季節ごとに着用する衣類は異なりますが、秋~冬にかけて使用することが多いのがニットやセーターといった類の厚手の衣類となります。

使用しない時期になればきちんと収納しておく必要があり、クリーニングに出して綺麗にすることも考えなければいけなくなります。

ではニットとセーターとは一体何が違うのか、その違いによってクリーニング代金にどのような違いが出るのかを正しく理解している人はどれくらいいるのでしょうか。

違いを知りクリーニングを利用する場合の料金なども正しく理解しておかないと、クリーニングに出した際のトラブルにも繋がりますし思わぬ出費となることも考えられます。

ニットとセーターの違いとは?

まずニットとセーターの違いを知ることでクリーニングに出す際のトラブルも回避することが出来ます。

ニットとセーターの違いに関しては、ニットは素材そのもののことでありセーターはその素材を使用して作られた製品の名前であると考えると良いでしょう。

分かり易く言えばデニムとジーンズと同じ意味となり、デニムはジーンズを作るための生地の名前でありジーンズはその生地を使って作られた商品の総称となります。

これと同じくニットを使用して作られた製品がセーターとなり、セーターはあくまでも製品の括りだと考えるとわかりやすくなります。

ニットを使用した物にはニット帽などもありますので、ニットとセーターは根本的に違うものだと考えたほうが良いでしょう。

ニットは素材のことを指し示す言葉となりますが、ニットと言うのは1本の糸を切らさずに使用して作られた生地のこととなるため、使用している素材が異なれば同じニットであっても全く違う生地が出来上がることになります。

人工素材のニット

ニットの元となる素材には人工的に作られたポリエステルやアクリル、混紡糸などがあり、これが最も一般的に使用されているニット素材となります。

この人工糸を使用したセーターなどは市販されているものも多く着用している人も多い商品だといえるでしょう。クリーニングに出した場合には人工の素材なので扱いが容易くクリーニング代金もそれほど高額になることはありません。

人工素材外のニット素材としては動物性の素材と植物性の素材に分けられます。

動物素材のニット

動物性の素材はウールやカシミヤ、アンゴラやシルクといった素材になり、どれも天然素材ですのでニット自体の価格も高額になります。

もちろんその素材を使用したセーターの価格も高額になることが考えられますし、それをクリーニングに出した場合には人工素材のセーターよりもクリーニング代金が高くなると言えます。

これは人工素材に比べて動物性のウールやカシミヤは取り扱いが難しいですし、シルクなども人工素材と比べた場合には丁寧に扱う必要があります。そのためどのクリーニング店でも動物性素材を使用したニットセーターに関してはクリーニング金額を高めにせっていしてあるか、割増料金をプラスで支払わなければいけないケースがほとんどとなります。

植物素材のニット

植物性のニット素材となるのはコットンやリネンという綿や麻を使用した物となります。コットンやリネンに関しては動物性素材のニットと比べると耐久性も高いですし、自宅で洗濯することもできる商品が多いのが特徴となります。

セーターに関してもコットンやリネンを使用したものに関しては頑丈で長持ちするものが多いため、クリーニングに出した場合には料金的にはそれほど高額になることはないといえるでしょう。

ただし綿や麻といった素材は縮みやすいという特徴もありますので、クリーニング店によっては料金を別途設定していることもあります。

特にセーターのような商品に関してはふっくらとした編み方になっているものが多いので、縮みによってサイズが大きく変わる恐れもあるのでクリーニングのように熱を加える場合には注意が必要となります。

そのため追加料金を設定される場合も考えられますのでクリーニングに出す前には素材を確かめてクリーニング店で素材を説明することが必要となります。

まとめ

素材が違えば必ずクリーニング費用も違ってきますし、その素材が高額なものやクリーニングする野が難しい素材の場合はクリーニング自体を受付してくれないということもあるので、セーターをクリーニングに出す場合はそのセーターがどの素材で作られたものなのかを正しく理解しておかなければいけません。

そのためにもニットとセーターの違いが何かを知り、素材に合わせて料金も異なるということを考えてクリーニング店を利用すると良いでしょう。

料金はクリーニング店によっても全く異なりますし、素材によって得意不得意があるクリーニング店もあるのでその点も利用する場合には考慮してクリーニング店を使い分けするということも必要になります。

そうすることでニット素材に合わせた綺麗で丁寧なクリーニングが出来ますし、料金を無駄に支払うことも防ぐことができるでしょう。

セーター(ニット)のクリーニング料金を比較!最安値は?