ダウンクリーニング日数

ダウンを自分で洗濯されたことがある方ならわかると思いますが、乾燥にすごい時間がかります。

十分に乾燥させないとぺしゃんこになったり、ダウンが中でダマになったりしちゃうんですよね。

では、クリーニングに出した場合、どのくらい時間がかかるのでしょう?また、最速で仕上げてくれるのは?

そんなわけで、クリーニング業者のダウン仕上がり日数を見ていきましょう。

ダウンのクリーニング期間ってどのくらい?23社で比較!

仕上がり日数のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「公式ページTOP」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

公式サイトに記載されていない業者は、実際に電話をして確かめました。

ちなみにダウンのクリーニング日数は、公式や店舗のページに記載されていないことが多いです。乾燥に特に時間がかかるため、一般的な洋服より時間がかかっちゃうんですね。

そのため、電話をかけまくる羽目になりました(笑)。だいたい2/3くらいの業者に電話をかけて確認しています。

そうやって頑張って調査したわけですが、ダウンって店舗や時期によって仕上がりまでの日数が変わることが多いです。特にチェーン店。ですので、あくまで参考までに。

では、いざ比較!日数だけでなくダウンジャケットのクリーニング料金も記載していますので、あわせてご参照ください。

業者値段日数詳細
カーニバルクリーニング1,200円2日詳細
うさちゃんクリーニング1,933円2日詳細
クリーニングピュア1,600円3日詳細
ポニークリーニング1,600円3日詳細
タカケンクリーニング1,800円4日詳細
リアクア2,600円4営業日詳細
リネット2,850円5日詳細
クリラボ1,090円~5日詳細
せんたく便698円~5営業日詳細
リナビス940円~5営業日詳細
ネクシー2,500円6日詳細
クリーニングルビー2,800円7日詳細
ピュアクリーニングプレミアム3,000円7日詳細
カジタク900円~7日詳細
プラスキューブ1,300円~7日詳細
ピュアクリーニング1,800円7日詳細
白洋舎2,100円7日詳細
ノムラクリーニング2,450円7日詳細
ホワイト急便2,480円9日詳細
フランス屋533円~9日詳細
スワロークリーニング1,650円10日詳細
洗宅倉庫699円~10日詳細
キレイナ7,000円10日詳細

カーニバルクリーニングとうさちゃんクリーニングが最速の2日。いずれもチェーン店で、お店に電話をかけて確認しています。

ちょっと早すぎる感ありますが、さすがにドラム乾燥(コインランドリーにあるような洋服がグルグル回る乾燥機)は使用していないと信じましょう。

ダウンを自然乾燥で2日は無理だと思いますので、おそらく静止乾燥(サウナに洋服を吊るしているイメージ)されていると思います。

他はおおむね、4日~という感じですね。

乾燥に時間がかかる分、ダウン製品は、普通のコートより時間がかかってしまうとの回答でした。

ダウンのクリーニングはある程度日数がかかるほうが安心できる

ダウンの乾燥って本当に時間がかかります。中綿を傷めないように配慮するならなおさらです。

ダウンのクリーニングトラブルの大半は乾燥です

乾燥不足により

  • ダウンがぺしゃんこ
  • ダマになっている
  • 変な匂いがする

といった事態が引き起こされます。

また、無理に乾燥させようと乾燥機でぶん回してしまうことにより、生地が傷んだり、中綿がうまく乾燥しなかったり偏ったりダマになっちゃったり。

こういったトラブルが発生しちゃうんですね。

なので、ある程度時間がかかる業者のほうが信頼できるわけです。

4日以上かかるということは、それだけしっかりと乾燥に時間をとってくれている、というわけでして。

ただ、手間がかかる分お値段は高くなります。先ほどの表を見ていただくとわかるとおり、個別タイプの業者ですと、一般的なコートよりもクリーニング代は高いです。

そのため、ダウンは特にパックタイプの業者がオススメになります。

初心者

パックタイプは、パックによって値段が決まっているタイプです。たとえば5点パックなら、どんな洋服を5着入れても5,000円といったイメージですね。もう少し詳しいお話は、以下の記事を参照してみてくださいね。

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

クリーニング料金の詳細は、別記事に記載していますのでご参照ください。ジャケットとコートで値段が変わりますから、それぞれご紹介しておきますね。

ダウンジャケットのクリーニング料金を比較!最安値は?

ダウンコートのクリーニング料金を比較!最安値は?

ダウンのクリーニング頻度ってどのくらいがいいの?

パックタイプを利用すれば安くクリーニングできるとはいえ、最安でも500円以上、5点以上の洋服とセットで出す必要があります。個別タイプですと1,000円以上。

また、仕上がりまでの日数も4日以上。

ちょっと、ポンポンクリーニングに出せる洋服ではないですよね。

クリーニングの目安としては、

1シーズンに一回

がベストでしょう。

よほど目立った汚れがついてしまったり、運動などで毎日着るようなへヴィローテーションをしていない限りは、1シーズンに1回で良いと思います。

あまり頻繁にクリーニングに出すと、どんなに丁寧に洗いをしても、やはり傷みが早くなってしまいます。

もっともよい方法は、クリーニング保管サービスを利用してしまうこと。

春先になり、これから先は当分着ないなーってなったときに、クリーニングに出してしまいます。

そしてそのまま保管してもらいましょう。

多くのクリーニング業者が保管サービスを行っていますから、クリーニングに出すついでに、半年~9ヶ月ほど保管してもらっちゃいましょう。

そうすれば場所も取りませんし、カビや虫食いの心配からも解放されます。下手にたたむと、シーズンが来たらぺしゃんこになってた、なんてこともありえますし…。

そして、着るシーズンがやってきたら配送してもらう。配送時に再クリーニングしてくれる業者も多いですから、本当にピカピカなダウンを着ることができるわけですね。

保管サービスについては、別途オススメを記載していますので、よろしければご参照ください。

宅配クリーニング保管サービスランキング!人気なのはドコ?

ダウンのクリーニング期間についてのまとめ!

繰り返しますが、ダウンは乾燥に時間がかかります。そのため、即日対応は無理があります。

可能な業者さんは可能なだけの理由があります。

大切なダウンをダメにしてしまって泣かないために。

ダウンは早め早めのクリーニングを心がけましょう。