春の大イベントのひとつと言えば“お花見”です。
桜を眺めながら友人や家族でお酒や食事を楽しむ。とても幸せなひとときですよね。

そんなお花見ですが、お酒や料理以外にも準備しておくべきものがたくさんあります。
例えば、レジャーシートやゴミ袋、ウェットティッシュなどが挙げられます。

そこにプラスして用意しておきたいのが厚手のストールです。
なぜ、お花見にストールが必要なのでしょうか。

お花見シーズン3月下旬〜4月の夜はまだ肌寒い

お花見に厚手のストールを持っていくべき理由。
それは、

お花見シーズンと言われる3月下旬〜4月の夜は肌寒い

からです。

日中は、ポカポカと暖かい気候であるため薄着でも寒さを感じることはないでしょう。
けれども夜はまだまだひんやり冷たい空気が流れています。

薄着でお花見に参加してしまったら、一人寒い思いをしてしまうかもしれません。
そうならないようにするためにも、防寒対策をしっかりして臨むことをおすすめします。

しかし、防寒対策なら厚手のストールではなくても、厚手のコートやニット、ひざ掛けなどでも代用できるはずです。
厚手のストールにこだわる理由とは何でしょうか。

厚手のコートよりもストールがおすすめな理由

厚手のコートやニット、ひざ掛けよりもストールがおすすめな理由は、主に6つの理由が挙げられます。

  • 厚手のコートやニットよりも寒さ対策の微調整がしやすい
  • ひざ掛けよりも首に巻く、肩にかける、膝の上に乗せるなど使い方のバリエーションが豊富
  • おしゃれさもさり気なくアピールできる
  • カバンに収納もできるし、そのまま首に巻いておくこともできるため持ち運びが便利
  • 手触りが気持ちいい
  • 日中は、羽織っておくだけで日焼け対策になる

他の防寒対策に比べて、メリットが多いことを感じていただけましたでしょうか。

さらに、お花見の防寒対策として使われることの多い、ストール、コート、ニット、ひざ掛けを4つの観点から見てみました。

防寒対策 体温調節 使いやすさ 持ち運び
ストール
コート
ニット × ×
ひざ掛け

厚手のコートやニットは、ものによっては防寒対策として厚手のストールよりも向いているかもしれません。
しかし、暑くなってきたときの体温調節がしづらいため、あまりおすすめとは言えません。

ひざ掛けはストールと同様に防寒対策や体温調節のしやすさに良さがあります。
けれども、行き帰りの荷物になってしまうというデメリットがあるため、おすすめ度は少し下がると言えます。

防寒対策だけでなく使いやすさなども含めトータル的に判断した時に、厚手のストールがお花見の防寒対策に一番適している

のです。

汚れがつきやすいからこそ事前クリーニングで汚れ対策が大切

お花見の防寒対策には、厚手のストールがおすすめであると前述しました。
だからと言って、そのまま持っていくのは控えるべきでしょう。

なぜなら、

お酒や食事、砂など汚れがつきやすい環境

であるためです。

そのため、お花見で使用するストールはクリーニングで汚れ対策をしておくと良いでしょう。

そんな時は、クリーニング店で行っている

防汚加工

を施しておくことで、お酒や食事、砂がついてもストールに汚れが残りにくくなります。

お花見を楽しんだ後は、どっと疲れが押し寄せてきます。
休みたい時にストールの汚れ落としに時間を割くのは誰でも億劫に感じるでしょう。

後の手間を考えた時にも、ストールはクリーニングに出して防汚加工を施しておいてもらうのが得策と言えます。

手触りを良くしておきたいなら「DX仕上げ」がGOOD!

ストールの魅力と言えば、防寒対策や見た目のかわいさと並んで手触りが良いことではないでしょうか。
暖かいだけでなく手触りが良い場合、より嬉しい気持ちになれますよね。

そこでおすすめなのがDX仕上げです。クリーニング店によってはやっていない場合もありますが、生地に風合いを良くする加工を施してくれます。
風合いを良くする加工を施すと、ストール本来が持つ手触りの良さがさらにパワーアップし、気持ち良さが変わりますよ。

カシミヤやウールなどが使用されたストールは、効果を実感しやすいでしょう。

花粉症の人は「花粉ガード加工」も忘れずに!

花粉症の人にとって、お花見会場は戦場とも言えます。
なるべく花粉症の症状に悩まされないようにするためにも、花粉ガード加工をつけておくと良いでしょう。

一度加工をつければ、約2ヶ月ほど効果が持続するようなので、お花見後にストールを使用する時も安心です。

お花見はクリーニングしたストールで賢く防寒対策をしよう!

一年に一度しかできないお花見。冬の寒さから解放されたこともあり、ついハメを外したくなります。
しかし、寒さで心から楽しめないなんてことになっては大変です。
最後まで気持ちよく過ごすためにも、防寒対策として厚手のストールを持っていきましょう。

その際、事前にクリーニングに出して防汚・花粉対策をしておくことを忘れてはいけません。
しっかり準備をして、友人や家族とお花見を楽しんでくださいね!