ご存じの方は多いと思いますが、2016年12月から「洗濯表示」が変更されました。

「洗濯表示」っていうとややこしく聞こえますが、洋服についてるタグですね。どうやって洗濯すればいいのか書いてるアレです。

とはいえ、これって2016年12月以降に作られた洋服に適用。

古い洋服を全部回収して、新しい洗濯表示にするなんて不可能ですよね。なので、当分は新旧混在。でもって、旧表示のほうが多い状態が続きます。

なので、「今すぐ覚えなくちゃ!」なんてことはありませんのでご安心を(笑)。

どう変わったの?洗濯表示

ISOだとかJISだとか、そんな面倒なことはどうでもいいんです。私たちは、「どう見ればいいのか?」だけわかっていればいいんですよね。

まずは、新旧洗濯表示の画像を貼っておきますね。旧洗濯表示をしっかりと理解できていなかった方も、この機会についでに覚えちゃいましょう。

新!洗濯表示


出典:消費者庁ウェブサイト (家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について)

旧!洗濯表示


出典:消費者庁ウェブサイト (家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について)

覚えるのは面倒ですので…

こういうのって、カラダで覚えるほうが早いですよね。なので、この記事か消費者庁のPDFをブックマークorダウンロードして頂いて、必要なときに見返すのが一番だと思います。

消費者庁~家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について

当分は、新洗濯表示の洋服を洗う機会ってないと思いますので、見かけたときに見直して洗濯されるのが良いと思います。

消費者庁の読み物って、他の省庁と違ってすごく読みやすいんですよね。なので、補足説明は不要かな、と思います。

そこらのブログを読まれるなら、正確な情報が載っている本家のPDFを読まれることをオススメします。