夏場に大活躍する浴衣。夏の風物詩ですよね。

夕涼みに花火大会、お祭りにと大活躍する浴衣。でも、気が付いたら汗でぐっしょり、なんてことも。

そこまで汗をかいていなくても、表はどうしても汚れちゃいますよね。襟の部分の汗も気になります。

クリーニングに出そうかしら?でも週末に着る予定があるし…。なんとか早くクリーニングできないものかしら。

では、浴衣を最速でクリーニングできるのはどこなのでしょう?

宅配クリーニングの浴衣仕上がり日数を比較!

浴衣は特殊品扱いのため、取扱い業者が少ないです。少ない中で、コスパを考えて厳選した業者を比較していきます。

仕上がり日数のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「仕上がり日数」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

業者名 日数 詳細
せんたく便 5営業日 詳細
リナビス 5営業日 詳細
ネクシー 5営業日 詳細
ホワイト急便 3日? 詳細
リネット 5日 詳細
白洋舎 3日? 詳細

チェーン店がおおむね3日、宅配クリーニングですと5日~というところが多いですね。特殊品ですからどうしても時間がかかってしまうんですね。

浴衣って基本的に花火大会などのイベントのときに着るモノ。なので、イベントに合わせてしっかりクリーニングしておきたいですね。

突発的な家での花火や予想外の縁日デートなどは…ファブリーズでしのぎましょうか…。

汗が気になって集中できない!なんてことにならないように、早め早めのクリーニングを心がけたいですね。

気になるクリーニング料金は別記事にまとめていますので、よろしければご参照ください。

厳選したクリーニング業者をご紹介していますので、アレ?思ったよりクリーニング高くないじゃん!って思われることうけあいですよ。

浴衣のクリーニング料金が安いのはドコ?オススメは?

浴衣はシーズン終了後はクリーニングに出しておきましょう!

最初にお話ししたとおり、何かと汚れがつきやすい浴衣です。水分や汗を含んだままタンスにしまってしまうと、翌年着ようと思ったらカビが生えていた、なんてことも。

気づかないうちにシミがついていることも多いですから、シーズン終了後はクリーニングに出すことをオススメします。

しっかりと汗抜き、シミ取りをしてから収納しておけば、来年も新品同様に着れること間違いなしです。

せっかくの素敵な浴衣。台無しにすることなく長く着続けたいですね。

できればそのまま保管しちゃえるクリーニング店がベストですね。そうすれば少なからずクローゼットに飽きが生まれます。

保管料って高いイメージがありますが、実はそうでもないんですよ。

パックタイプなので、クリーニング料金がかさみがちな夏物ワンピースや、フリルがいっぱいついているスカートなども混ぜるといいですね。

 宅配クリーニング保管サービスランキング!人気なのはドコ?