タートルネックにVネック、丸首などなど秋から冬にかけて、はたまた春にも大活躍のセーターやカットソー。

ですがそれゆえに汚れやすいモノです。鍋や焼き肉で匂いがつくことも多いですよね。素材によっては水洗いxのモノが多いですからクリーニングに出したいところ。

頻繁に出すことを考えると、少しでも安くクリーニングできるところを探すのが賢いやり方。

では、どのクリーニング業者がもっとも安くクリーニングできるのでしょう?

はじめに~上質素材について知っておきましょう

さっそく料金比較といきたいところなのですが、少々お待ちください。ニットで使われることが多い上質素材についておさえておきましょう。

というのも、上質素材が一定範囲使われていると、

  • 追加料金が発生します

あれ?なんか思っていたよりクリーニング代高くない?なんてことが発生しちゃうんですね。

なので、まずはお手持ちのニットのタグを確認して頂き、上質素材が使われているかどうか見てみましょう。

ニットに使われることが多い上質素材は、

  • カシミヤ
  • シルク(絹)
  • アルパカ
  • アンゴラ
  • リネン(麻)(サマーセーターに多い)

業者によって定義は異なりますが、上記素材が

  • 30%以上使われていると追加料金が発生する

というのがスタンダードです。宅配クリーニングは私が知る限りでは全て「30%以上」です。

ただ、チェーン店に多いのですが「お店によって定義が異なる」店が多いです。

ですので、チェーン店や個人店を利用される際は事前に確認されておくと良いでしょう。下手するとクリーニング代が2倍とかになりますから…。

セーターのクリーニング料金!7社比較で相場を知ろう!日数も

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

上質素材が使われている場合、いない場合に分けて値段は記載しています。仕上がりまでの日数もあわせて表にしておきますね。

クリーニング業者 料金 上質素材 日数 詳細
ネクシー 440円 640円 3営業日 詳細
リネット 440円 960円 2日 詳細
ホワイト急便 480円 680円 即日 詳細
白洋舎 550円 1,050円 即日 詳細
せんたく便 509円 509円 5営業日 詳細
リナビス 980円 980円 5営業日 詳細
ピュアクリーニングプレミアム 1,000円 1,000円 7営業日 詳細

セーター・カットソーはクリーニング料金が中の下といったところですね。そのため、個別タイプがやや有利かなと思います。

パックタイプでも大きく損はしませんから、コートなどの大物を一緒に出すのでしたらパックタイプが視野に入ってきます。

パックタイプは洋服個別に料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるイメージです。

パックタイプや宅配クリーニングについて、もう少し詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてくださいね

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

セーターをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した7業者の中でのオススメは、ネクシーです

ネクシー

お洒落クリーニングといえばココ!ネクシーですね。

上質素材であってもなくても料金はほぼ最安値。上質素材や装飾品に優しい=お洒落な洋服に優しいクリーニングがネクシーです。

シミ抜きにも定評があり、縮んじゃったセーターの対応に追われる、なんてブログも書かれていたりします(笑)。

こう書くと若い会社のイメージがありますが、クリーニング実績は実に80年。

老舗の実績と、若者による新しい技術の探求がうまくマッチしているクリーニング業者なんですね。

ニットをクリーニングに出すならネクシーおすすめですよ。

ネクシーの詳細へ

セーターをクリーニングに出す際の注意点

セーターをクリーニングに出す際に気を付けておきたいのは、

  • 上質素材が使われているか?(カシミヤ、シルクなどが30%以上)
  • 一部革素材のモノがあるか?(3cm四方以上の革素材)
  • 装飾品は使われているか?(レース、フリル、プリーツなど)

上記に該当する場合、追加料金が発生します。リネットを例にあげますと、

  • 上質素材:+480円
  • 一部革素材:+330円
  • 装飾品:+330円

となっています。白洋舎やホワイト急便ですと、素材別やロイヤルコースになりますね。だいたいクリーニング料金が1.5倍~2倍くらいになります。

セーターの場合はシンプルなモノが多いですから、洗濯タグを確認して上質素材の有無を確認されるだけで十分かと思います。

ひじや胸などに革素材がワンポイントで使用されている場合も追加料金が発生しますのでお気をつけください。

ちなみに、セーターでよく使われているウール(毛)は上質素材ではありませんのでご安心を。

カウチンセーターも名前だけ見ると上質素材っぽいですが、多くが「ウール+化学繊維」で出来ていますので、素材面で追加料金が発生する可能性は低いです。

セーターをクリーニングに出す際につけておきたいオプション

毎回でなくて良いので、1シーズンに一回くらいはつけておきたいオプションとして、

  • ウェット加工

業者によって名前は違いますが、水洗いできない洋服を水洗いしてくれるオプションです。ドライクリーニングでは汗などの汚れを落としきることはできないんですね。

セーターはじかに着るモノではありませんから、そんなに汗を吸うことはありません。ですが、知らず知らずのうちに首回りなどに汗をかいていることは多いですよね。

ウールなど動物繊維の洋服全般に言えることですが、シーズンオフの前に一度ウェット加工をつけてクリーニングに出しておくことで、カビや黄ばみなどの予防にもなります。

次に着るときに気持ちがいい!そんな気持ちを味わうために定期的なメンテナンスをしてあげておきたいところです。