結婚式に着ていくパーティードレスは、家庭用洗濯機で洗うのではなく、クリーニングに出すべき衣類だと言われています。

「確かにパーティードレスはデリケートなイメージがあるけれど、なぜ自分で洗ってはいけないか分からない。」という人が多いかもしれません。

また「クリーニングは、便利だけどお金かかるしめんどくさい…。」と思っている人もいるでしょう。

もし、そのような理由で躊躇っているのなら、腰を上げてでもクリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニングに出すべき4つの理由とは一体どんなことでしょうか。

生地がゴワついてしまう

ひとつめ目の理由は、家庭用洗濯機でパーティードレスを洗うと生地がゴワついてしまう可能性があるからです。

元々、結婚式で着るパーティードレスは、下記の素材でできている物がほとんどです。

  • シルク
  • ポリエステル
  • シャンタン
  • レーヨン

そして上記の素材の中でも特に、

シルクや絹糸が含まれたシャンタンは、水洗いにとても弱いです。

もし家庭用洗濯機でジャブジャブ洗った場合、繊維が毛羽立つことでゴワつきが生まれ、シルクならではのなめらかな質感が失われてしまいます

こうなってしまったら最後、

シルクや絹糸が含まれいるシャンタンの風合いは元に戻せません

また、シルクやシャンタンに比べるとリスクが少ないですが、ポリエステルやレーヨンも水洗いは避けるべきでしょう。

なぜならポリエステルやレーヨンも、水に強い素材ではないからです。

中には無理やり家庭用洗濯機で洗う人もいるようですが、クリーニングに出すよりも生地が傷むためおすすめしません。

 特にレーヨンは、濡れている状態だと生地の強度が一気に落ちる特徴があります。

家庭用洗濯機から取り出す際に強く引っ張ったり、引っかけてしまった場合、生地が破れてしまう可能性もあるのです。

結論、パーティードレスに使われる素材は、どれも家庭用洗濯機に適した物ではないのです。

「縮み」が起きるリスクが高い!

パーティードレスをクリーニングに出すべき理由には、生地が縮むリスクが高いことも挙げられるでしょう。

 シルク素材の衣類を水洗いしてしまった場合、いくら干しても乾燥機を使っても縮むリスクは変わりません

パーティードレスから少し話が逸れますが、シルク素材の生地で作られた着物を水で洗う方法に洗い張りがあります。

洗い張りは、以下の手順で行われます。

・着物の縫製糸をほどく
・素早く丁寧に手洗いする
・専用の機械で生地が縮まぬよう常に伸ばしながら乾かす
・乾燥後、縫い穴に沿って縫製し直して完了

何が言いたいかというと、パーティードレスを自宅で水洗いする場合、そのくらいの手間をかけなければ縮みを防ぐことは難しいということです。

最近では、家庭でもシルク素材の衣類を洗える方法が紹介されているようです。

しかし注意しながら自分で洗うよりも、

クリーニングに出した方が、かける時間やコストを比べたときに安いのではないでしょうか。

パーティードレスについている装飾品が取れてしまう

家庭用洗濯機でパーティードレスを洗った場合、装飾品がガッツリ取れてしまうリスクがあることも否めません。

特に最近では、

装飾品がたくさんあしらわれたデザインのパーティードレスが多く存在します。

装飾品と言ってもいろんな物があります。

例えば、以下のような物が挙げられるでしょう。

  • ラメ
  • レース
  • ビジュー
  • スパンコール

これらの装飾品は、しっかりと縫製されている物は極めて少なく、接着剤で簡単に留められている物がほとんどです。

そのため、

プロのクリーニングであっても装飾品取れを100%防ぐことは難しいです。

にもかかわらず、家庭用洗濯機で洗ってしまったら…。

洗濯ネットを使用しても全く意味がありません。

手洗いコースと呼ばれる、ソフトに洗う機能が備わった家庭用洗濯機もありますが、それでも装飾品が取れることは避けられないでしょう。

シミを極力つけないように配慮する必要があるため

パーティードレスは家庭用洗濯機で洗わずに、クリーニングへ出すべき最大の理由。

それは、

一度シミがついてしまったら落とすのが非常に難しいからです。

もし、何かの理由でパーティードレスにシミがついてしまった場合、状態によってはシミ抜き専門店に持って行っても断られてしまうでしょう。

そのくらい、シルクや絹糸が含まれたシャンタン素材はデリケートなのです。

シミは、着用した回数にかかわらず、汚れが残った状態や保管状態によって浮き出てしまう場合もあります。

未然にシミを防ぐためにも、パーティードレスがは着用する前と後にクリーニングへ出すのがおすすめと言えるでしょう。

結婚式で着るパーティードレスはクリーニングに出しておこう

結婚式に着ていくパーティードレス。お祝いの席だからこそ、シミや汚れがない状態で着ていきたいと思うものです。

しかし着用する機会が多い物ではないため、

持ち主のお手入れや保管方法によって、パーティードレスの状態が大きく変化してしまうかもしれません。

少し面倒に感じるかもしれないですが、結婚式の前と後にクリーニングへ出して綺麗な状態を保つことで、リスクを抑えることができます。

また、綺麗なパーティードレスを着て行けば、より晴れやかな気持ちで結婚式に臨めることでしょう。

ドレスのクリーニング料金を比較!最安値は?日数は?