WEBショップの「ココデカウ」が提供する、宅配クリーニング。

コクヨグループのフォレスト株式会社が、クリーニング大手の”ホワイト急便”と提携して行っているサービスです。

今現在東京23区限定のサービスですので、その分他にはない特別なサービスがあります。ココデカウの宅配クリーニングをリネットといろいろな面から比較してみましょう。

リネットを評価!評判と口コミから見える実力とは?

ココデカウとリネットのクリーニング料金を比較してみる!

ココデカウとリネットの料金を比較してみましょう。クリーニングによく出す衣類をいくつかピックアップしてみました。

 洋服 ココデカウ リネット
ワイシャツ ¥183 ¥195
スーツ(上着) ¥352 ¥750
スーツ(下) ¥352 ¥1,000
ブラウス ¥183 ¥410
ワンピース ¥352 ¥930
コート ¥907 ¥1,700
ダウンジャケット ¥907 ¥2,130
スキー・スノーボードウェア(上) ¥2,718 ¥2,220
スキー・スノーボードウェア(下) ¥1,809 ¥1,460

※料金はすべて税抜になります。

ココデカウのクリーニング料金の安さが際立っていますね!ココデカウは料金設定が大まかに設定されています。

例えば、ジャケット(上着)、ズボン、スカート、セーター、Tシャツ、トレーナー、ワンピースがすべて一律\352となっています。日常使いのクリーニングに嬉しい価格設定です。

リネットはココデカウと比べると料金が高めになりますが、プレミアム会員になるとこの料金でプレミアム仕上げ(シミ抜き、毛玉取りなど)でクリーニングしてくれますので、ちょっと衣類のお手入れもしてほしい、そんな時にリネットにお願いするといいですね。

ココデカウとリネットの仕上がり日を比較!早いのはどちら?

ココデカウとリネットの仕上がり日数を比較してみましょう。

ココデカウは、料金がプラスになりますがクリーニングを申し込むときに”スピード”を選択すると、なんとクリーニングに出してから1日で仕上げて、家まで届けてくれます。

例えば、このスーツ、ワイシャツを木曜日に使いたいので、火曜日の仕事後19時から22時に家に集荷に来てもらって、水曜日の同じ時間に家でクリーニング品を受け取る、なんてことが可能です。

急いでいるときに嬉しいサービスです。

リネットはプレミアム会員になると、追加料金なしで最短で2日で届けてくれます。金曜日の夜にクリーニングに出して、日曜日の夜に受け取ることができる、という事ですね。

また都内23区限定ですが、追加料金を往復\500払うと、21時から24時でも集荷に来てくれ、仕上がり品を届けてくれる「夜間便」のサービスがあります。

仕事の帰りが遅くなってクリーニングを出すことができない、そんな人は助かりますね。

ココデカウとリネットの仕上がり人数を比較してみました。クリーニングの仕上がりは、ココデカウが仕上がり1日で早い!という結果でした。

ココデカウとリネットの保管サービスを比較してみる

今や宅配クリーニングで定着してきた感のある、衣類の保管サービス。クローゼットにあふれてしまう季節外れの衣類を、次使うシーズンまで預かってくれるサービスです。

ココデカウ、リネット、それぞれ独自の保管サ―ビスを提供しています。これを比較してみましょう。

ココデカウ

ココデカウの保管サービスは1点から申し込むことができ、最大9ヶ月預かってくれます。しかも、他の衣類とクリーニングをお願いして、その中の1点だけ保管をお願いするという事も簡単にできます。

料金は通常のクリーニングに少しプラス。例えばコートのクリーニング代\907、保管サービスを付けると\1,463になります。預けた衣類を「マイ・クローゼット」画面で確認することができるので、どの衣類を預けたか忘れてしまう事がありません。

リネット

リネットの保管サービス「リネット保管」をみてみましょう。リネット保管には2コースあります。

「プレミアムクローク」では、プレミアム仕上げのリネットのクリーニングをした後に最大8ヶ月保管します。衣類”7点コース”で\8,400(税抜)ですから1点当たり\1,200です。

ただしいつでも保管サービスを受け付けているのではなく、保管サービスの受け付けは3月1日から7月31日まで。返送期間は9月1日から11月30日になります。冬物を預かってくれる保管サービス、と考えるといいようです。

ココデカウとリネットの保管サービスを比較してみました。1点からいつでも保管サービスを申し込むことのできる手軽さではココデカウが便利ですね。コートなど大きいものをお願いするならリネットの保管サービスの方が、料金がお得になります。

ココデカウとリネット、送料はどうなっているの?

宅配クリーニングで気になるのが送料。ココデカウとリネットの送料を比較してみましょう。

ココデカウは1回の注文が\1,000(税抜)以上で送料が無料になります。

クリーニングの注文が\1,000行かなくても、一緒にココデカウで扱っている商品、例えばビール、おつまみなどを注文して合計\1,000以上になると、送料が無料になります!

水1,5ℓのボトルなど重いものを一緒に注文するのもいいですね。

リネットは、通常会員で送料\980、プレミアム会員になると1回の注文\2,400(税抜)以上で送料が無料になります。これは段ボールもしくは紙袋1個で衣類を送った場合の料金ですから、できるだけ1つにまとめて送るのがコツです。

ココデカウとリネットの送料を比較してみました。送料はココデカウが安いですね!しかも他の商品を合わせて\1,000以上の注文で送料無料になりますから、クリーニングが1点だけでも日用品を一緒に注文して送料を無料にすることが可能です。

まとめ

ココデカウの宅配クリーニングとリネットを比較してみましたが、いかがでしたか?ココデカウの1日で仕上げてくれるサービスは、急いでクリーニングをお願いしたいけれどもお店に行く時間がない人に助かるサービスです。リネットの通常のクリーニングで行っているプレミアム仕上げは、クリーニングだけでなくシミ抜き、毛玉取りもしてくれるので、衣類がよみがえるうれしいサービスです。

それぞれの特徴をよく理解して、賢く宅配クリーニング店を選びましょう。