シャツに瞬間接着剤のシミがついてしまった場合、クリーニングしたら落ちるのでしょうか。

手や服につかないよう注意していたはずなのに、ちょっと気を抜いたら瞬間接着剤がついてしまったという経験をした人は意外と多いようです。

「除光液をかければ落ちるという話も聞くけれど、自分で処理しても落ちるのか不安…何より服がダメになってしまうのが恐い。」そんな思いから、クリーニング店に相談しにくる人も少なくありません。

そこで今回は、シャツについた瞬間接着剤はクリーニングで落ちるかどうか、自分でシミ抜きをすることのリスクについてご紹介します。

シャツについた瞬間接着剤は「洗い」だけでは落ちない

シャツについた瞬間接着剤は、「洗い」の工程だけでは落とせません。これは、クリーニングで行う「水洗い」「ドライクリーニング」に関係なく言えることです。

また、シャツだけでなくパンツやセーター、Tシャツなどに瞬間接着剤がついた場合も同様です。それでは、クリーニングに出す意味がないのではないかと思うかもしれません。

実は、クリーニングで行う「洗い」の工程にある処理をプラスすることで、瞬間接着剤のシミを落とすことができるのです。

クリーニング+シミ抜きのW工程で落ちる!

シャツについた瞬間接着剤のシミを落とすために必要な処理とは「シミ抜き」です。

瞬間接着剤のシミは「洗い」の工程だけでは落ちない

そのことを知っているプロは、無理に洗ってシミを落とそうとするのではなくシミ抜き処理を行います。

そしてシミ抜きを行う際は、以下のようなことに注意しながら処理を進めます。

  • 適切なシミ抜き剤を選択する
  • シャツの素材やシミの状態を見て適切な温度に調整
  • 生地が極力傷まないように適切な時間設定をする

そうすることで、生地を極力傷めずに瞬間接着剤のシミを落とせるのです。

「シミ抜きで落ちるなら洗いの工程は不要なのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、クリーニングで行う「洗い」もシミを綺麗に落とすために必要な工程と言えます。

なぜなら

シミ抜きだけの場合、瞬間接着剤のシミは綺麗になってもシミ抜き剤が服に残ってしまう

からです。

シミ抜き剤が服に残ると空気中の成分や新たについた汚れと結合して、生地が傷んでしまったり、変色、シミができる可能性があります。

そのようなことを防ぐためにも、「洗い」はとても大切な工程なのです。

シミ抜きと洗いはセットで行うのが基本

であると心得ておくことをおすすめします。

自分で瞬間接着剤のシミを落とすことのリスク

最近はプロに任せる前に、まずは自分で汚れ落としやシミ抜きをやってみるという人も増えています。実際、自分で汚れ落としやシミ抜きをして落ちたというケースもあるでしょう。

ちなみに、瞬間接着剤のシミを自分で落とす方法として、以下のことを試す人が多い等です。

  • アセトンの原液や除光液を染み込ませたガーゼや布をシミの箇所にあてる
  • アイロンをあてて熱で溶かす
  • 瞬間接着剤のシミを無理やり剥がす
  • 瞬間接着剤を落とす専用の液を使う

どの方法もあまりおすすめできません。もし、上記のような方法でシミ抜きをした場合、以下のようなリスクを背負うことになります。

  • シミが完全落ちきらずに所々残ってしまう。
  • 生地を傷めてしまう
  • シャツの色素まで抜けてしまう
  • シミ抜きした箇所だけ生地が薄くなってしまう

こうなってしまった場合、着用できずに捨てるいったことになりかねません。汚れ落としやシミ抜きは、生地そのもの風合いやダメージを考えた上でやらなければいけないのです。

しかし、自分で汚れ落としやシミ抜きをする場合、そこまで計算してやることは難しいことです。後に後悔しないようにするためにも、シャツについた瞬間接着剤のシミ抜きは、クリーニング店に依頼すべきでしょう。

シャツについた瞬間接着剤はクリーニング店で落としてもらおう!

瞬間接着剤が、シャツについてしまった…。そんなときは、迷わずクリーニング店にシミ抜き依頼することをおすすめします。シャツの生地に配慮しながら適切なシミ抜き処理を行い、瞬間接着剤のシミも綺麗にしてくれますよ。