クリーニングってなんだかんだお金がかかりますよね。

  • せっかくだしクレジットカードでポイントが貯まるお店がいいな
  • 今月ちょっとピンチだからカードで支払いしたい
  • お財布忘れたからカードで後払いとかできないかしら

人それぞれに思いがあると思います。どうせなら支払い方法を自由に選べるほうがいいですよね。

少しでもお得に、そして便利に利用するにはどうすれば?というわけで、クリーニング店の支払方法を比較してみました。

クレジットカードを使えるチェーン店ってある??

宅配クリーニングは、ほとんどの業者でクレカ支払ができるわけですが気になるのはチェーン店。そこで、チェーン店の中でクレカ支払できるお店があるか調べてみました。

結果は…

クリーニング業者 カード対応 詳細
白洋舎 記載ナシ 詳細
ホワイト急便 記載ナシ 詳細
ポニークリーニング 記載ナシ 詳細
スワロークリーニング 記載ナシ 詳細
クリーニングルビー 記載ナシ 詳細
クリーニングピュア 記載ナシ 詳細
ピュアクリーニング 記載ナシ 詳細
カーニバルクリーニング 記載ナシ 詳細
エンゼルクリーニング 記載ナシ 詳細
うさちゃんクリーニング 詳細
ノムラクリーニング 詳細

ほとんどのお店が公式には記載されていませんでした(哀)。

うさちゃんクリーニングとノムラクリーニングのみ、クレカ対応店が記載されています。ただ、これも全てのお店というわけではなく。

お近くのお店がクレカ対応しているかどうか、公式で確認されることをオススメします。

公式に載っていないお店についても、クレカ対応されている可能性がありますので、まずは電話されてみてはいかがでしょう?

チェーン店の店舗検索ページは、以下のページにまとめていますのでよろしければご利用ください。お近くのお店も駅名から検索できます。

クリーニングチェーン店まとめ!

宅配クリーニングの料金支払い方法を比較!メリットとデメリットをご紹介

次に宅配クリーニングの支払方法を見てみますね。白洋舎・ホワイト急便はお店ではなく、宅配クリーニングを利用した場合になります。

クリーニング業者 代引き クレジットカード 銀行振込 詳細
ピュアクリーニングプレミアム x x 詳細
ネクシー x 詳細
リネット x 詳細
白洋舎 x 詳細
ホワイト急便 x x 詳細
リナビス 詳細
せんたく便 x 詳細

全ての業者でクレジットカードに対応しています。クレカで支払いをしたいなら、宅配クリーニングを利用されると良いのではないでしょうか

代引きと銀行振込については、対応している業者とそうでない業者がありますね。

では、支払方法別にもう少し詳しく見ていきましょう。

クリーニング料金を代引き(現金後払い)で支払いする場合

代引きは現金支払いですね。クリーニングされた洋服を受け取る際に現金で支払う方法です。

メリット・デメリットは、

  • メリット:カードを持っていなくても現金で決済できる
  • デメリット①:代引き手数料がかかってしまう
  • デメリット②:商品受け取り時にお金を支払うのが面倒

クレジットカードを持っていなくても決済できるのは便利なのですが、代引き手数料がかかってしまうのが難点です。

では、いくらくらい手数料を取られるのでしょう。クリーニング業者ごとに見ていきますと、

  • ネクシー:324円
  • リネット:324円
  • リナビス:324円
  • せんたく便:324円

一回くらいでしたら気にならない金額ですが、積み重なると大きな金額になりそうです。できればカードで決済しておきたいところですね。

まだお持ちでないようでしたら、「楽天カード」をオススメします。

  • 主婦・学生でも審査が通りやすい
  • 年会費無料
  • 入会時に楽天ポイント5,000~8,000ポイントもらえる

とにかく審査が通りやすいんですね。最初に持つカードとして多くの方が入会されています。

まだお持ちでないようでしたら、この機会に作成されてはいかがでしょう。

楽天カードの現在のキャンペーンは?

と、横道にそれちゃいましたね。話を戻します。

クリーニング料金をクレジットカードで支払いする場合

ネットで決済する際に、無駄な手数料を取られることがなく、逆にポイントなどが貯まる。そのため、決済の主流はクレジットカードですね。

メリットとデメリットは、

  • メリット①:手数料がかからない
  • メリット②:ポイントなどが貯まり、お得に利用できる
  • デメリット:カードを持っていないとカードを作る必要がある

特に縛りがないようでしたら、クレジットカードで決済されるのがベストと言えます。

とはいえ、お持ちのカードが使えるかどうか?が気になるところです。各業者の対応国際ブランドは、

クリーニング業者 VISA MASTER JCB AMEX Diners
ピュアクリーニングプレミアム
ネクシー
リネット
白洋舎
ホワイト急便
リナビス  x
せんたく便

AMEXとDinersに対応してない業者はありますが、VISA、MASTER、JCBは全ての業者が対応しています。

AMEXかDinersのカードをメインで使われている方は、白洋舎とリナビス以外の業者を利用されると良いかもしれませんね。

国際ブランドって何??という方に簡単に説明しますと、

右下についているマークですね。このカードですと、

  • 国債ブランド:Master Card
  • 発行元:楽天カード

になります。発行元が変わると、同じ国際ブランドのカードでもポイントが変わったり審査条件が変わったりします。

簡単に、お持ちのカードの国際ブランドに対応しているお店なら、そのお店では使える、という認識で良いかと思います。

クリーニング料金を銀行振込で支払いする場合

銀行振込で支払う場合のメリット・デメリットは、

  • メリット:カードを持っていなくても銀行から振込みできる
  • デメリット①:振込手数料がかかる場合がある
  • デメリット②:振込をするのが面倒

一般的には振込手数料のほうが代引き手数料よりも少なくなります。そのため、カードを持たれていない場合は銀行振込が視野に入ってきます。

銀行振込対応業者の振込先銀行は、

  • 白洋舎:みずほ銀行
  • リナビス:中兵庫信用金庫

ですね。

まとめ

クリーニング料金の支払い方法は、

  • 代引き(後払い・現金払い)
  • クレジットカード
  • 銀行振込

です。オススメは、やはりクレジットカード決済ですね。手元に現金がない場合、お得にポイントを貯めたい場合などなど、ご自身の状況に合わせて利用することができます。

お住まいの近くにクレジットカード決済に対応したクリーニング店がない場合、この機会に宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょう。

オススメの宅配クリーニング業者については別記事にまとめていますので、よろしければご参照ください。

【2017年版】宅配クリーニングのおすすめは?比較結果をランキングでご紹介