子供服クリーニング

子供が元気なのはとても良いことなのですが、やっぱり汚れちゃいますよね。普段着なら家で洗えば良いのですが、ちょっとしたブランドモノや余所行きの服、発表会の服などはできればクリーニングに出したいところ。

でも…長くは着れないからクリーニング代は安いほうがいいな…っていうのが本音ですよね。とはいえ、安かろう悪かろうの業者ですと家で洗濯したほうがマシだった!なんてことにもなりかねません。

そこで、子供服をクリーニングするならコスパに優れた業者はどこなのか調べてみました!ベビー服も多くの業者では子供服の料金でクリーニングに出すことができます。詳細は別に記事を用意しています。よろしければご参照ください。

はじめに~子供服割引について知っておきましょう!

はじめに

早速、料金比較!といきたいところですが、そのまえに重要な子供割についておさえておきましょう。一般にクリーニング業者では、

ここがポイント!

140サイズ以下の洋服を子供服として扱います

サイズがわからない洋服、たとえば手編みや直輸入品などは子供服扱いになりませんのでご注意を。次に、どのくらい割引されるか?なのですが、コレはクリーニング業者によって異なります。目安としては、

20%~66%OFF

全く割引がないお店もありますので、コスパを考えると子供割があるお店を選択したいところです。まずは、ご紹介するクリーニング業者10社の割引率をざーっと一覧にしておきますね。

「チェーン」列に〇が入っているのはチェーン店、「パック」列に〇が入っているのはパックタイプの業者です。

初心者

このサイトでは、5点7,500円のように点数ごとに料金が決まっている業者を「パックタイプ」と呼んでいます。この場合、1点あたり1,500円ですね。詰め放題って呼んでる業者もあります。逆にワイシャツ150円、コート2,000円のように衣類ごとに値段が変わる業者を「個別タイプ」と呼んで区別しています。お近くのクリーニング屋さんなんかもこのタイプですね。

業者 割引率 チェーン パック
リコーベ 66%OFF
リナビス 50%OFF
ヤマトヤクリーニング 50%OFF
キレイナ 50%OFF
リネット 30~40%OFF
白洋舎 30~40%OFF
ネクシー 20%OFF
クリーニングピュア 20%OFF
ホワイト急便 200円OFF
ラクリ なし

子供服のクリーニング料金が半額になる業者が10社中4社。これはお得ですね。うまく使っていきたいところです。

注意点としましては、

チェーン店はお店によって料金が異なるケースが多い

チェーン店の代表としてホワイト急便と白洋舎、クリーニングピュアを挙げていますが、大手チェーンのホワイト急便、白洋舎、どちらも公式に子供服に関する記述はありませんでした。そのため、電話して確認しています。

お店によっては子供割がないお店もあるかもですので、チェーン店を利用される際は、お近くのお店に電話するか持ち込まれるのが確実かと思います。

目を引くのはパックタイプの上位3社「リコーベ」「リナビス」「ヤマトヤクリーニング」です。子供割50%OFFはなかなかに強力ですね。

「リコーベ」は子供服なら3点で1点としてカウント、「リナビス」「ヤマトヤクリーニング」は2点で1点としてカウントします。そのため、値引き率が高いんですね。

次点で割引率が高い高級クリーニングのキレイナですが、この業者のみ「子供サイズは100サイズ以下」と定義していることに注意しましょう。

子供服のクリーニング料金は?10社比較で相場を知ろう!

子供服のクリーニング料金比較

お待たせしました。では、価格比較にまいりましょう!クリーニング料金の比較は代表的な子供服である

  1. スーツ上下
  2. ワンピース
  3. ダウン

の3種類についてお話します。

料金は税抜きです。またパックタイプは1点あたりの料金が最安となるコースの料金を記載しています。

子供用スーツのクリーニング料金比較!

子供スーツ

業者 料金 チェーン パック
リコーベ 770円
クリーニングピュア 800円
ホワイト急便 850円
ヤマトヤクリーニング 855円
リナビス 990円
リネット 1,120円
白洋舎 1,260円
ネクシー 1,344円
ラクリ 1,560円
キレイナ 3,000円

全10社の平均価格は、1,255円。高級クリーニングであるキレイナを除いた平均は1,061円。だいたい1,100円くらいが相場といえそうですね。

スーツはシンプルなモノが多いため、追加料金を気にする必要はないでしょう。そのため、料金の安さで選べばOKかと思います。リネットの初回割引が優秀ですので、

クリーニング店の選び方
  • リネットをまだ利用したことがない方はリネット
  • 近くにお店がある方はホワイト急便
  • 他に出したい洋服がある方はリコーベ

という使い分けでよろしいかと。

スーツは礼服との違いに注意

スーツと礼服の違い

お子さんがスーツを着られる機会って、冠婚葬祭や入学式などのイベント時に限られます。そのため、実はスーツではなく礼服だった、ということが割と多いんですね。特にブラックフォーマル系です。

子供服のスーツは、大人モノと比較すると礼服かスーツかって見わけがつきづらいのですが、注意点としましては、礼服扱いになるとクリーニング料金が跳ね上がる。このあたりは、大人用礼服の記事を参考にして頂ければ。

迷われるようでしたら、スーツと礼服の料金が変わらない「リネット」かパックタイプの業者をオススメします。

子供用ワンピースのクリーニング料金比較!

子供用ワンピース

業者 料金 チェーン パック
リコーベ 385円
ヤマトヤクリーニング 428円
クリーニングピュア 480円
リナビス 495円
ホワイト急便 650円
ラクリ 780円
リネット 860円
白洋舎 910円
ネクシー 920円
キレイナ 2,500円

全10社の平均価格は、841円。高級クリーニングであるキレイナを除いた平均は656円。だいたい700円くらいが相場といえそうですね。

ワンピースはスーツと比較するとちょっと注意が必要な洋服でして。というのも、ワンピースは追加料金がかかる可能性が高いんですね。ポイントは、

クリーニングに出す前の注意点
  • 礼服ワンピース・パーティドレス扱いにならないか
  • 上質素材(シルクなど)は使われていないか?
  • 装飾品(フリル・プリーツなど)はついていないか?

シンプルな普段使いのワンピースなら問題ないんですけどね。発表会や各種イベントに参加するときに着る高級なワンピースは注意が必要です。このあたりは大人モノのワンピースとチェックポイントは同じになります。詳しくは以下の記事をご参照ください。

スカートでもそうなのですが、ワンピースのプリーツが気になる方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

子供用ワンピースのおすすめ業者

ワンピースおすすめ

イチオシはリナビス。パックタイプのため3点~しか出せないのが難点ですが、

おすすめポイント
  • ワンピースでもドレスでも料金が変わらないため衣類の種類を気にしなくていい
  • 上質素材・装飾品の追加料金ナシ
  • 3点パック(子供服なら6点)を扱っているため少量でも出しやすい

次点でおすすめなのはネクシー。個別タイプのため1点から出せるのが強み。初月無料のプリモ会員になれば、さらに10%OFFされます。

また、ネクシーは個別タイプには珍しく上質素材や装飾品で追加料金がかかりません

ただし衣類の種類は区別しています。間違えがちな子供用ワンピースの料金は、

ネクシーの子供服料金
  • ワンピース:920円
  • 礼服ワンピース:1,080円
  • パーティドレス:2,400円

結構なお値段変わってきます。公式の「女性物の礼服とスーツやワンピースの定義」から確認されるか、メールに画像を添付して確認されるのがベストでしょう。

子供用ダウンのクリーニング料金比較!

子供用ダウン

一言にダウンといっても、実はダウンジャケットとダウンコートで料金に違いがあります。簡単な見分け方は着丈が袖丈より長いかどうか

着丈のほうが長ければダウンコート、短ければダウンジャケット扱いになります。ただし業者によって定義が異なる場合がありますのでご注意を。

ダウンジャケット・ダウンコートそれぞれについて料金を記載しますね。

ダウンジャケット

ダウンジャケット

業者 料金 チェーン パック
リコーベ 385円
ヤマトヤクリーニング 428円
リナビス 495円
ラクリ 780円
ホワイト急便 1,280円
白洋舎 1,470円
クリーニングピュア 1,600円
リネット 1,990円
ネクシー 2,000円
キレイナ 5,000円

全10社の平均価格は、1,543円。高級クリーニングであるキレイナを除いた平均は1,159円。だいたい1,200円くらいが相場といえそうですね。

ダウンコート

ダウンコート

業者 料金 チェーン パック
リコーベ 385円
ヤマトヤクリーニング 428円
リナビス 495円
ラクリ 780円
クリーニングピュア 1,680円
リネット 2,200円
ホワイト急便 2,280円
ネクシー 2,400円
白洋舎 2,590円
キレイナ 5,000円

全10社の平均価格は、1,824円。高級クリーニングであるキレイナを除いた平均は1,471円。だいたい1,500円くらいが相場といえそうですね。

ダウン衣類まとめ

ダウン衣類まとめ

ダウン衣類は一般衣類の中でもっともクリーニング代がかさむ洋服の部類になります。そのため、1点あたりの価格が固定されているパックタイプを利用したいところです。

普段の汚れは洗濯で落としていき、衣替えのシーズンなどにご家族の衣類とまとめてクリーニングに出すとお得にクリーニングできます。衣替えのクリーニングなら、半年から1年保管してくれる保管サービスも視野に入ります。

クローゼットを占領しがちな冬物を専用の倉庫で預かってもらえると、衣替えがぐっと楽になりますよね。リナビスのように保管サービスが無料の業者も増えてきていますので、うまく活用していきたいところです。

番外編~子供の浴衣のクリーニング料金比較

子供浴衣

これから夏にかけて、お子さんが浴衣を着る機会が増えてきます。ひょっとしたら去年使った浴衣をクリーニングされていない方もおられるかも。

そこで、子供の浴衣のクリーニング料金にも触れておきますね。ご自身の浴衣や帯のクリーニングなど、大人の浴衣は以下の記事をご参照ください。

業者 料金 チェーン パック
ヤマトヤクリーニング 428円
リナビス 495円
ホワイト急便 600円
ラクリ 780円
クリーニングピュア 800円
ネクシー 1,440円
キレイナ 1,500円
白洋舎 1,750円
リネット 3,100円

リコーベは浴衣は取り扱っていませんので全9社の平均価格は、1,210円。高級クリーニングであるキレイナを除いた平均は974円。だいたい1,000円くらいが相場といえそうですね。

せっかくの夏のイベント。綺麗な浴衣で目いっぱい子供たちには楽しんでほしいですね。汚されてしまう可能性も高いですが(笑)。

子供服をクリーニングするならオススメは?

リナビス

おすすめはリナビスです。

高級パックタイプに搭載されている無料サービスは標準でついてきます。

無料サービス
  • シミ抜き無料
  • 再仕上無料
  • ボタン修理無料
  • 毛玉取り無料
  • ほつれ直し無料

パックタイプのため、点数が増えるほど1点あたりの利用料金は安くなります。子供服のみで出したとすると、

3点 820円
5点 855円
10点 585円
20点 495円

一見するとリコーベのほうがコスパが高くて良さそうなのですが、

ここがポイント
  • 取扱除外品が少ない(コート・ダウン・ドレス・浴衣もOK)
  • 抗菌・シワ予防・毛玉防止加工つき
  • 3点(子供服なら6点)から出せるため利用しやすい

という強みがあります。特に「抗菌・シワ予防・毛玉防止加工」がついてくるのはうれしいですよね。

シミ抜きやボタン修理、ほつれ直し無料もそうなのですが、お子さんはどうしても汚しがち。そういったリスクを低コストでカバーしてくれるのはありがたいです。

上質素材や装飾品での追加料金もかかりませんので、洋服をいちいちチェックしなくていい利便性の高さも高評価。

できれば1点あたりの価格がぐっと下がる10点パック以上を利用したいところですが、出す衣類が少ない時に3点パックが使えるのも便利ですね。

コスパ、品質と利便性の高さからおすすめはリナビスです。

パックタイプ利用時の注意点

まとめ

多くのパックタイプはクリーニングに時間がかかります

初回利用ですと、キット送付⇒集荷⇒クリーニング⇒発送⇒受取という手順を踏むことになり、どうしても時間がかかってしまいます。

そのため「着用前の洋服」をクリーニングするのには向きません。「来週発表会があるからワンピース1点だけクリーニングに出したい」といった感じですね。こういった場合は、多少高くなる可能性を考えてもチェーン店や、最速2日でクリーニングできるリネットにクリーニングに出したほうがトータルコストはかかりません。

できる限り時間に余裕をもってクリーニングに出したいですね。

また、パックタイプ共通で着物など特殊品のクリーニングは不可です(浴衣はOK)

七五三や入学式などで着用した着物は、リネットなど特殊品を扱っているクリーニング業者を利用しましょう。

子供服ならオークションやフリマも活用しましょう!

オークションフリマ

可愛い洋服はいつまでも着続けてもらいたいモノです。でも、子供はやっぱり成長しちゃうんですよね。喜ばしいことなのですが、どうしても服のサイズが合わなくなってしまいます。

着れなくなった服も思い出として持っておきたい、その気持ちはよくわかります。でも、どうしてもスペースの関係上、いつまでも置いておくわけにはいかないんですよね。

であれば、合わなくなってしまった洋服は別の家庭で大切に着てもらいましょう。着れなくなった服、でも、それを必要としてくれている人がいる、ってなんだか素敵ですよね。

そこで便利なのが「オークション」や「フリマ」です。

出品して落札してもらって、送ってあげる。最近はCMでも有名になりましたし、すごく便利で簡単です。ざっくりとした「フリマ」と「オークション」の違いは、

フリマとオークションの違い
  • どんどん値切られるのがフリマ
  • どんどん値段が上がっていくのがオークション

といったイメージでよろしいかと(笑)。そのため、「メルカリ」などのフリマを利用される際は、ちょっと高めに値段をつけておくのがコツです。交渉が来たら、ここまでならOKという値段まで引き下げてあげれば、割とあっさりと落札してくれます。

着れなくなってしまった洋服をリユースすることで、別の誰かに喜んでもらえる。手に入ったお金でクリーニングをしたり、新しい洋服を買ってあげたり。

「オークション」や「フリマ」をうまく使いながら、子供との大切な時間を素敵な洋服で過ごしていきたいですね。