入学式に保護者が着ていくジャケットやスラックス、スカートなどのフォーマルな服。
ご近所さんは、着る前にクリーニングへ出しているの?

そもそも、クリーニングってあまり使ったことがないから、値段や汚れ落ちなど気になることがたくさん…。
値段が高いなら、そんなに汚れているものじゃないし、家庭用洗濯機で洗ってしまおうかな…。

主婦にとってクリーニングは、身近にあるようで意外と遠い存在なのかもしれません…。
実は、クリーニングの特性を知っている人ほど上手に活用しているんです。

特別な日に着るものだからこそクリーニングを使う人が多い

ご近所さんは、入学式に着るジャケットやスラックス、スカートなどクリーニングしてから着ているのでしょうか?答えは「YES」です。

もちろん、全ての人がクリーニングを利用しているわけでありません。
けれども、入学式などの特別な日に着る服や、シーズンオフでになった服をクリーニングに出す人はとても多いです。

普段着は家庭用洗濯機で洗い、着る頻度が限られている服はクリーニングで綺麗にしてもらう。

そんな風に使い分けている人が多いのではないでしょうか。
着る頻度が限られているからこそ、しっかりとしたメンテナンスを行う。
そうすることにより、長く綺麗な状態で着られることを心得ているのかもしれません。

実際のところ家庭用洗濯機で洗うよりも綺麗になるの?

家庭用洗濯機とクリーニング。実際、仕上がりや汚れ落ちに差はあるのでしょうか。これも、答えは「YES」です。
そもそも、

ジャケットやスラックス、スカートなどのフォーマルな服は、大半がドライクリーニング必須の製品です。

最近は水洗い可能なジャケットやスラックス、スカートも売られていますが、主流はまだまだドライクリーニング。

基本的にクリーニング業社は、衣類についている洗濯表示に基づいて衣類を洗浄するため、水洗いではなくドライクリーニングをします。

一方、

家庭用洗濯機で洗浄する場合、基本は水洗い。ボタンひとつで操作できますが細かな調整がききません。

結果として、服にとって最適な方法で洗えるクリーニングの方が、汚れも綺麗に落ち風合いも損ねにくいと言えるでしょう。

値段も意外と手頃!活用しないともったいない

「クリーニングはなんとなく高そう…」そんなイメージを持っている人も多いです。
確かに毛皮品やダウンコートなどのクリーニングは、高額な値段設定だと感じるかもしれません。
しかし、その他の服は意外と手頃な値段で利用できることをご存知でしょうか。

まず、入学式で着る服を以下にまとめてみました。

  • ジャケット
  • スカートorパンツ
  • ブラウスorワイシャツ
  • ワンピース
  • ネクタイまたはリボン
  • 着物

基本的に入学式に参加する保護者は、男性、女性問わずスーツを着て行く人が多いのではないでしょうか。

 

クリーニング業社により値段は若干異なりますが、目安となる1点あたりのクリーニング代金は下記の通りです。
(値段は全て税抜き表示)

  • ジャケット・・・680円〜780円
  • スカートorパンツ・・・450円〜780円
  • ブラウス・・・350〜550円
  • ワイシャツ・・・180円〜350円
  • ワンピース・・・800円〜1480円
  • ネクタイ・・・400〜480円

例えば女性が着るジャケット、ブラウス、スカートの3点をまとめてクリーニングに出した場合、上記表の最安値で計算してみると合計金額は1,480円(税抜き)になります。
思っていたよりも、手頃な値段だと感じていただけるのではないでしょうか。

着物は「素材」によって値段が異なる

着物は取り扱い方法がわからない人が多いため、値段が高くてもクリーニングに出すか、着物専門店に持っていくかを選択する人がほとんど。

そして、クリーニングの値段は、素材によって大きく異なります。
例えば、着物の素材がポリエステルの場合、安いところでは1,200円〜でクリーニングが可能です。

しかし素材が正絹の場合、クリーニング業社によっても異なりますが相場は7,000円〜です。
ものによっては10,000円以上することもあるでしょう。
特に正絹の着物は、家庭用洗濯機で洗うと生地がダメになってしまう危険性が高く、取り扱いが難しいため、ポリエステル素材のものより値段が高くなります。

ポリエステル素材の着物であれば、家庭用洗濯機で洗っても良いでしょう。
しかし、汚れ落ちや風合いを考えるなら、着物はクリーニング店に出すのがおすすめです。

余談ですが、

着物のクリーニングは他の衣類に比べ、納期に時間がかかります。

もし、着る前に着物をクリーニングしたいと考えている人は、遅くても入学式の一ヶ月前までには出しておきましょう。

入学式で着る服はプロのクリーニングへ!綺麗な状態で出席しよう

入学式で着るジャケットやスラックス、スカートなどのフォーマルな服。
汚れ落ちの良さだけでなく、長く着られるようにするためにも、クリーニングに出すことをおすすめします。

綺麗な服は、周りの人に清潔感を感じさせ良い印象を与えてくれます
また式の主役である子供が、誇らしい気持ちで入学式に臨むことができるかもしれません。
あまりクリーニングを使わないという人も、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。