浴衣は汗が染み込みますので、できれば汗をかいたらそのたびに洗いたいモノです。

花火などでいい雰囲気になっているところで、「うわ、汗臭い!」なんて気づいちゃったら全てが台無しになっちゃいますよね(汗)。

とはいえ、家で洗うと怖いのが移染(色移り)。浴衣はすごく色落ちしやすいんですよね。

ほかの洋服と一緒に洗うなんてもってのほか。単品で洗っても色落ちしちゃうことが多々。

浴衣は着物と同じく特殊品扱いですので、近所のクリーニング店では取り扱っていないことも多いです。

こんなときに便利なのは、全国どこからでも利用できる「宅配クリーニング」ですが、高いのでは使う気が起きないですよね。

では、浴衣のクリーニング料金相場っていくらくらいなんでしょう?

浴衣のクリーニング料金の相場は?6社の料金を比較!

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

値段が安い順に並べていきます。値段は税抜の価格です。

クリーニング業者 浴衣 詳細
せんたく便 509円 509円 詳細
ホワイト急便 800円 800円 詳細
リナビス 980円 980円 詳細
ネクシー 1,500円 記載ナシ 詳細
リネット 2,310円 2,310円 詳細
白洋舎 2,500円 記載ナシ 詳細

ホワイト急便は、店舗によって料金が大きく変わってきます。この記事では、「山口県宇部支部」の料金を載せています。

見て頂くとわかるとおり、

  • 浴衣のクリーニング料金が高額だったのは今は昔の話!

6社中3社が1,000円を切っています

洗いすぎると生地が傷む原因になりますのでほどほどにしないといけませんが、少なくともクリーニングに出すのをためらうお値段ではなくなっていますよね。

浴衣をクリーニングに出すならオススメは?

オススメは2業者あります。季節によって使い分けられると良いのではないでしょうか。

  • 春~夏に出すなら「ネクシー」
  • 秋~冬に出すなら「リナビス」

リナビスネクシー

ん?ホワイト急便とせんたく便のほうが安いんじゃないの?と思われるかもしれません。確かに安いのですが、

  • どちらかというと普段使いのクリーニング店

なんですね。ですが、浴衣は繊細な洋服。そこまで値段は高くないとはいえ、クリーニングから戻ってきた浴衣を見てがっかり…なんてしたくないですよね。

そのため、品質は高いがコストがおさえられているこの2業者をピックしました。

では、「なぜこの2業者なの?」と「どうやって使い分けるの?」についてお話していきますね。

リナビスとネクシーをオススメする理由

最大の理由は、

  • 自社工場で着物を取り扱っていること

宅配クリーニングでは取り扱っていないんですけどね。2社ともに自社工場では着物を取り扱っています。

ちなみに自社工場の運営歴は、

  • リナビス:55年
  • ネクシー:80年

2社ともに超老舗です。さて、なぜ着物を取り扱っているのが重要かと言いますと、

  • 浴衣も着物の一種だから

素材や織り方、長じゅばんを着るかどうかなど細かな違いはありますが、浴衣はあくまで着物の一種。そのため、着物をクリーニングしている業者なら浴衣は安心して任せられます。

これが最大の理由です。ほかにも、

  • 無料シミ抜きのレベルが両者ともに半端ナイ
  • 自然乾燥メインの仕上げのため生地が傷みにくい
  • 対応が早く丁寧

などなど、数え上げればキリはないのですが、詳しくは詳細をご参照ください。

リナビスとネクシーの使い分けについて

最初に「季節によって使い分けましょう!」とお話しました。理由はクリーニング料金ですね。

リナビスはパックタイプのクリーニング業者です。そのため、クリーニング料金がかかりがちな洋服を出せば出すほどお得に利用できます。

パックタイプは洋服個別に料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるイメージです。

パックタイプって何?という方は、以下の記事を読んでみてくださいね

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

そのため、

  • シーズンオフに浴衣をクリーニングに出してそのまま保管してもらいたい!
  • 浴衣をクリーニングに出すの忘れてた!コートとかと一緒にクリーニングしたい
  • クリーニングに出したいモノがたまってから一緒にクリーニングしたい

といった場合に、とてもお得にクリーニングできます。ちなみにリナビスは半年間保管無料です。

ですが、逆にTシャツやお洒落シャツ、スカートといったクリーニング料金が安い洋服を出してしまうと、あまりお得ではなくなってしまうですね。

春物・夏物はクリーニング料金が安くなりがちですから、そういった季節に出すのでしたらネクシーがオススメになります。

ネクシーは個別タイプですから、クリーニング料金が安いモノは安い料金でクリーニングできるわけですね。洋服別のクリーニング料金は、以下の記事を参考にしてみてください。

洋服別比較記事一覧

まとめ

リナビスとネクシーをうまく使い分けることで、お得に、そして高品質なクリーニングを受けることができます。

汗をかいたまま放置していると、カビや黄ばみの原因になりかねません。いざ着ようと思ったら、なんだか白っぽい…なんて想像したくないですよね。

うっかりクリーニングするのを忘れていた浴衣があるようでしたら、リナビスにクリーニングに出し、そのまま保管してもらうのも一つの手です。

洋服の敵、カビが発生しがちなシーズンを保管で乗り切って、夏になったらピカピカの浴衣でお出かけ。

素敵な夏の思い出を実現するためには、浴衣のお手入れはマストですよ。

リナビスを評価!評判と口コミから見える実力とは?

ネクシーを評価!評判と口コミから見える実力とは?

浴衣のクリーニング仕上がり日数について

浴衣は繊細な洋服ですから、どうしても日数がかかってしまいます。

チェーン店で3日~、宅配クリーニングで5日~というところが多いですね。オススメしたネクシー・リナビスともに5営業日かかります。

いざというときに慌てないために、早め早めのクリーニングをしておきたいですね。

特に花火シーズン前などは、浴衣のクリーニングがたてこみがちですから、なるべく早くクリーニングされることをオススメします。

浴衣の臭いが気になって花火に集中できなーい!なんて事態は避けましょう(笑)。

浴衣のクリーニング仕上がり日数を比較!最短は?