軽く温かいダウンですが、その魅力と人気から高価なものが多いですよね。

そんなダウンに汚れがついてしまった時…正しい方法で対処しないとダウンを傷めてしまう原因に繋がってしまいますので、覚えておきたいですよね。

また、日々の汚れの積み重ねは、いざ汚れを落とそうと思った時、既に手遅れの場合もあるので、軽い汚れのうちに対処をして、大切なダウンを長持ちさせましょう!

皮脂汚れに注意!対処法もご説明

ダウンに限らず1番多い汚れと言えば、

  • 皮脂汚れ

ダウンと皮膚が1番接触しやすいエリと袖は特に汚れが潜んでいるのです!

目ではあまり分かりませんが、人が1日に出す汗の量は1リットル以上とも言われています。そんな汗がたっぷり浸み込んだエリにどんな危険が潜伏しているのか…考えただけで恐ろしいですよね。

汗の汚れや皮脂汚れは、ある程度になるまで目立つことはありませんが、目に見える程蓄積されると黒っぽく表れてきます。そこからもっと蓄積され、時間が経過するのと共に、黄色く酸化してきてしまいます。

ここで注意したいのがエリ・袖汚れの色です!

黒い段階だとある程度キレイに皮脂汚れは落ちてくれるのですが、黄色く酸化してしまう程落ちにくくなってしまいます。

何故かというと、汗汚れなどが空気中の酸素により酸化し生地を傷めてしまうのです。

その為「黄変シミ」と呼ばれるシミとなり、生地を黄色く変色させてしまうのです!そうなってしまうと、クリーニングだけでは落とす事は困難になってしまうのです。

汗や皮脂汚れの場合は黄変する前に除去する事を心がけましょう!

とは言うものの、高価なダウンはクリーニングも値が張りますので毎回のクリーニングは大変ですよね。クリーニング頻度を減らすためにも、日々のケアに心掛けてみましょう!

皮脂汚れの予防と対策

まず、着用時に皮膚とダウンが接触しない方法を考えてみましょう。

洗いやすいマフラーやエリが付いているタートルネックのセーターを着用してみるのも良いかもしれません!

袖に関しては、冬場長袖を着用している事が多いかと思いますので、内側はあまり心配ありませんが、やはり外側の汚れに注意しなくてはいけませんね。

その他にも見落としがちですがポケットには、実は沢山の皮脂汚れが付着する事があるので注意しましょう。

クリーニングに出す場合、ドライクリーニングではなかなか全て汗を洗い流す事は出来ません。その為定期的に汗抜きコースなどをお願いしてみるのも良いですね!

また、黄変シミになる前に染み抜きをしておきましょう。

意外に怖いファンデーションの汚れの対処法

女性の場合ファンデーション等がエリについてしまう場合がありますよね!ファンデーションは通常のドライクリーニングや水洗いではなかなか落ちません。

そんな時、小範囲であればクレンジングオイルを使って汚れを落としましょう!コットンなどにクレンジングオイルつけ、汚れの部分にトントンと、数回叩きます。

汚れが浮き出てきたらタオルなどでクレンジングオイルを落としましょう!

食べ物・飲み物汚れはとにかく早く!

食べ物・飲み物汚れの場合は時間との勝負です!

汚れがついてしまってから早ければ早い程汚れは落としやすくなります!万が一、汚れに気が付かずしまい込んでしまうとカビが発生してしまう可能性があるので注意しましょう!

ちなみにカビが生えてしまうと通常の洗いでは根本の菌を全て除去する事は難しく、根本から除去をしないとまた発生してしまう事があるので、クリーニング店に「カビが生えてしまいました」と持ち込みましょう。

予防方法はありません(事故ですよね…)ので落とし方をご説明

さて、食べ物・飲み物汚れの落とし方ですが中性洗剤、又は食器用洗剤を使用しましょう!クレンジングオイル同様、中性洗剤をトントンと叩くように洗います。

広範囲に及ぶ場合は押し洗いをするのも良いですがデリケート品ですので、洗い方を間違えないよう良く調べてから洗う事をオススメします。

洗剤に関してはそのダウンの素材により変色の原因となってしまう事がありますので良く品質表示を確認してから洗うようにしましょう!特に漂白剤などとは相性が悪い事が多いので使用しないようにしましょう。

また、不安な方はクリーニング店へ定期的に持ち込む事をオススメ致します!

ダウンジャケット・コートのお洗濯頻度としては使用頻度にもよりますが1シーズンに1~2回程度で大丈夫です。

あまり過剰な頻度のお洗濯は逆に生地やダウン品質を損ねてしまう可能性がありますので、汚れが極力つかないよう、日々のケアを心掛けましょう。

クリーニング店の相場として、ダウンジャケットは2000円~3000円程度、ダウンコートは2000円~4000円程度のようですが、お店によってかなり差があるようです。

お店によっては7000円という所もあるようで、やはり高価ですね…。

ダウンコートのクリーニング料金を比較!最安値は?

汚れを防ぐ方法の豆知識として、クリーニング店や市販で販売されている「防水加工」を事前にかけておくのもオススメです!

防水加工は基本的に水を通さなくする加工ですが、ホコリや汚れがついた時に落としやすくしてくれる効果もあるのです!

ダウンジャケット・コートの防水加工ってどれくらいの頻度でかけるのが良いの?