まず最初に、よく間違われる点として、

  • ワイシャツとシャツは違います!

ワイシャツは型が決まっていますので流れ作業でクリーニングできます。

対してシャツは型も素材もバラバラですから、一点一点仕上げをしていく必要があるんですね。

そのため、基本的にワイシャツよりもシャツの方がクリーニング料金が高くなります。リネットでのシャツとワイシャツの定義を例に出しますと、

本来、ネクタイをつけて着用するもの → ワイシャツ(写真左)
カジュアルシャツやネルシャツなど、シャツだけでも着用できるもの → シャツ(写真右)

これが一番簡単な見分け方です。 ただ、近年は、クールビズやシャツのカジュアル化が進んでおり、 よりお客様でのご判断が難しくなっております。

シャツとワイシャツ

値段にすると、

  • ワイシャツ:120円
  • シャツ:460円

これくらい違うんですね。基本的には、ネルシャツやポロシャツといった普段着になるものは全てシャツに分類されると思って頂ければ良いと思います。

そのことを踏まえたうえで、シャツをもっとも安くクリーニングできるのはどこ?という視点でクリーニング業者を比較してみましょう。

シャツをクリーニング!6社比較で相場を知ろう

安い順に並べていきます。値段は税抜の価格です。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

業者名 値段 詳細
ホワイト急便 400円 詳細
リネット 410円 詳細
せんたく便 509円 詳細
ネクシー 550円 詳細
白洋舎 550円 詳細
リナビス 980円 詳細

最安値はホワイト急便です。ですが、この料金は「宇部支部」のモノでして。

ホワイト急便は店舗によって料金かなり変わりますので、お近くのお店のクリーニング料金を確認してみてくださいね。

ネット宅配クリーニングでは個別タイプがやはり強いですね。

コートなどの大物を一緒に出したり、シルクなどの高級素材、レースやプリーツといった装飾品が多用されているシャツの場合、パックタイプの方が値段が安くなるかもしれません。

パックタイプは洋服個別に料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるイメージです。

パックタイプや宅配クリーニングについて、もう少し詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてくださいね

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

お手持ちのシャツをご覧いただき、必要に応じてクリーニング業者を使い分けられると良いと思います。

クリーニングにかかる日数につきましては、以下の記事をご参照ください。

シャツのクリーニング仕上がり日数を比較!最短は?

シャツをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した6業者の中でのオススメは、リネットです。

リネット

  • 初回30%OFF
  • 再仕上げ無料
  • 初回送料無料
  • シミ抜き無料
  • クリーニング料金はほぼ最安値!
  • 送料無料の条件が緩い(プレミアム会員なら1,900円以上)
  • コンビニからも簡単に出すことができる

安い、早い、高品質と3拍子揃っています。

シャツだと襟に汗ジミ(黄ばみ)がつきがちですが、リネットは無料でシミ抜きをしてくれます。早め早めにクリーニングに出しておくことで、いつまでもキレイなシャツを着ることができるわけですね。

会員数15万人以上から支持されている高品質クリーニングを、あなたも体験してみませんか?

詳細ページへ 体験談はコチラ!

シャツをクリーニングに出す際の注意点

先ほど軽くお話ししましたが、シャツは追加料金を取られるケースが多いです。

普通のネルシャツなら問題はありませんが、ちょっと凝ったシャツをクリーニングに出される際は注意してみてください。

個別タイプであれば、宅配クリーニング、店舗型のクリーニング店に関係なく追加料金は発生します。気に留めておきたいのは、

  • 素材料金(シルク・麻などが30%以上)使われていないか?
  • 装飾品(レース・ラメ・スパンコールなど)が使われていないか?
  • 一部革素材(3cm四方以上の革素材)が使われてないか?

の3点です。

お店によって追加料金は違いますがリネットを例に挙げますと、

  • 素材料金:+480円
  • 装飾品:+330円
  • 一部革素材:+330円

です。

もし、近所のお店で上記に該当しても追加料金を取られない場合、「ラッキー!」とは思わないでくださいね。

追加料金が発生するのは、それだけ手間がかかるということなんです。追加料金を取られないという事は手間をかけない、ということでもあります。

帰ってきたシャツが見る影もない姿に…なんてことは避けたいですよね。

素敵な洋服にはメンテナンスにもお金がかかってしまうものなのです。ここは割り切って、きちんとクリーニングしてくれる業者に預けたいですよね。