十万円近くか、それ以上することもある高級ダウン。高価なアイテムですから、汚れないように大切に扱っている方がほとんどだと思います。

それだけに、いつクリーニングに出せばいいのか、どんなタイミングで出せばいいのか、悩んでしまいますよね。

「あまり汚れていないけど、まだクリーニングしなくても大丈夫?」
「シーズンごとにクリーニングに出した方がいいの?」

などなど、疑問は尽きないと思います。
そこで、クリーニングのタイミングについてご説明いたします。

高級ダウンのクリーニングのタイミングはいつ?

結論から言うと、

  • 何かをこぼすなどして汚れたら、すぐにクリーニングに出す
  • 目立った汚れがなくても、定期的にクリーニングに出す

です。

ダウン製品は、クリーニング料金が高いため、着る回数が多い割にクリーニングの回数が少なくなってしまう傾向があります。そのため、クリーニング店に出した時には、汚れがたまりすぎていたり、取れなくなっていたりするのです。

クリーニング料金とのバランスもありますが、高級ダウンはなるべく以下のようなタイミングでクリーニングに出すようにしましょう。普通のダウンもできれば同様にメンテナンスしておくと、綺麗な状態を長く保つことができます。

汚れた時や、雨や雪にしっかり濡れてしまった時

飲み物や食べ物をこぼすなどして汚れてしまった時は、早めにクリーニングに出しましょう。特に油性の汚れはシミになりやすく、生地そのものにもダメージを与えてしまいます。

また、雨や雪にしっかり濡れてしまった時も同じです。
雨や雪は一見ただの水に見えますが、空気中のチリや、排気ガスなどの大気汚染物質が含まれています。これも、シミや生地の劣化の原因になります。

撥水加工されているダウンなら、軽い濡れは拭き取っておけば大丈夫です。ですが、中のダウンに染み込むほどに濡れてしまった場合は、やはりクリーニングに出した方がよいでしょう。

襟元、首元、袖口の汚れが目立ってきた時

これらは、汚れが一番目立つ部分です。
逆に言えば、これらが汚れてきたということは、他の目立たない部分も汚れてきているということです。皮脂や化粧品など、落ちにくい油性の汚れが多いので、注意が必要です。

汗をたくさんかいた時

汗をたくさんかいてしまった時も、なるべくクリーニングに出しましょう。

汗をたくさんかくと、生地や内部のダウンに染み込みます。これを何度も繰り返すと、匂いやカビの原因になってしまいます。さらに、ダニやノミなどもつきやすくなります。
ダウンのふくらみにも影響を与えるので、汗をたくさんかいた時は、早めにクリーニングに出すようにしましょう。

着用シーズンの終わり(春など)

  • もう次のシーズンまで着ないな
  • 今年は着おさめだな

と思ったら、たとえあまり汚れていないように見えても、必ずクリーニングに出しておきましょう。

衣服の汚れは目に見えるものばかりではありません。ダウンに染み込んだ汗、排気ガスや大気汚染の成分などなど、1シーズンの間にたくさんの汚れがたまっているのです。

また、裏地や袖の内側など、見えない部分が汚れている可能性もあります。
そんな隠れた汚れまでスッキリ落として、次のシーズンまで持ち越さないようにしましょう。

まとめ

以上のように、クリーニングのタイミングはたくさんあります。これらの汚れを放置したり、クリーニング代を節約しすぎてクリーニングの頻度を少なくしてしまうと、ダウンや生地の劣化が進んでしまいます。

「クリーニング代を節約しすぎて、お気に入りの高級ダウンが早くダメになってしまった……」

こうなってしまうと、せっかく奮発して手に入れた高級ダウンが台無しです。大切なダウンのSOSを見逃さずに、定期的にクリーニングに出すようにしましょう。

ダウンコートのクリーニング料金を比較!最安値は?