スーツをクリーニングする頻度は、1シーズンに1回程度で十分だといわれています。

なぜクリーニングを控えめにした方がいいのかというと、多くのスーツはウールで作られていますから、頻繁にクリーニングに出すとウールに含まれている油分が落ちてしまい、かえって汚れやすくなってしまいます。

洗濯を繰り返すことで生地が傷んでしまいますから、クリーニングの回数は少ないほどよいといえます。

では、礼服はどうなのでしょう?この記事では、礼服の中でもタキシードに限定してお話していきます。

タキシードのクリーニング頻度って?

タキシードなど滅多に着る機会がないスーツなどの場合はクリーニングに出した方がよいのかどうか、迷う人も多いかもしれません。

タキシードやブラックスーツなどは汚れなどがなくても、つるしたままにしておくとカビが発生する可能性があるので、クリーニングに出した方がよいといえます。

何度か着用してから洗濯するとなると、間が数ヶ月や数年空く場合もあり、保管期間が長くなるほどカビや虫食いなどのリスクが高くなってしまいます。

タキシードやフォーマルスーツなど、一定期間の間に何度か着用することがわかっていれば着る度にクリーニングに出す必要はありませんが、当分着ることがないとわかっているような場合にはきちんとクリーニングに出しておきましょう。

タキシードの保管方法

カビが発生しやすい衣類というのは、肌に密着していて汗を吸いやすく、家庭で簡単に洗濯することができないものがカビが発生しやすいといえます。

そのため、タキシードやフォーマルスーツなどは通常の衣類に比べると汗をかく機会も汚れもそれほどつくことはありませんから、着用したらすぐにクリーニングに出さないといけないというものではなく、まずは汚れをブラッシングして払い落とし、陰干しをしておくことも、長持ちさせるためには必要です。

ブラックフォーマルの黒は特別な黒ですから、色あせをしていると喪のシーンでは使用できなくなってしまいます。

そのため、きちんと手入れをして保管しておくことが大切です。

タキシードって洗濯できる?

最近では家庭で洗えるブラックフォーマルも人気があり、汗をかく夏に着る場合とても便利です。ただ、何度も洗っていると少しずつ色あせしていきますから十分注意しましょう。

洗えるタイプに使用されている素材は、濡れてもすぐに乾き型くずれしにくいのが特徴ですから、雨の中での式典などでも便利に利用できます。

また、毎回クリーニングに出さなくても家庭で洗濯することができますから、夏用のスペアに用意しておくと便利です。

ネクタイはどうしよう?

男性のフォーマルスーツにはネクタイを着用しますが、ネクタイを必ずクリーニングに出すという人は全体の6割程度となっています。

中には自宅で洗濯するという人もいますが、ネクタイの多くはデリケートな素材を使用しているためクリーニングに出した方がよいといえます。

ネクタイは絹素材が主流で、芯地として毛や毛混紡の素材が用いられています。そのため自宅で洗うのは難しい素材ですから、きれいに保つにはクリーニングに出す必要があるのです。

ネクタイの汚れは、食べ物や飲み物、ゴミ、汗など思っている以上に汚れが付着しているため、汚れを放置していると傷みが激しくなってしまったりカビの原因になってしまいます。

また、首を締め付ける部分は型くずれが生じることがありますから、日頃のお手入れとクリーニングが必要不可欠といえます。

ネクタイの手入れについて

毎日のお手入れとしては、しわやくせをとるたえに、一時的に丸めておき、その後はハンガーにつるして保管しておきます。

また、シミがついたときには、できるだけ早めにクリーニングに出してシミ抜きを依頼しましょう。

絹素材は水に濡らしたりこすったりすると、毛羽立ちが生じてしまい、傷んでしまいますから、ムリに自分で落とそうとせずにクリーニングに出しましょう。

まとめ

タキシードやブラックフォーマルは、短時間しか着用しなくても、袖口や襟など目には見えない部分が汚れている場合があります。

汚れをそのまま放置してしまうと、カビや雑菌が繁殖してしまったり、色あせの原因になることがあります。

ブラックフォーマルというのは上下セットになっていることが多く、女性の場合夏場はジャケットを使わないので、ワンピースだけをクリーニングに出すという人も多いかもしれません。

ただ、ブラックフォーマルは、上下で同じ色あいでなければバランスが悪く風合いも異なってしまいますから、クリーニングに出すときには、単品ではなくセットで出すようにしましょう。

ブラックフォーマルに限らずデリケートな素材のものは、着用したらすぐにクリーニングに出すのが基本で、保管方法は、不織布のカバーをかけてクローゼットにつるすのが一番です。

フォーマルスーツやタキシードなどのクリーニング料金は、高いイメージがあるかもしれませんが、タキシード一式で4500円くらいが相場となっています。

礼服をクリーニングに出すなら?最安値は?仕上がり日数は?

もちろん、通常のスーツなどの比べるとクリーニング料金が高くなってしまうので、一度着ただけでクリーニングに出すのはもったいないと思う人もいるかもしれません。

ですが、長期間保存できるように防菌や防カビ加工をしたり撥水加工をするなどオプションを付加することができます。

長く愛用するためには、こういったオプションを上手く活用しつつ、虫やカビといった敵から洋服を守ってあげる必要があるんですね。