パーカークリーニング

部屋着にも外出着にも便利なパーカー。部屋着なら洗濯機でガンガン洗えば良いのですが、外出着となるとそうもいきません。

下手に洗うと色落ちしたりプリントがはがれてしまったり。お気に入りのパーカーがダメになるところなんて想像もしたくないですよね。

そこでクリーニング。とはいえ、あまりお金はかけたくないものです。

では、もっとも安くパーカーをクリーニングできる業者はドコなのでしょうか?

はじめに~衣類の種類をおさえておきましょう

パーカーというとなんとなく、コットンやウール、ジャージ素材のパーカーを思い浮かべると思います。トレーナーにフードがついているイメージです。

それは正しいんですね。クリーニング業者でも、それらをパーカーとして扱うことが多いです。ですが、

パーカー扱いでなくなる可能性のある衣類
  • ナイロンパーカー
  • マウンテンパーカー
  • フード付きジャンパー

上記は、実はパーカーではなく「ジャンパー」として扱ったり「ウィンドブレーカー」として扱ったり。業者によってさまざまです。

気になるクリーニング料金は、パーカーのほうが安いです。

なので、「パーカーだと思って出したらジャンパー扱いになってクリーニング代を多く取られた!」なんてことが起こりえます。

参考までに、宅配クリーニング大手リネットの定義を記載しますと、

表地がジャージー・裏地がパイル地やフリース地を使っているトレーナー、パーカーが該当します。
※パーカーとはトレーナーの首の根元にフードのついたものです。

裏地にパイル地・フリース地を使っていないものは、「ジャージ上」扱いとなりますのでご注意ください。

ジャージ素材は、そのままですね。ジャージの表地に使われているような素材です。

パイル地はタオルのようなものを想像してもらえればよいかと思います。はたまた普段使いのトレーナーの裏地を見ていただければ。

ナイロンパーカーの場合ですと、ジャンパーorウィンドブレーカーになります。ジャンパーの定義は、

着丈が袖丈より短く、袖・裾がボタン/ゴム編みで裏地の付いている一般的なジャンパー、ブルゾンのデザインが該当します。

※ライダースジャケット(革素材除く)も「ジャンパー」扱いとなります。
※ジャケットのように薄手でも裏地がある場合は乾燥工程が異なるため「ジャンパー」扱いとなります。

裏地のないナイロン・ポリエステル素材のものは「ウィンドブレーカー」扱いとなりますのでご注意ください。

気になる料金の違いは、

パーカー系衣類のクリーニング料金
  • パーカー:700円
  • ジャージ上:1,030円
  • ジャンパー:1,720円
  • ウィンドブレーカー:1,030円

結構変わってくるんですね。他の業者も似た感じになりますので、パーカーをクリーニングされる際はご注意ください。

パーカーのクリーニング相場を知ろう!比較する業者は8社!

お待たせしました。では価格比較にまいりましょう。料金のソースは各業者の公式ページです。

普通のパーカーとナイロンパーカーのクリーニング料金。そして仕上がりまでの日数を表にしています。

「ナイロン」列には、先にお話ししたうちの「ウィンドブレーカー」の料金を記載しています。ジャンパーは別途記事を記載していますので、そちらをご参照ください。

クリーニング業者パーカーナイロン日数
ホワイト急便400円610円即日
白洋舎600円900円即日
ネクシー690円1,000円6日
リネット700円1,030円2日
せんたく便798円798円5営業日
リナビス990円990円5営業日
プラスキューブ1,300円1,300円6日
キレイナ2,800円2,800円10日

普通のパーカーについては、チェーン店が強いですね。

ナイロンパーカーはやや料金が高め。そのためナイロンパーカーをクリーニングに出されるならパックタイプが視野に入ってきます。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

パーカーをクリーニングに出すならオススメはココ!

オススメはネクシーです。

ネクシー

最近は洗濯ハカセのほうが有名になってしまった感のあるネクシーですが、実はクリーニングの老舗であり創業からなんと80年。

料金はぐっとおさえられていますがコスパがとても良い業者です。

シミ抜きやほつれ直しといった細かなサービスはもちろんのこと、上質素材や後述する装飾品で追加料金がかかりません

これは個別タイプだとすごく珍しいんですよね。

プリモ会員(有料会員)になればさらに10%OFFです。解約はほぼペナルティなし(3ヶ月有料会員になれないだけ)のため、利用されるなら加入しておきましょう。

極めつけは、自然乾燥メインのため、洋服へのダメージが最小限になること。特にパーカーの場合、気になるプリント。

下手に乾燥機でブン回されてしまうと、はがれないまでもかなりのダメージがプリントにかかります。そういった心配をしなくていいのがネクシーです。

相談しだいでは壊れかかったファスナーも補修してもらえるかもしれません。そのあたりの問い合わせに柔軟に対応してくれるのもこの業者の特徴。

普段使いのシンプルなパーカーならチェーン店に出されたほうが安くなるかもですが、余所行きやお気に入りのパーカーはネクシーがオススメですよ。

パーカーをクリーニングに出す際の注意点

注意点

注意点は3つあります。

  1. 装飾品に注意
  2. シーズンオフ前にはクリーニング!
  3. 外国表記の洗濯表示

では、それぞれ見ていきましょう。

装飾品に注意!

装飾品

シンプルなパーカーなら問題ないのですが、装飾品がいっぱいついているパーカーは追加料金が発生する可能性がありますのでご注意を。

装飾品は、

追加料金がかかりがちな装飾品
  • ビーズ
  • ラメ
  • スパンコール
  • ビジュー

などですね。プリントは装飾品に入りませんのでご安心ください。

ですが、プリントや装飾品の寿命は2~3年と言われています。それ以上経過している場合、いつ剥がれてもおかしくないんですね。どんなに腕のいいクリーニング店にお願いしても、そのリスクはつきまといます。

お気に入りの洋服であればこそいつまでも同じ状態で着続けたい気持ちはわかりますが、プリントや装飾品についてはそうもいかない、ということを頭の隅にでも置いておいて頂ければと思います。

シーズンオフ前にはクリーニング!

シーズンオフ

パーカーは襟や袖に皮脂や汗がつきやすい洋服です。放っておくとどうなるかっていうと、そうですねアレです。

黄ばみやカビ

汚れてないからそのまましまっておくかー、なんてタンスに仕舞っておくと、いざ着ようと思ったときに黄ばみ発見!なんてことになりかねません。

なので、少なくとも「当分着ないかなー」となったときがクリーニングのタイミング。そのシーズンについた皮脂や汗はしっかりと落としてからしまいましょう。そうすることで長持ちすること間違いなしです。

外国表記の洗濯表示

外国表記

パーカーはインポートものが人気です。supreme(シュプリーム)とか特に人気ですよね。かっこいいです。

気をつけたいのが、外国表記の洗濯表示はおことわりな店が多いということ。

2016年12月から洗濯表示が世界共通のモノになりましたから、これからはそういう店少なくなるとは思いますが、まだ浸透してないんですよね。

近所の店で「うちでは扱ってないんだよねー」と言われたなら、ご紹介している宅配クリーニング業者をあたってみてください。いずれも外国表記の洗濯表示はOKです。