スキー・スノボウェアのクリーニング料金を比較!最安値は?

スキーウェアクリーニング

冬場大活躍のスキーウェア。

でも、気が付くとアチコチに汚れが…。せっかく楽しみたいのにこれではやる気が半減してしまいますよね。

とはいえ決して安くはない買い物。そうそう買い替えるなんてできません。家で洗おうにも撥水加工がされていますから下手に洗えないですし何より面倒。

そこでクリーニングの出番です。一体どのくらい料金がかかるのでしょう?そして最安値は?

料金比較の前に…

早速料金比較といきたいところなのですが、少々お待ちください(笑)。スキーウェアは種類が多いので、まずはそれについてお話しますね。

スキーウェアやスノボウェアは上下に分かれているタイプとつなぎのタイプがあります。また、上下でクリーニング料金は異なっており、つなぎタイプも料金が異なります。

そのため、それぞれについて料金を比較していきます。また、汚れがちなスキー手袋についても料金を記載しますね。

  • スキーウェア上
  • スキーウェア下
  • スキーウェアつなぎタイプ
  • スキー手袋

料金の比較は、「個別タイプ」と「パックタイプ」を一緒に比較しています。「せんたく便」と「リナビス」がパックタイプのクリーニングですね。

パックタイプは洋服個別に料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるイメージです。

パックタイプや宅配クリーニングについて、もう少し詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてくださいね

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

スキー・スノボウェアのクリーニング料金を6社で比較!相場を知ろう!

お待たせしました。では、価格比較にまいりましょう!

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

スキーウェア上下個別タイプのクリーニング料金

スキーウェア上だけ、下だけ、そして上下合計のクリーニング料金をそれぞれ記載しますね。

クリーニング業者 上下 詳細
せんたく便 509円 509円 1,018円 詳細
リナビス 980円 980円 1,960円 詳細
ネクシー 2,000円 1,500円 3,500円 詳細
リネット 2,200円 1,460円 3,680円 詳細
ホワイト急便 1,000円 900円 1,900円 詳細
白洋舎 記載ナシ 1,350円 ??円 詳細

白洋舎はスキーウェア下しか料金が記載されていません。

スキーウェア下の料金を見る限りリネットよりやや安くなっていますので、上および上下の値段もリネットと同等か安くなっているものと思われます。

ホワイト急便が安いですねー。ですが、気をつけないといけないのは「チェーン店はお店によって料金が異なること」。

この記事では「宇部支店」の料金を参照していますが、ホワイト急便の宅配クリーニングは料金が約2倍です。

チェーン店を利用される際は、お近くのお店に電話するか店の前で料金を確認してからにするといいかもしれませんね。

クリーニングチェーン店まとめ!

スキーウェアつなぎタイプのクリーニング料金比較

クリーニング業者 料金 詳細
せんたく便 509円 詳細
リナビス 980円 詳細
ネクシー 3,500円 詳細
リネット 3,580円 詳細
ホワイト急便(宅配) 1,600円 詳細
白洋舎 記載ナシ 詳細

白洋舎は記載がありません。上下の値段から考えるとリネットと同じくらいでしょう。

スキー手袋のクリーニング料金比較

クリーニング業者 料金 詳細
せんたく便 509円 詳細
リナビス 980円 詳細
ネクシー 700円 詳細
リネット 1,700円 詳細
ホワイト急便(宅配) 500円 詳細
白洋舎 記載ナシ 詳細

白洋舎のみ記載がありません。ニット手袋の料金が400円なので、約2倍と考えると800円ほどだと思われます。

スキー・スノボウェアをクリーニングするならオススメは?

おすすめはリナビスです。

リナビスを評価!評判と口コミから見える実力とは?

は?せんたく便のほうが安いんだけど?って思われるかもしれません。理由は3点あります。

  • 自然乾燥メインの仕上げ
  • 付属品による追加料金ナシ
  • 子供割引50%OFF

では、それぞれについて見ていきますね。

自然乾燥メインの仕上げ

リナビスは高級クリーニングです。パックタイプにすることで低価格を実現しているんですね。

自然乾燥によるメリットは、なんといっても「生地が傷みづらい」。

生地はポリエステルやナイロンだし…といってあなどるなかれ。乾燥機でブン回すとどうしても傷みが早くなります。

お気に入りのスキー・スノボウェアは、出来る限り長く使いたいですよね。

また、シミ抜きに定評のある業者でもあるため、自分でも気づかなかったような細かなシミまでしっかりとシミ抜きしてくれます。

付属品による追加料金ナシ

といっても、スキーウェアにファーとかついてないし、シルクみたいな上質素材じゃないしなあ、と思われるかもしれません。

確かにスキー・スノボウェアだけですと恩恵は少ないですよね。

ですが、どうせなら雪山にお出かけするときに着るダウンやコートもクリーニングしてはいかがでしょう

ダウンやコートって普通にクリーニングするとめっちゃ高いのですが、リナビスなら980円です。そして追加料金はかかりません。

子供割引50%OFF

ご家族で雪山に出かける方も多いと思います。お子さんの可愛いスキーウェア。といっても1シーズンごとに買い替えることになるしなー、とクリーニングに二の足を踏む方も多いですよね。

ですが、リナビスなら上下で980円。つなぎなら490円です。

汚れがちなお子さんのスキーウェアも、これならしっかりとクリーニングしてあげられますよね。お子さんも喜ぶと思います。

まとめ

クリーニング代がかさみがちな洋服は、本当にリナビスがオススメです。

会員数を1万人に限定しているため、定員にならないうちに取り急ぎ会員登録だけでもされてみてはいかがでしょう。

リナビス詳細ページへ

スキー・スノボウェアのクリーニング仕上がり日数について

スキー・スノボウェアはクリーニングに時間がかかります。チェーン店でも最速3日ほどかかります。

なので、余裕をもってクリーニングに出したいですね。詳細は以下の記事をご参照ください。

スキーウェアのクリーニング仕上がり日数を比較!最短は?

スキー・スノボウェアをクリーニングするならつけておきたいオプション

誰に聞いても同じ答えが返ってきそうですが…そうですね

  • 撥水加工

ですよね。雪がウェアにしみこんでくるあの感覚…。できればさけたいですよね。撥水加工の料金について、先ほど紹介した業者ごとにまとめてみます。

撥水加工の料金と、ウェア上下に撥水加工をつけた場合の料金を記載しますね。

クリーニング業者 料金 上下 詳細
せんたく便 300円 1,618円 詳細
リナビス 980円 3,920円 詳細
ネクシー 記載ナシ 3,500円+α 詳細
リネット 300円 4,280円 詳細
ホワイト急便(宅配) 100%アップ 8,920円 詳細
白洋舎 50%アップ 2,025円+上 詳細

撥水加工をつけるとなると、せんたく便が優秀なんですよね。ただ、注意点として、

  • せんたく便はパック単位でないと撥水加工をつけられない

個別に指定ができないんですよね。5点なら5点すべてに撥水加工をつける必要があります。

その点、リナビスは個別に指定できます。利便性と品質と料金を天秤にかけると、やっぱりリナビスに軍配が上がるなあ、というのが個人的な感想です。

「お金かけるくらいなら自分でスプレー振るわ!」という方には、知っておいて頂きたいコツがあります。

↓の記事はダウンの記事ですが、スキーウェアも考え方は同じですので、よろしければご参照ください。

ダウンジャケット・コートの防水加工ってどれくらいの頻度でかけるのが良いの?

スキーウェア・スノボウェアの料金比較まとめ

スキーウェア、スノボウェアはクリーニング料金が高いですから、パックタイプが割安になりますね。

スキー仲間やご友人を誘って、10点、20点とまとめてクリーニングに出されるのが賢い方法だと思います。そうすることで個別タイプよりも格安でクリーニングをすることができます。

おひとりでクリーニングされる場合でも、やはりパックタイプをオススメします。

冬物はどうしてもクリーニング料金がかさみがち。スキーウェアと一緒に、ダウンものやコートも一緒にクリーニングに出せば、ますますお得にクリーニングすることができます。

スキーの行き帰りもクリーニングされたピカピカなお洋服でお出かけ。想像するだけでウキウキしてきませんか?

上手く活用して、素敵なウィンタースポーツライフをお過ごしください。

    コメントは受け付けていません。