「うしー久しぶりにあのコート着ようかなー」

なんてクローゼットからコートを引っ張り出すと、なんだか白っぽい。

ひー!カビ生えてるじゃん!

なんて経験ありませんか?私は何度か経験しています…。

では、カビが生えてしまったらどうしたら良いのでしょう?最初に考えるのは、やはりクリーニング。

でもクリーニングでカビ取ってもらうのってお高いんじゃ?と思いますよね。

高いようなら、いっそ捨ててしまうか、傷むの覚悟で自分でなんとかしてしまうか…。

というわけで、クリーニングに出すとどのくらい料金がかかるのか見ていきましょう。

タダでカビが落とせる?まずは無料でカビ取りクリーニング

ハイ、元も子もありませんが、ほとんどの場合、クリーニングに出すとカビは落ちます。

カビには大きく分けて2種類ありまして、

  • 白カビ
  • 有色カビ

このうち、発生しやすく落としやすいのが白カビです。スーツのジャケットやウールのコートなどに発生することが多いですね。

で、白カビは普通にクリーニングすると大抵落ちるんですね。無料シミ抜きを行っている業者の場合、基本的に追加料金は発生しません。

クリーニングしないと落ちませんから、全くのタダ、というわけにはいきませんが、クリーニング料金を払えばOKなわけですね。

洋服のクリーニング料金につきましては、洋服別に比較記事を作っていますので、お手持ちの洋服のクリーニング料金を見て頂ければと思います。

洋服別比較記事一覧

さて、問題なのは「有色カビ」。中でも衣類に関係があるのは「黒カビ」ですね。

黒カビはおもに、ワイシャツやブラウスなどに発生します。

夏場に、ずっと洗うのを忘れていたワイシャツの襟もとによく発生してますよね。布団や枕などにいることも。

これは、とても厄介なカビでして。普通にクリーニングしただけでは落ちてくれません。

漂白などをしないといけないわけですが、色ものの洋服ですと、漂白すると色が落ちてしまいます。

そのため、「色かけ」といった作業工程が必要になります。そしてこれはとても面倒でお金がかかります。

モノによって違いますが、数千円~数万円かかることも。

なので、白カビでも広範囲にわたるカビや、黒カビの可能性がある洋服については、事前に確認しておくことをオススメします。

いざクリーニングが終わってから、何万円も請求されたら泣いちゃいますよね…。

では、他店で断られたり、有料ですよ、と言われたカビについては諦めたほうが良いのでしょうか。

いえ、諦めるのはまだ早いです。

リナビスなら有料オプションでなんとかしてくれるかも?

宅配クリーニング業者に「リナビス」という業者があります。

この業者は唯一、

  • カビ抜き加工

というオプションがある業者です。

もともと高級クリーニングであり、たいていのシミを無料でシミ抜きしてくれる業者。シミ抜きの凄さについては、以下の記事をご参照ください。

シミ抜きのクリーニング料金って?プロがいるのはドコ?

これだけの技術を持ったクリーニング業者が、あえてオプションとして「カビ抜き加工」を設けています。

通常の白カビなら、普通にクリーニングで落とせるにも関わらず、あえて「カビ抜き加工」を有料で設定している理由は一つ。

  • 他では落としづらいカビでも落としてくれるから

ですね。

「このカビ、大丈夫かしら…」

と思われるようでしたら、まずは「リナビス」に依頼してみてはいかがでしょう。

リナビスを評価!評判と口コミから見える実力とは?

それでもダメなら諦めましょう…

もし、それでもダメなようでしたら…。諦めるのが無難と言えます…。

数万円出しても惜しくない!でしたら、シミ抜き専門業者にお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

本当にマジメな話、数万円~数十万円かかるケースもありますから、いきんなり持ち込みではなく、しっかりと見積もりを出してもらいましょうね。

カビを防止・予防するには?

まずはカビの元を除去!

まず、一度でもカビが生えたようでしたら、その洋服を収納している場所にカビ菌が残っている可能性が高いです。

そのため、洋服ダンスなりクローゼットなりを、きちんと消毒しておきましょう。

薬局に行けば、500円くらいで消毒用エタノールが売っていると思いますので、霧吹きに入れてシュッシュしておきましょう。

カビていない洋服も、天気が良いなら天日干ししてしまいましょう。洋服にカビ菌がついていると元の木阿弥ですからね。

カビを予防するには日々の努力が必要です

一般にカビが生えやすいと言われているのは、

  • 温度:20~30度
  • 湿度:70%以上

と言われています。

梅雨どきは、思いっきりこの条件に合致しますから、カビに気をつけないといけないわけですね。

ただ、エアコン・加湿器・除湿機をフル活用している現代、梅雨どき以外でもこの条件に当てはまることは多いです。

人が快適だと感じる室温と湿度は、

  • 温度:25~28度
  • 湿度:55~65%
  • 温度:18~22度
  • 湿度:45~60%

季節を問わず、ちょっと湿度が高くなると、一気にカビ菌が発生する可能性があることがわかりますね。

温度を調節するより、湿度を調節したほうが過ごしやすいと思いますので、湿度を下げる方法をご紹介しておきます。

  • エアコン(ドライ)
  • 除湿機
  • 換気
  • 除湿剤

そんなの知ってるよ!って内容ばかりですね(汗)。

ともあれ、意外に面倒なんですよね。特に換気。

クローゼットや洋服ダンスをこまめに換気。除湿剤の取り換え。大事なのはわかっていても、ついつい忘れちゃいます。

そこで、スーツやコートなどについては、家に置いておくよりも保管サービスを利用されることをオススメします。

オフシーズンにはクリーニング保管サービスも活用

カビの繁殖原因のひとつとして、洋服にほこりや食べかすなどがついていることも挙げられます。

なので、少なくとも1回以上着た洋服については、クリーニングに出してあげたいところです。

コートは、まめにクリーニングされる方が多いと思いますが、忘れがちなのは、スーツや礼服。

最近は、6月以降スーツの上着を着なくても良い会社が多いですから、6月になったらスーツをクリーニングに出す。

そして、そのまま保管してもらいましょう。

洋服5点~という業者が多いですから、ついでに礼服もクリーニングに出してしまいましょう。

そして、必要になる10月に送り返してもらう。

そうすることで、高温多湿の危険なカビ期間をスルーすることができます。

いざスーツの上着を着ようとして、

「ガーン、カビ生えてる!」「なんだかカビ臭いんだけど…」

なんてこともなくなります。

ピカピカにキレイになったスーツを着ることができるわけですね。

そして、梅雨どきや夏場といった危険な時期を、換気などにヤキモキせず過ごすことができます。

クリーニングの保管サービスを活用して、カビ知らずの日々を手に入れちゃいましょう。

宅配クリーニング保管サービスランキング!人気なのはドコ?