部屋着に手軽な外出着にと大活躍のジャージです。

ちょっとした運動やサイクリングのときなどにも使えますよね。

手軽で動きやすいため、どうしても汚れが付着しがち。

洗濯で済ませることも多いですが、たまにはクリーニングでメンテナンスしておきたいところです。シミ抜きもできますしね。

では、クリーニング業者で最も安くジャージをクリーニングできるのはドコなのでしょう?

ジャージをクリーニング!6社比較で相場を知ろう

安い順に並べていきます。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

業者名 値段 詳細
ホワイト急便 400円 詳細
せんたく便 509円 詳細
ネクシー 550円 詳細
リネット 690円 詳細
リナビス 980円 詳細
白洋舎 記載ナシ 詳細

ジャージですが、上下別々でカウントされます。たとえば、ネクシーでジャージ上下を出したとすると、

  • 550円 x 2 = 1,100円

となります。ちなみにジャージは洋服のクリーニング代には珍しく、上下の値段が同じなんですね。

そのため、上下で出される場合は上記金額を2倍した金額になると思っていただければ良いかと思います。

さすがに白洋舎にジャージを出そうと思っている人は少ないんでしょうか…。料金は記載されていませんでした(汗)。

ジャージをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した6業者の中でのオススメは、リネットです。

リネット

  • 再仕上げ無料
  • 初回送料無料
  • シミ抜き無料
  • 送料を考えるとクリーニング料金が格安!
  • 初回は送料無料!
  • 最短2日でクリーニング!

安い、早い、高品質と3拍子揃っています。

クリーニング料金だけ見るとネクシーの方が安いのですが、

  • リネットは初回利用のキャンペーンがある
  • リネットは2回目以降も送料無料の条件が緩い(1,900円以上の利用で無料)
  • 送料がかかる場合も北海道、沖縄以外なら529円と格安

という3点のメリットがあります。

そのため、ジャージをクリーニングに出すならリネット推しです。

15万人から支持されるお得な宅配クリーニングを、この機会に始めてみませんか?

詳細ページへ 体験談はコチラ!

ジャージをクリーニングに出す際の注意点

ジャージだと思って出したら別の洋服扱いになった!なんてことがあります。

間違えやすいのは、「トレーナー・パーカー・フリース・スウェット」扱いになること。

リネットではこの2種類の違いを、

  • 裏地にパイル生地が使われているかどうか?

と定義しています。

表地、裏地ともにジャージ素材ならジャージ、そうでないなら「トレーナー・パーカー・フリース・スウェット」扱いになります。

気になる値段の違いは、

  • ジャージ:690円
  • トレーナー・パーカー・フリース:460円
  • スウェット:690円

リネットでは、ジャージと同じ値段か安くなるんですね。

その他の業者ではどうなるかわかりませんので、気になるようでしたらクリーニングに出される前に問い合わせをされることをオススメします。