春や秋に大活躍のシルクのスカーフ。軽く巻くだけでサマになりますし、なにより触り心地が気持ちいいですよね。

とはいえ、首に巻きますからどうしても汗がついてしまいます。

シルクですから洗濯すると傷んじゃうかも?と思うとなかなか踏み切れませんよね。

  • エルメス
  • シャネル
  • ルイ・ヴィトン
  • エトロ
  • コーチ
  • グッチ

などなどの人気ブランドですと、普通に数万円します。下手な服より高価ですから、慎重になりすぎてすぎることはないでしょう。

そこでクリーニング店の出番です。

どうせなら安くクリーニングに出したいモノ。そこで、最安の業者はドコ?という視点で徹底比較です。

はじめに~素材や種類や大きさによってクリーニング代が変わる?

早速、料金比較といきたいところなのですが、念のためにお話しておきます。

というのも、「あれ?お店に表示されてるクリーニング料金より高い金額なんだけど?」なんてことが起こりえるからですね。

注意点は3点です。

  • シルクによる素材追加料金
  • 大きさによる追加料金
  • マフラー扱いになっちゃった

それぞれ見ていきましょう。

シルクによる素材追加料金

この記事をご覧いただいている方の多くは「シルクのスカーフ」をクリーニングされようと思われていると思います。

シルクってクリーニングする側の扱いとしては、

  • 上質素材

なんですね。丁寧に扱わなければいけない分、追加料金が発生することが多いです。

スカーフだとポリエステルも多いと思いますが、ポリは上質素材ではありません。

で、ややこしいのがですね、

  • スカーフに関してはシルクを上質素材として扱わない業者もある

ってことなんですね。ネクタイもそうなんですが、スカーフはほとんどがシルクです。

なので、上質素材の料金込でクリーニング料金を設定しているところがあります。宅配クリーニングのリネットなんかがそうですね。

そのため、一見しただけでは「シルクのクリーニング料金っていくらなんだろ?どこがお得なの?」ってことがわかりづらいんです。

この記事では、その点も踏まえてシルクのクリーニング料金を記載しています。

大きさによる追加料金が発生する

コレ、かなり珍しいケースなのですが一応頭に入れておいて頂ければと思います。

メジャーどころですと「白洋舎」。一辺の長さが80cm以上かどうかで料金が変わります。

  • 80cm未満:600円
  • 80cm以上:800円

この記事では、80cm未満のスカーフのクリーニング料金を記載してます。

マフラー扱いになるケースも

これはおもに素材ですね。シルク(絹)の場合は問題ありません。

  • コットン(綿)
  • ウール(毛)
  • 麻(リネン)

の場合は、マフラー扱いになる業者があります。リネットなんかがそうですね。

一般的なスカーフは、シルクorポリですから、あまり気にする必要はないと思います。

マフラーの料金は↓の記事を参考にしてみてください。

 マフラーのクリーニング料金を比較!最安値は?

スカーフのクリーニング相場を知ろう!6社比較!日数も

お待たせしました。では、価格比較にまいりましょう!シルクとポリ、両方の値段を比較しています。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

クリーニング業者 シルク ポリ 日数 詳細
ホワイト急便 550円 450円 即日 詳細
せんたく便 509円 509円 5営業日 詳細
リネット 730円 730円 2日 詳細
ネクシー 850円 650円 3営業日 詳細
リナビス 980円 980円 5営業日 詳細
白洋舎 1,150円 600円 即日 詳細

シルクのスカーフはだいたい500~1,000円の範囲ですね。ポリエステルになるともう少し安くなります。

スカーフをクリーニングするならオススメは?

オススメはリネットです。

リネット

  • 値段
  • スピード
  • 品質

ともに申し分ありません。特に品質面では、気に入らなかったときのために「再仕上げ無料」サービスがあります。

とはいえ、厚労省管轄のクリーニング工場でクリーニングしていますから、基本的には安心です。

どちらかというと、「再仕上げ無料」にしてもいいくらい「品質に自信がある」ということですね。

会員数が20万人を突破したことからも、多くのヒトから支持されていることがわかります。

無料シミ抜きがデフォルトでついてきますから、気付きにくい裏地のシミなども丁寧に取ってくれるのもうれしいですね。

リネット詳細ページへ

クリーニングに出す際の注意点

出すときの注意点というよりは、これは覚悟しておいてくださいね、というお話になります。というのも、

  • シルクはシミ抜きが非常に難しい素材

です。そして、スカーフは色物が多いです。

なので、限界までシミ抜きをしようとすると「色落ち」「毛羽立ち」などが起こる可能性があります。

できれば、シミがついたら時間をおかず速攻でクリーニングに出されると良いでしょう。そうすることで少なからずシミが消える可能性が高まります。

それでも完全に消せる可能性が低いのがシルクっていう素材なんですね。

シミが気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

シミ抜きのクリーニング料金って?プロがいるのはドコ?