ジャンパークリーニング
初心者

ジャンパーをクリーニングに出そうと思うんだけど、いくらくらいかかるのかしら?そもそもこれってジャンパー?ブルゾン?

クリーニング上は「ジャンパー」ははっきり定義されていることが多いです。ですが「ブルゾン」は割と曖昧です。

というのもブルゾンの定義が広いんですね。ものによってジャケットになったりジャンパーになったりコートになったりと。

着丈が袖丈より短いという点は共通していますが、ジャンパーは英語、ブルゾンはフランス語。ジャンパーの中でもファッション性の高いものがブルゾン、などなど。ほかにもいろいろな定義が。

この記事ではジャンパーをメインにお話ししていきます。

ブルゾンのクリーニング料金をお探しで「手持ちの洋服がジャンパーじゃなさそうだ」でしたら以下の記事を参照してみてください。

ピックアップ【リネット】

単品で出せてコスパも高いリネットをピックアップ。初回利用なら全品30%OFFキャンペーン中。これから宅配クリーニングを始めてみたい!方には特におすすめです

料金例最短日数特徴
ジャンパー
1,892円
⇒1,324円
ウィンドブレーカー
1,133円
⇒793円
キルティングジャケット
2,024円
⇒1,417円
最短2日(※プレミアム会員)
最短7日(※通常会員)
初回全品30%OFF
・専用アプリで注文から受け取りまでラクラク
・再仕上無料、プレミアム会員なら全額返金保証つき

はじめに~衣類の種類と追加料金について

衣類の種類

ますはじめに、ジャンパーと間違えやすい衣類についてお話しますね。というのも、衣類の種類によってクリーニング料金が変わってくるからです。

MA-1のようにシンプルな洋服ならジャンパー以外のなにものでもないのですけれど、最近はデザイン性に富んだジャンパーも多いですよね。

そこで、まずはクリーニング店がどのように定義していて、どのくらい料金が変わるのかをおさえておきましょう。

間違えやすいのはウィンドブレーカー

ウィンドブレーカー

業者によって定義が異なる可能性がありますが、ここでは宅配クリーニング大手のリネットの定義をもとにお話ししていきますね。

まず、ジャンパーの定義ですが、

着丈が袖丈より短く、袖・裾がボタン/ゴム編みで裏地の付いている一般的なジャンパー、ブルゾンのデザインが該当します。

※ライダースジャケット(革素材除く)も「ジャンパー」扱いとなります。

※ジャケットのように薄手でも裏地がある場合は乾燥工程が異なるため「ジャンパー」扱いとなります。

裏地のないナイロン・ポリエステル素材のものは「ウィンドブレーカー」扱いとなりますのでご注意ください

ポイントは、「袖・裾がボタンやゴム編み」「裏地がある」という点ですね。MA-1や合皮のライダースがイメージしやすいと思います。

逆に、袖や裾が切りっぱなしや裏地がないタイプは「ウィンドブレーカー」になります。また、表地にキルティング加工がされているものは「キルティングジャケット」扱いになります。

気になる値段の違いは、

ジャンパー1,892円
ウィンドブレーカー1,133円
キルティングジャケット2,024円

800円近く変わってきます。クリーニングに出す前に、襟と袖、そして裏地の有無は確認しておきましょう。

パーカーと間違えることはないと思いますが、パーカー扱いになると料金は下がります。詳細は以下の記事を見てみてくださいね。

あと、ジャンパーの中でも「革ジャン」は別モノになります。革製品は特殊品扱いになり取扱できる業者が限られてきますので、革ジャンにつきましては以下の記事をご参照ください。

かかりやすい追加料金について

ジャンパー追加料金

シンプルなジャンパーなら問題ありませんが、デザイン性の高いジャンパーをクリーニングされるなら以下の3点をチェックしておきましょう。

  1. ボア・ファーフード
  2. 上質素材
  3. ハイブランド

いずれかにひっかかるようでしたら、チェーン店の多くはコースが変わったり、追加料金が発生します。下手をすると2~3倍の料金がかかりますので、利用前に電話で確認されるとよいでしょう。

後述しますが、宅配クリーニングのパックタイプなら、多くの業者で追加料金がかかりません。入口の金額だけで判断するのではなく、おすすめの業者も参考にしてみてくださいね。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

1.ボア・ファーフード

ボアや、フェイクファー・リアルファーのフードがついていると追加料金が発生する業者があります。

リネットを例にあげると、

ボア+1,100円
フェイクファーフード+1,100円
リアルファーフード+4,400円

割と無視できない追加料金が発生します。ボアやファーフードがついているジャンパーの場合は特に、追加料金がかからないパックタイプがおすすめです。

中でもリアルファーフードは取り扱える業者が少ないため、「取り外しできなければ追加料金なし」「取り外し可能なら+1点としてカウントされるだけ」のリナビスがおすすめです。

上質素材

ジャンパーにはカシミヤやシルクといった上質素材が使われることは少ないのですが、ポリウレタンが使用されていると上質素材扱いになることが多いです。

チェーン店だとおおむね1.5倍~2倍程度の価格になります。ポリウレタンが使用されている衣類は断られる業者もありますので、利用される前にチェックしておきましょう。

ハイブランド

プラダ、サンローラン、モンクレールのようないわゆる高級ブランドや、時価10万円を超えるような高級衣類の場合、追加料金がかかることがあります。

こちらもチェーン店に多く、おおむね1.5倍~2倍程度の価格に。

価格の問題だけでなく、大事な衣類はチェーン店だと情報が少なく不安になるもの。宅配クリーニングなら取扱ブランドの実績や保証など記載されている業者が多いですので、うまく活用して失敗のないクリーニング業者を選びたいですね。

まとめ

以外に追加料金が発生することが多いジャンパー。このあと価格についてお話しますが、シンプルで普段から着まわしているジャンパーならチェーン店など料金で選んで問題ないと思います。

ただし、上記3点いずれかに当てはまるようなら、宅配クリーニングも視野に入れられるとお得で質の高いクリーニングができると思います。

ジャンパーをクリーニング!46社比較で相場を知ろう

料金比較

安い順に並べていきます。料金のソースは各業者の公式ページです。

「チェーン」列に〇が入っているのはチェーン店、「パック」列に〇が入っているのはパックタイプの業者です。

大きな表になりますので、上位5社のみ表示し残りは折りたたんでおきますね。

※料金は税込です。またパックタイプは1点あたりの料金が最安となるコースの1点あたりの金額を記載しています。

業者料金チェーンパック
カーニバルクリーニング418円
ホワイト急便500円
美服パック732円
フランス屋783円
ポニークリーニング792円

業者によって大きくバラつきはありますが、46社の平均は、1,328円。おおむね1,300円くらいが相場と言えそうです。

クリーニング料金としては、安くもなく高くもなく。中くらいの料金になります。

このくらいの料金ですと、パックタイプも視野に入ってきます。

宅配クリーニングが初めての方や利用に不安を感じる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

ジャンパーをクリーニング!おすすめ3社をピックアップ

おすすめの3業者をピックアップします。どの業者が優れているというよりも、お手持ちのジャンパーや目的に応じてうまく使い分けしてみましょう。

  1. リネット

    ジャンパー:
    1,892円⇒1,324円(初回利用時)(税込)
    送料:
    初回利用なら無料
    価格5.0
    品質4.0
    スピード5.0
    タイプ個別
    最短納期2日
    取扱ブランドハイブランド多数
    上質素材+220円
    ボア+1,100円
    フェイクファーフード+1,100円
    リアルファーフード+4,400円

    管理人のレビュー

    個別タイプのため一点から出せるのがリネットの強みです。初回利用なら全品30%OFFキャンペーン中のため、格安でクリーニング可能。最短2日というスピード感もポイントの一つ。保証が充実しているためハイブランドも任せられますが、追加料金がかかりやすいためシンプルなジャンパーにおすすめです

    詳細はコチラ

  2. フランス屋

    5点:
    7,348円(1点あたり1,470円)(税込)
    10点:
    9,548円(1点あたり955円)(税込)
    15点:
    11,748円(1点あたり783円)(税込)
    送料:
    無料
    価格5.0
    品質3.0
    スピード4.0
    タイプパック
    最短納期5営業日
    取扱ブランド記載なし
    上質素材無料
    ボア無料
    フェイクファーフード無料
    リアルファーフード取扱なし

    管理人のレビュー

    コスパの高さが売りのフランス屋はパックタイプです。5点~しか出せないのが難点ですが、この価格帯で静止乾燥、染み抜き無料、再仕上無料、付属品無料と、普段使いのジャンパーを出すなら隙がありません

    詳細はコチラ

  3. リナビス

    3点:
    7,590円(1点あたり2,530円)(税込)
    5点:
    9,450円(1点あたり1,890円)(税込)
    10点:
    13,500円(1点あたり1,350円)(税込)
    20点:
    22,200円(1点あたり1,110円)(税込)
    送料:
    無料
    価格4.0
    品質5.0
    スピード4.0
    タイプパック
    最短納期5営業日
    取扱ブランドハイブランド多数
    上質素材無料
    ボア無料
    フェイクファーフード無料
    リアルファーフード無料(取り外し可能な場合1点としてカウント)

    管理人のレビュー

    高品質クリーニングのリナビスもパックタイプです。フランス屋と比較するとやや高めですが、ハイブランドに強いのがリナビスの特徴。なんといってもリアルファーにも対応している数少ない業者の一つです。保管も12か月無料のため保管サービスの利用を検討している方にもおすすめです

    詳細はコチラ

まとめ

単品で出したいならリネット、普段使いのジャンパーならフランス屋、ハイブランドやリアルファー付きのジャンパーを出したいならリナビス、といった具合に使い分けをされるとよろしいかと思います。

保管サービスの利用を検討されているなら、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

まとめ

ジャンパーのクリーニング料金の相場は、おおむね1,300円くらいです。表で見ていただいたとおり、業者によって値段に大きく開きがあるのが特徴です。

また、チェーン店は店舗によって価格が異なることが多いため、クリーニングに出す前に電話か店頭で確認されるのが確実です。

他にもクリーニングに出したい洋服があるようでしたら、パックタイプも視野に入れるとお得にクリーニングができますよ。