合コンで気合いを入れるために香水をつけて行ったら、ニットに匂いがついてしまった…。

そんなとき、クリーニングに出せばニットについた香水の匂いを改善できるのでしょうか?

実は、香水によって香料の成分が異なるため、それぞれにあった手法でクリーニングしなければ改善は見込めません。

香水の成分の違いと、適切なクリーニング方法とは一体どのようなことなのでしょう…。

今回は、そんな疑問についてお答えいたします。

香水の成分が油性のものなら改善できる可能性が高い!

ニットについた香水の匂いは、クリーニングで改善できるのでしょうか。その答えは、香水の成分によって異なります。

もし香料の成分が油性なら、クリーニングで改善できる可能性が高いと言えます。

基本的に、ニットはドライクリーニングです。そしてドライクリーニングの最大の特徴は、油性の汚れを落とす力に長けていることでしょう。つまり、香料の成分が油性の香水はドライクリーニングとの相性が良いため、家庭用洗濯機で洗うよりも効果的に匂いを改善できるのです。

ただし、香水の匂いが付着してからの期間が経過している場合、ドライクリーニングでも改善できないことがあります。

これは匂いに限ったことではなく、シミや汚れも同様に言えることです。大切なニットに香水の匂いがついてしまったら、早めにクリーニングに出すことを心がけておくと良いでしょう。

香水の成分が油性じゃないとどうなるの?

実は、必ずしも香料の成分が油性だとは限りません。香水は油に香料を分散させて作られていますが、この香料が水性の場合ドライクリーニングでは匂いの改善ができないでしょう。

もし香水の匂いがついたニットをドライクリーニングした場合、

香水の元である油は落ちますが香料だけは残ってしまいます

そのため、クリーニングしたとしても見た目は綺麗になのに、香水の匂いは残っているといった状態になりかねません。これはクリーニングをする人の技術がないということではなく、ニットについた香水の成分とドライクリーニングが持つ性質が、異なることが原因なのです。

それでは、香水の香料が水性の場合はどのようにすれば匂いの改善ができるのでしょうか。実は、通常のクリーニングにある工程をプラスすることで匂いの改善ができるんです!

香水の成分が油性じゃない!水洗いをプラスすればOK

もし、香料の成分が油性じゃない場合はどうすれば良いのでしょうか。

そんなときは、汗抜き加工もしくはウェット加工などの水洗い工程を追加することで改善できます。

ドライクリーニングで香水の油分を落とし、汗抜き加工もしくはウェット加工を施して水性の香料を落とすという工程を行うことで、ニットについた香水の匂いも綺麗に取れます。

中には、匂いが取れればいいから、自分で水洗いしようと考える人もいるようです。しかし、水洗いだけしても香水の油がニットに残ってしまうため、場合によってはシミになってしまったり、生地の変色を起こす危険性があるためおすすめできません。

香料と油の両方を落とすことが大切であると認識しましょう。ちなみに香料が水性の香水以外にも、線香の匂いが同様に言えます。

ニットについた香水の匂いはクリーニングで綺麗にしよう

合コンで気合いを入れるためにつけた香水が、ニットについてしまった…。そんなときは、クリーニングに出して綺麗にしてもらいましょう。

香水は、

香料が油性のものと水性のものがあります。

そして、匂いの改善方法はそれぞれ異なります。

  • 香料が油性のものであれば、ドライクリーニングのみで改善できる可能性が高い
  • 香料が水性の場合は、汗抜き加工やウェット加工などの水を通す洗浄工程を加える必要がある

クリーニングに出す際は、香水の成分が事前にわかれば店員に伝えておくと良いでしょう。

基本的なことですが、衣類についた匂いは付着してからの期間が経過しているほど落ちにくくなります。ニットに香水の匂いがついてしまったら、すぐにクリーニングに出すようにしてください。できる限り早く適切に対処することが、あなたの大切な衣類を守るのです。

セーター(ニット)のクリーニング料金を比較!最安値は?