カーニバルクリーニング

カーニバルクリーニング公式ページはコチラ

「株式会社カーニバル」が運営し、京都をメインに近畿全般に展開している「カーニバルクリーニング」。

京都では知らない人がいないくらい知名度が高いそうです。

実際に調べてみてわかりましたが、これは「ヤバイ」。

公式がネットクリーニングくらい充実していますし、なにより安いです。

でも、どのくらい良いのかって比較してみないとわからないわけでして。

そこで、宅配クリーニング最大手の「リネット」と「カーニバルクリーニング」を比較してみました。

リネット詳細ページ

カーニバルクリーニングVSリネット

カーニバルクリーニングとリネットを、以下の6項目について比較していきます。

  • 料金
  • クリーニング可能衣類
  • 仕上がり日数
  • 品質
  • 利便性
  • キャンペーン、継続特典など

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

注意点として、チェーン店の多くがそうなのですが、

料金や営業時間、仕上がりまでの日数が店舗によって異なる

という点ですね。カーニバルクリーニングも例外ではなく。

そのため、「本店」をベースに比較していきます。実際に利用される際は、公式ページにてお近くの店をご確認ください。

料金を比較

代表的な衣類、「ワイシャツ」「スーツ上下」「コート」の3種類について見てみます。値段は全て税込の値段です。

洋服カーニバルクリーニングリネット
ワイシャツ173円211円
スーツ上下648円1,350円
コート324円1,836円

カーニバルクリーニングの料金をリネットと比較すると、

カーニバルクリーニングのほうが安い

ですね。3種類の洋服すべてにおいて、カーニバルクリーニングの方が安くなっています。というか安すぎです(笑)。

ダウンを除くコートを含め、一般衣類全てが均一価格(本店だと300円)っていうのは凄い…。パックタイプのような明朗会計ですね。

パックタイプって何?という方は、以下の記事をご参照ください。

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

次に、追加料金についてみてみましょう。

追加料金カーニバルクリーニングリネット
綿(ワイシャツ除く)ナシナシ
上質素材(カシミヤ・シルクなど)ナシ(30%以上)+480円
フリルナシ+330円

上質素材やフリルなどの加工品については、特に記載がありませんでした。ですが、

  • 取扱できないモノは明記されている
  • 飾り付品、特殊加工品は+0円と記載されている(日数のみ+1日)

ので、おそらく追加料金は発生しないでしょう。革や毛皮、着物も扱っている業者ですから、ぞんざいに扱われることはないと思います。

別洗い品に該当した場合のみ+800円となっていますが、図を見る限りは、ペットの臭いなど他の衣類と分けないといけない洋服が該当すると思います。

不安なようでしたら、ロイヤルコースを依頼されるか(それでも1,000円ですが…)、リナビスなどの高級クリーニングを利用されると良いと思いますよ。

カーニバルクリーニングが安い!

クリーニング可能衣類を比較

衣類種類カーニバルクリーニングリネット
革製品
着物
ドレス
ウェディングドレス
布団

リネットは、ほぼ全ての衣類に対応しています。カーニバルクリーニングの取扱衣類を見ますと、こちらもほぼすべての衣類に対応しています。

取扱できないのは、

  • ウェディングドレス
  • ぬいぐるみ

くらいですね。革製品や浴衣・着物はもちろんのこと、布団・カーペットにも対応しています。

ウェディングドレスはリネットも取り扱っていませんので、別の業者にお願いするほうが良さそうですね。

ウェディングドレスを格安でクリーニング!最安値は??

ていうかドレス300円ってマジか!(笑)。

結論としましては、

取扱衣類はほぼ互角

仕上がり日数を比較

仕上がり日数カーニバルクリーニングリネット
最短即日2日

仕上がり日数ですが、カーニバルクリーニングは即日クリーニングが可能です。

この点は、やはり店舗型が有利ですね。

ただ、布団や革製品になると逆転しまして…

仕上がり日数カーニバルクリーニングリネット
布団12日10日
革製品30日21日
30日14日

こういったモノをクリーニングされたい場合は、リネットが視野に入ってきますね。

特殊な品を除いて、カーニバルクリーニング有利

品質を比較

品質カーニバルクリーニングリネット
工場x(記載ナシ)○(厚生労働省管轄のクリーニング業法にのっとったクリーニング工場)
保証○(再仕上げ無料、無償でボタンの付け替えなど)○(再仕上げ無料、認識相違による返金など)
賠償x(記載ナシ)○(クリーニング賠償問題協議会が定める賠償基準)
口コミ○(悪い評判は少な目)○(悪い評判は少な目)

カーニバルクリーニングで唯一不満な点が「品質」の項目です。

どういった工場でクリーニングしているのか、賠償基準は?ということがHPに記載されていませんでした。

口コミや評判でも、品質についての悪い口コミは見当たらなかったため、HPに明記しておいてほしいなあ、というのが正直なところです。

口コミや評判での不満点としては、

  • 並びが凄い
  • 安い分、仕上がりはそれなりだった
  • シミ抜きのオプションがない

などがあります。並びが凄いのは繁盛している証だとしても、やっぱり並ばないで良い宅配クリーニングに軍配があがりそうです。

POSシステムを導入するなど、改善の努力はされているようですが…。

無料シミ抜きもないようですし、品質面ではリネット有利かな、と思います。

品質面はリネット有利

利便性を比較

利便性カーニバルクリーニングリネット
営業日年中無休(店による)年中無休
営業時間9:00~19:009:00~21:00
追加オプション○(水洗い・撥水など各種オプションあり)○(水洗い・撥水など各種オプションあり)
クレジットカード支払x?
宅配サービスx

カーニバルクリーニングは店舗型ですから、当然、定休日があります…と思っていたのですが。定休日ナシ、のお店も多いですね。

営業時間は、閉まるのが早すぎです。19:00閉店ですと、仕事帰りにピックするのはほぼ無理ですね。

リネットも似たような時間帯なのですが、

  • コンビニを利用するなら24時間いつでも出せる
  • 宅配ボックスなどを利用すれば24時間いつでも受け取れる

という強味があります。

次に宅配サービスですが、カーニバルクリーニングは宅配クリーニングはされていないようで。

宅配クリーニング始めればいいのになあ、って思うのは私だけでしょうか(笑)。

利便性はリネット有利

キャンペーン、継続特典などを比較

利便性カーニバルクリーニングリネット
初回特典○(送料無料、プレミアム会員2ヶ月無料など)
継続特典○(会員なら実質3%oFF)△(プレミアム会員ならクーポンがもらえる)
会員特典○(バースデーサービス、イベント・セールなど)○(送料無料(2,400円以上利用時)など)
キャンペーン○(月・火はワイシャツ140円など)○(初回全品30%OFFなど)

カーニバルクリーニングは、初回特典こそないものの、会員特典が強烈です。

100円でスタンプ1個、150個たまると500円クーポンがもらえますから、実質3%OFFでクリーニングに出せるようなもの。

また、月・火はYシャツ140円などキャンペーンも行っていますので、継続利用するなら、会員になっておきたいところですね。

会員は初回に100円かかってしまうものの、年会費は無料。継続利用なら会員登録必須ですね。

会員特典・キャンペーンが優秀

まとめ

リネットを5点満点として、超個人的にカーニバルクリーニングを評価しますと、
(4点)
「安さ」「キャンペーン」は申し分ないのですが、「品質」面で評価を落としたため、4点としました。

個人的には、超優秀なチェーン店という印象です。「品質」部分だけ公式に明記してくれれば、★5評価ですね。

宅配クリーニング始めれば流行ると思うんですけどね。。。

どうも店舗を増やす方向に力を入れているようでして。宅配クリーニング以外のクリーニング店は減り続けている現状ですが、カーニバルクリーニングは2016年も続々と新店舗を出店しています。

それだけ人から愛されているクリーニング業者なんですね。

口コミでも、引っ越しして「カーニバルクリーニング」以外のクリーニング店を利用するようになったら、「高い」「料金がわかりづらい」といった意見がちらほら見受けられました。

普段使いのクリーニング店としては、かなり優秀だと思います。

ただ、これだけの安さで高級クリーニングばりの仕上がりを期待するのは酷というものです。

普段着はカーニバルクリーニングで、大切な衣類は宅配クリーニングも視野に入れられると、うまく使い分けができると思いますよ。

【2019年版】宅配クリーニングのおすすめは?比較結果をランキングでご紹介