入社式の次に大きなイベントと言えば、新入社員歓迎会ではないでしょうか。
職場の雰囲気に慣れるチャンスであり、会社の上司とコミュニケーションを図るチャンス!緊張と気合いが入り混じる瞬間と言えます。

会社の人たちとの交流を深める場ですから、少し気合いを入れてクリーニングした清潔感のある服で臨みたいところです。
しかし、新入社員歓迎会は具体的にどんな服で臨めば良いのでしょう…。

新入社員歓迎会の服はスーツよりオフィスカジュアル⁉︎

会社によっては、スーツ着用といった指定をしているところもあります。
新入社員からすれば、あらかじめ会社から指定されていた方が服選びに困らないでしょう。
しかし、多くの場合は細かな指定がないもしくは私服という指定のみのため、何を着ていけば良いのか悩んでしまうのです。

そんな時におすすめなのは、オフィスカジュアルです。
具体的には、以下のようなアイテムが挙げられます。

  • ジャケット
  • パンツorスカート
  • カーディガン
  • シャツ

スーツよりも堅苦しくないラフな印象を与えてくれます。
けれど、上記の中から選んだアイテムに以下のような特徴が見受けられた場合、上司や先輩からの印象を悪くしてしまうかもしれません。

  • 色が原色であったり柄が派手なもの
  • 胸元や足などの露出が多い
  • スニーカーやサンダルを合わせている
  • ヨレていたりシワがあるなど、全体的に清潔感がない
  • デニムやスウェットなどのカジュアル過ぎるアイテムを選んでいる

新入社員歓迎会に着ていく服は、私服で良いと言われたとしても清潔感と社会人らしさを感じさせるアイテムを選ぶ必要があります。

稀に、リクルートスーツを着ていく人もいるようですが、学生感が出てしまい新入社員歓迎会では少し浮いてしまうかもしれません。

大人としての自覚を持っていることを感じてもらうためにも、オフィスカジュアルが無難な選択だと言えます。

新品を着ていくよりクリーニングした既存の服がおすすめな理由

中には、新入社員歓迎会のために服を新しく購入する人もいるでしょう。
しかし、見るからに真新しい服は気合いが入りすぎたような印象を与え、少し空回りしたように見られてしまうかもしれません。

そこでおすすめなのは、

持っている服を事前にクリーニングして着ていく

ことです。

なぜ、持っている服をクリーニングしてから着ていくのが良いのでしょうか。
それには、いくつかの理由があります。

  • 家で洗濯した時よりも仕上がりが綺麗だから
  • 気合いが入りすぎたような印象を与えずに済む
  • 新品の服を着て行った場合、元々オフィスカジュアルのアイテムを持っていなかったのか?と思う上司もいるから
  • 既存の服を大切に扱っていることでさりげなく社会性をアピールできる

会社の上司や先輩は、歓迎会では仕事中のような気合いが入った状態よりも、リラックスした状態で新入社員との会話を楽しみたいと感じています。

かと言って、友達と会うような服では社会人の自覚がないと思われてしまう可能性もあるため、服選びに頭を悩ませるところです。

しかしそんな時は、持っているジャケットやパンツをクリーニングに出してから着ていくのがおすすめです。

適度なフォーマル感を演出し、上司や先輩に好印象を与えられるでしょう。

ただの飲み会じゃないから…クリーニング+DX仕上げで印象アップ

新入社員歓迎会は、ただの飲み会ではありません。
新しく入った仲間を祝い、普段は交流がない人たちとも話す機会が生まれる貴重な場所だと言えるでしょう。

だからこそ、

クリーニングにDX仕上げをつけて、風合いへの配慮

を見せることが大切です。

その理由は、上司や先輩など年を重ねた人たちは、服の素材や風合いが良いものを選ぶ傾向があり、それにより人の社会性が出ることを心得ているためです。

そのため、新入社員歓迎会に来ていく服はクリーニングだけでなく、DX仕上げをプラスして風合いに配慮しておくと良いでしょう。

特に接客や営業、広報など外部の人と接する機会が多い仕事の人におすすめです。

身だしなみをしっかり整える姿勢があるということで、好感を抱いてもらえる可能性が高まります。

新入社員歓迎会はDX仕上げしたオフィスカジュアルで臨もう

新入社員にとっては、入社式の次に迎えるイベントとも言える新入社員歓迎会。

会社の上司や先輩たちと有意義な時間を過ごすためにも、あらかじめ持っているジャケットやパンツをクリーニングに出して、綺麗な状態にしておきましょう。

その際、DX仕上げをプラスすることを忘れないようにしてくださいね。

心から楽しかったと思える新入社員歓迎会になることを祈っております!