くつリネット17,940円スタンダード35,980円
くつリネット19,920円スタンダード44,980円
くつリネット20,940円スペシャル36,980円
くつリネット23,120円スペシャル45,780円

スニーカーのクリーニング料金を比較!

スニーカー

スニーカーは、パックタイプでも料金体系が変わるものがあります。

ビジネスシューズと比較すると安くなることが多いですね。

注意点としては、スニーカーでも革のスニーカーだと料金が上がる可能性が高いこと。

革は扱いが難しいため、どうしても手間がかかってしまい料金も上がってしまうんですね。

革スニーカーについては、ビジネスシューズの料金を参照されるとよろしいかと思います。

スニーカークリーニングの38コースを1足あたりの価格が安い順に

1点あたり価格が安い順
業者1足あたりコース足数総額
リアット496円スニーカー41,984円
リアット660円スニーカー31,980円
リアット840円スニーカー21,680円
リアット1,380円スニーカー11,380円
靴専科1,900円スタンダード・
エコノミー
11,900円
くつリネット2,480円ライト49,920円
リアット2,745円レギュラー410,980円
美靴パック2,750円25,500円
くつリネット2,980円ライト38,940円
リアット3,160円レギュラー39,480円
くつリネット3,480円ライト26,960円
リアット3,490円レギュラー26,980円
リアット3,495円プレミアム413,980円
靴専科3,500円デリケート・
エコノミー
13,500円
靴専科3,800円スタンダード・
デラックス
13,800円
ワードローブ
トリートメント
3,888円13,888円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
リアット3,993円プレミアム311,979円
ベルメゾン4,050円14,050円
リアット4,490円プレミアム28,980円
DEA4,500円14,500円
くつリネット4,980円スタンダード419,920円
キレイナ5,000円15,000円
靴専科5,400円デリケート・
デラックス
15,400円
リアット5,480円プレミアム15,480円
靴専科5,500円スタンダード・
スペシャル
15,500円
くつリネット5,780円スペシャル423,120円
くつリネット5,980円スタンダード317,940円
せんたく便6,400円212,800円
くつリネット6,480円スタンダード212,960円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
くつリネット6,980円スペシャル320,940円
靴専科7,400円デリケート・
スペシャル
17,400円
くつリネット7,480円スペシャル214,960円
ベルメゾン7,560円215,120円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
リナビス17,000円117,000円

スニーカークリーニングの38コースを総額が安い順に

総額が安い順
業者総額コース足数1足あたり
リアット1,380円スニーカー11,380円
リアット1,680円スニーカー2840円
靴専科1,900円スタンダード・エコノミー11,900円
リアット1,980円スニーカー3660円
リアット1,984円スニーカー4496円
靴専科3,500円デリケート・エコノミー13,500円
靴専科3,800円スタンダード・デラックス13,800円
ワードローブトリートメント3,888円13,888円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
ベルメゾン4,050円14,050円
DEA4,500円14,500円
キレイナ5,000円15,000円
靴専科5,400円デリケート・デラックス15,400円
リアット5,480円プレミアム15,480円
靴専科5,500円スタンダード・スペシャル15,500円
美靴パック5,500円22,750円
くつリネット6,960円ライト23,480円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
リアット6,980円レギュラー23,490円
靴専科7,400円デリケート・スペシャル17,400円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
くつリネット8,940円ライト32,980円
リアット8,980円プレミアム24,490円
リアット9,480円レギュラー33,160円
くつリネット9,920円ライト42,480円
リアット10,980円レギュラー42,745円
リアット11,979円プレミアム33,993円
せんたく便12,800円26,400円
くつリネット12,960円スタンダード26,480円
リアット13,980円プレミアム43,495円
くつリネット14,960円スペシャル27,480円
ベルメゾン15,120円27,560円
リナビス17,000円117,000円
くつリネット17,940円スタンダード35,980円
くつリネット19,920円スタンダード44,980円
くつリネット20,940円スペシャル36,980円
くつリネット23,120円スペシャル45,780円

ブーツのクリーニング料金を比較!

ブーツ

ブーツのクリーニングも、ビジネスシューズと別料金になっているパックタイプがあります。

別料金になっている場合、多くはビジネスシューズよりも料金が高くなります。

また、個別タイプの場合注意しないといけないのは、シューズの丈によって料金が変わる可能性があること。

ショートブーツ、ハーフブーツ、ロングブーツで料金が分かれている業者があるんですね。

ここでは、ショートブーツの料金を紹介します。

ハーフ・ロングをクリーニングに出される場合、個別タイプの業者を利用されるなら、公式にて料金を確認されることをオススメします。

ブーツの34コースを1足あたりの価格が安い順に

1点あたり価格が安い順
業者1足あたりコース足数総額
くつリネット2,480円ライト49,920円
リアット2,745円レギュラー410,980円
美靴パック2,750円25,500円
靴専科2,800円スタンダード・
エコノミー
12,800円
くつリネット2,980円ライト38,940円
リアット3,160円レギュラー39,480円
くつリネット3,480円ライト26,960円
リアット3,490円レギュラー26,980円
リアット3,495円プレミアム413,980円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
リアット3,993円プレミアム311,979円
リアット4,490円プレミアム28,980円
靴専科4,500円デリケート・
エコノミー
14,500円
ベルメゾン4,590円14,590円
靴専科4,800円スタンダード・
デラックス
14,800円
くつリネット4,980円スタンダード419,920円
リアット5,480円プレミアム15,480円
DEA5,500円15,500円
くつリネット5,780円スペシャル423,120円
くつリネット5,980円スタンダード317,940円
靴専科6,200円スタンダード・
スペシャル
16,200円
ワードローブ
トリートメント
6,264円16,264円
靴専科6,300円デリケート・
デラックス
16,300円
せんたく便6,400円212,800円
くつリネット6,480円スタンダード212,960円
キレイナ6,500円16,500円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
くつリネット6,980円スペシャル320,940円
くつリネット7,480円スペシャル214,960円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
靴専科8,200円デリケート・
スペシャル
18,200円
ベルメゾン8,370円216,740円
リナビス17,000円117,000円

ブーツの34コースを総額が安い順に

1点あたり価格が安い順
業者総額コース足数1足あたり
靴専科2,800円スタンダード・
エコノミー
12,800円
くつリネット3,980円ライト13,980円
リアット3,980円レギュラー13,980円
靴専科4,500円デリケート・
エコノミー
14,500円
ベルメゾン4,590円14,590円
靴専科4,800円スタンダード・
デラックス
14,800円
リアット5,480円プレミアム15,480円
美靴パック5,500円22,750円
DEA5,500円15,500円
靴専科6,200円スタンダード・
スペシャル
16,200円
ワードローブ
トリートメント
6,264円16,264円
靴専科6,300円デリケート・
デラックス
16,300円
キレイナ6,500円16,500円
くつリネット6,960円ライト23,480円
くつリネット6,980円スタンダード16,980円
リアット6,980円レギュラー23,490円
くつリネット7,980円スペシャル17,980円
靴専科8,200円デリケート・
スペシャル
18,200円
くつリネット8,940円ライト32,980円
リアット8,980円プレミアム24,490円
リアット9,480円レギュラー33,160円
くつリネット9,920円ライト42,480円
リアット10,980円レギュラー42,745円
リアット11,979円プレミアム33,993円
せんたく便12,800円26,400円
くつリネット12,960円スタンダード26,480円
リアット13,980円プレミアム43,495円
くつリネット14,960円スペシャル27,480円
ベルメゾン16,740円28,370円
リナビス17,000円117,000円
くつリネット17,940円スタンダード35,980円
くつリネット19,920円スタンダード44,980円
くつリネット20,940円スペシャル36,980円
くつリネット23,120円スペシャル45,780円

靴をクリーニングに出すなら?用途別におすすめをご紹介

おすすめ

見ていただいた通り、業者の数も多いですしコースも多いです。

そのため、「なんとなく料金相場はわかったけれどコースが多すぎて…」とお悩みの方もおられると思います。

そこで、用途別におすすめの業者をご紹介します。

  1. 布製スニーカーをクリーニングするなら?
  2. 革靴・ブーツをクリーニングするなら?
  3. 本当に大事な靴をトップコンディションに戻したいなら?

の3点に分けてご紹介しますね。

①布製スニーカーをクリーニングするなら?

布製スニーカーをクリーニングに出すなら、おすすめは「リアット」です。

リアット

なんといってもコスパがズバ抜けています。

1足から出すもよし、詰め放題で一気にクリーニングするもよし。

往復送料は無料で、イオングループのリアットが運営している安心感。

ただし、キャンバス地・ナイロン地限定であることにご注意ください。

リアットスニーカー丸洗いへ

②革靴・ブーツをクリーニングするなら?

おすすめは「くつリネット」です。

くつリネット

宅配クリーニング最大手のリネットが運営する安心感。

リネットというと、公式の充実度が特徴なのですが、それは靴でも同様です。

200種類以上のクリーニング実績が記載されており、それぞれ状態に応じて、どのコースを選択すれば良いかも記載されています。

くつリネットクリーニング実績・事例

お手持ちの靴に似た事例を探すことで、クリーニングに失敗する可能性がぐっと低くなります。

どういった工程でクリーニングが行われるかも詳細に記載されているため、安心につながります。

定期的なメンテナンス・シミ抜きや補色を行いたいなら、くつリネットがオススメです。

くつリネット公式ページへ

③本当に大事な靴をトップコンディションに戻したいなら?

おすすめは「リナビス」です。

リナビス

衣類でも、会員数を限定することでコスパに優れた高品質クリーニングを行っているリナビス。

そのリナビスが提供する皮革製品限定のクリーニングサービスです。

特徴は、取扱ブランドの豊富さと、やれることはすべて徹底的にやるという「1日10点限定」の最高級クリーニング。

その分、料金は17,000円と半端ないです。他の業者と比較してもぶっちぎりで高い料金が目を引きます。

お気に入りの靴って、洋服以上に自分にとっては一点ものです。同じモノってもうないんですよね。

履きたいけれど履けない状態になってしまった。でも、もう一度履けるなら履きたい。

そんな思いをお持ちでしたら、まずはリナビスに相談してみてはいかがでしょう?

写真をメールに添付して送ることで、クリーニング可否やどこまでトップコンディションに戻せるのか?といったことも相談できます。

リナビス詳細ページへ

こんな状態の靴でも大丈夫?カビ・シミなどの汚れ、劣化している合皮や破損している靴も?

汚れた靴

業者やコースによります。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

シミ・カビについて

状態次第では落とすことが可能です。

シミやカビは衣類も同じなのですが、ホント

状態次第

です。状態というのは、

  • シミやカビがついてから時間
  • シミやカビの種類。油溶性・水溶性、白カビ・黒カビなど
  • どの素材についているか

シミやカビがついてからの期間

基本的に、早ければ早いほど落としやすくなります。

逆に、時間が経ちすぎてしまった場合、落とすのは難しくなります。

シミの種類

シミについては、落としやすいシミ・落としづらいシミがあります。

どんなシミが落としやすいか?については、リネットの公式がわかりやすいですので張っておきますね。

無料シミ抜きについて リネット

カビの種類

カビについては、大きく分けると白カビと黒カビがあります。

このうち落としづらいのは黒カビ。浴槽なんかに生えているアレですね。これは衣類でも本当に厄介でして。

参考までに、衣類のカビの落とし方についての記事を置いておきます。

スーツやコートなど服のカビをクリーニングで!おすすめ業者3選と料金

素材について

最後に、素材についてですが、特に落としづらいとされるのが、

  • エナメル
  • 合皮・ポリウレタンなど
  • ヌメ革

シミやカビに限った話ではありませんが、合皮やポリウレタンは注意が必要です。

合皮は劣化によりクリーニング不可、と判断されることが多い素材です。

また、ポリウレタンは製造から3年が寿命とされています。そのため、クリーニングでは手の施しようがありません。

上記の素材が使用されている場合は、買い替えも視野に入れたほうが良いかもしれません。

シミ・カビについてのまとめ

時間が経ちすぎておらず、比較的落としやすいシミ・カビで、落とすのが厳しい素材でない場合、たいていの場合キレイにすることが可能です。

注意点としては、個別タイプだと追加料金が発生する可能性があること。

パックタイプの場合は、シミやカビに対応したコースを選択する必要があること。

気になるシミやカビがある場合は、事前に問い合わせをしておくと確実です。

料金のところでオススメした業者も参考にしてみてくださいね。

破損している靴について

破損

破損している靴については、取り扱っている業者と取扱除外としている業者があります。

たとえば、オススメで紹介した「くつリネット」は、クリーニングのみを行うため、破損した靴は取扱除外となっています。

破損している靴をクリーニングに出す場合、

  • 修繕業者に出してからクリーニング
  • 修繕も行っているクリーニング業者にまとめてやってもらう

どちらかになるかと思います。

修繕業者とクリーニング業者を分ける場合

修繕業者の特徴は、店舗型が多いこと。有名どころとしては、

このうち、宅配サービスを行っているのは「職人工房」のみ。

そのため、お近くに修繕業者の店舗がある方にオススメの方法になります。

近くにない場合は、職人工房を利用するか、修繕を行ってくれるクリーニング業者をチョイスするのが賢い選択といえます。

修繕業者とクリーニング業者を分ける場合の注意点は、

利用しようと考えているクリーニング業者がどこまでやってくれるか事前に確認しておくこと

たとえば、修繕後に「くつリネット」を利用しようと考えている場合。

スタンダードコースなら、補色やシミ抜きも行ってくれます。そのため、修繕業者では補色をする必要はないんですね。

修繕に出す前にクリーニングのことも考えてリサーチをしておくと、無駄な出費をおさえることができます。

修繕も行っているクリーニング業者にまとめてやってもらう場合

修繕とクリーニング

先にご紹介した10社のうち、修繕に対応しているクリーニング業者は、

  • ワードローブトリートメント
  • キレイナ
  • 靴専科
  • リナビス
  • DEA

このうち、コスパを考えるとオススメなのは、ワードローブトリートメントです。

靴の修繕つきクリーニングでオススメはワードローブトリートメント

ワードローブトリートメント

  • NOと言わない高級志向のクリーニング
  • 靴のクリーニングとしてはコスパが高い
  • 修理料金が公式に記載されているため試算しやすい

衣類のクリーニングとしては、超高級なイメージのあるワードローブトリートメント。

靴のクリーニングは、相場とほぼ同等です。

他の業者は、靴の修理にどのくらいかかるか記載されていないことが多いのですが、ワードローブトリートメントは主要な修繕費用が記載されています。

こういった点から、オススメはワードローブトリートメントです。

ワードローブトリートメントを評価!評判と口コミから見える実力とは?

靴をクリーニングに出す前にチェックしておくべきポイント

チェックポイント

靴をクリーニングに出す場合には、事前にその靴がどのような状態かをしっかりとチェックしておきましょう。

素材の確認

まず確認しておきたいのが素材です。

クリーニング店によっては取り扱えない素材の靴があります。

ホームページが開設されているクリーニング店では、取り扱える素材を掲載していることもあるので、事前にチェックしておくと安心です。

クリーニング前の状態確認

また、傷やシミなどの靴の劣化具合についても確認しておきましょう。

靴のどこにどんな傷やシミがあったのかを把握しておかないと、その傷やシミがクリーニングによってできたものなのかどうか判断できません。

いくら業者が靴のクリーニングのプロと言っても、ミスをしてしまう可能性はゼロではありません。大切な靴を守るためにも、自分でできることはしっかりしておきましょう。

事前に写真を撮っておくと良いですね。今ならスマホで簡単に撮影できます。

前後左右と靴底、できれば靴の中敷きも撮っておけば安心です。

ブランドの取扱実績確認

クリーニングに出したい靴が高級ブランドのものである場合は、クリーニング店で取り扱った実績があるかもチェックポイントです。

クリーニング店の中には、ブランド靴を得意としている店も数多くあります。

そのようなクリーニング店では、ホームページに取り扱い可能なブランドや、取り扱い実績のあるブランドが一覧になって掲載されていることがあります。

その一覧の中に自分の靴のブランドが含まれているかどうかを、忘れずに確認しておきましょう。

クリーニングに出したら手元に戻るまでの期間はどのくらい?

期間

靴のクリーニングでは、持ち込んでから手元に戻ってくるまでに、洗浄、除菌、成形、乾燥、仕上げの工程を踏みます。

靴の状態がひどい場合には、これらの工程に修繕などの工程が加わることになるでしょう。

クリーニング店に持ち込んだ場合は上記のような工程のみで済みますが、宅配クリーニングでは往復分の配送があるため時間がかかってしまいます。

したがって、宅配クリーニングの方が持ち込んだ場合より時間がかかりがちです。

ただし店舗に持ち込んでも、クリーニングを行うのが離れた場所にある工場の場合は、宅配クリーニングと同じくらい時間がかかることもあります。

靴をクリーニング店に持ち込んだ場合の、手元に戻るまでの期間は一般的には1~2週間程度となります。

一方、宅配クリーニングを利用した場合は、2週間~1ヶ月で仕上げてくれるお店が多いです。

ただし、これはあくまで目安であり、クリーニング店の混雑状況や靴の状態などで前後する場合も十分にあります。

靴のクリーニングを急ぎたい場合は、持ち込み・宅配問わず何店舗かに問い合わせてみるのが良いでしょう。

靴がクリーニングから戻ってきたときにチェックしておきたいポイント

帰って来た時のチェックポイント

靴がクリーニングから返ってきたら、真っ先にカバーを外しましょう。

中には通気性が良くつけたままでも問題ないカバーもありますが、そうでない場合はカビや変色の原因になるので要注意です。

カバーを外したら、クリーニングに出す前にチェックしておいた汚れがきちんと落ちているか、逆にクリーニングによって新しいシミや傷がついていないかをチェックします。

また、修繕などのオプションを依頼していた場合は、それらもしっかり施されているか確認しましょう。

クリーニング店では毎日たくさんの靴をきれいにしているので、稀に他の依頼と間違ってクリーニングをしていることもあります。

宅配クリーニングを利用した場合は、型崩れがないかも確認しておきたいポイントです。

宅配クリーニングを利用すると、配送という工程が発生してしまいます。

大抵のクリーニング店では配送時に型崩れしないよう対策していますが、その対策が十分でなかったり、配送時に問題が起こったりする可能性もあります。

靴が届いたら、すぐに箱から取り出して確認しておきましょう。

靴の種類ごとにクリーニング頻度って違う?メンテナンスするならどのくらいの間隔でクリーニングすれば良い?

メンテナンス頻度

足の裏には汗腺が集中しており、1日でコップ1杯分の汗をかくと言われています。

そんな足を包んでいる靴にはたくさんの汗が染み込んでいるため、定期的にメンテナンスをしなければカビが生えてしまいます。

キャンパス地やメッシュ素材でできたスニーカーなどであれば、自宅で簡単に水洗いをすることができるので、クリーニングを頻繁に利用する必要はありません。

定期的に自分で洗っているのであれば、自分で洗っても取れない汚れが付着しているときのみ、クリーニングを利用すれば問題ないでしょう。

しかし革靴だとそういう訳にはいきません。

素人が正しい知識を身につけずに洗ってしまうと、革の質感を損なったり色落ちしたりします。

特にスエード素材は起毛がダメになってしまう可能性が高いです。

そのため、革靴は定期的なクリーニングを必要とします。

基本的には、年に1~2回の頻度でクリーニングに出しておくと、快適に靴を履き続けることができます。

ただしこの頻度はあくまで目安なので、カビが生えたりにおいが気になったりしたら、無理に履き続けずにクリーニングに出すようにしましょう。

靴の保管ってお願いできる?期間や保管環境ってどうなっている?

靴の保管

靴箱がどんなに広くても靴って場所を取ります。特に冬物の靴やロングブーツ。

他の衣類同様に、衣替えシーズンに入れ替えをしたいところですが、下手に保管すると換気が悪くてカビてしまいそうで怖い。

そんなときに便利なのが、クリーニング後の保管サービス。

シーズンオフにクリーニングに出して、そのまま保管をお願いすることができます。

先に料金のところでご紹介した10業者のうち、保管サービスを行っているのは4業者。

保管期間と保管料を表にまとめますと、

業者保管料保管期間
くつリネット1,000円9か月
せんたく便350円9か月
美靴パック600円7か月
ベルメゾン500円9か月

靴をクリーニング後保管するならオススメは?

おすすめは「くつリネット」です。

くつリネット

  • どういった場所で保管されているか詳細に記述されている安心感
  • 衣類でも保管サービスをしている実績
  • クリーニングもオススメできる品質の高さ

料金のところでオススメにあげた「くつリネット」が保管するにあたってもオススメとなります。

個人的に大きいなって思うのが1番目と2番目。

どういった環境で保管されているのか?記載されていない業者って多いんですよね。

くつリネットでは、写真つきで紹介されています。

くつりねっと保管

日光の入らない専用の保管室で24時間空調管理。

また、リネットは衣類でも保管サービスを行っています。そのため、保管に関するノウハウが蓄積されているんですね。

料金は他の業者と比較するとやや高いのですが、安心という観点から見るとくつリネットがオススメになります。

注意点としては、料金のところでもお話したとおり、破損している靴はクリーニングできないこと。

加えて、合皮の靴は保管できない点にお気をつけください。

くつリネット公式ページへ

靴を長持ちさせるために日頃から気をつけておくことって?

気を付けておくこと

湿ったり濡れた場合は陰干し

靴を長持ちさせる上で大切なのが、靴を湿った状態のままにしないことです。

靴はカビやニオイが発生しやすく、特に通気性の悪い革靴やエナメル製の靴は菌の温床となっています。

靴が湿ったままだと、さらに菌が増殖しやすい環境になってしまうのです。

そのため、靴が雨で濡れたり、たくさん汗をかいたりしたときは、速やかに靴を乾燥させましょう。

外側が濡れているときは柔らかい布などで水分を拭き取り、内側が湿っているときは風通しの良いところに干しておきます。

このとき気をつけなければいけないのが、靴を干す場所です。

いくらよく乾燥しそうでも、直射日光に靴をあてるのは避けましょう。紫外線も靴を傷める原因になり得るので、靴を干すときは陰干しが基本です。

ブラッシングをこまめに

また、日頃からできる靴のメンテナンスとしてブラッシングがあります。

一日外で履いた靴には、砂ぼこりなどのたくさんの汚れが表面に付着しています。

これらの汚れが溜まっていくと、落ちづらい汚れになることもあるので、なるべく溜め込まないようにするのが大切です。

靴のブラッシングは、靴屋やホームセンターなどで売られている靴用のブラシで靴の表面を払うだけ。

手軽にできるので、外から帰ってくる度にブラッシングをするよう習慣づけて、靴を長持ちさせましょう。

クリーニングでお気に入りの靴を長持ちさせよう

まとめ

靴を長持ちさせるには定期的にお手入れをして、きれいな状態を保つことが大切です。

しかし、どんな靴でもジャブジャブ水洗いする訳にもいきません。

靴のお手入れで困ったことがあれば、クリーニングを利用してみましょう。

靴の扱いになれた職人が専用の洗剤を使って、諦めていた汚れもきれいにしてくれます。

お気に入りの靴を少しでも長く履きたい!そんな気持ちに答えてくれるのが靴のクリーニング。

定期的なメンテナンスの一環として、クリーニングを選択肢として持っておくと、いつまでもキレイな状態で靴を履き続けられる可能性が高まりますよ。