礼服ボレロをクリーニングに出したいけれど、そもそもワンピースとアンサンブルで着るものだから、ボレロだけが色落ちしてしまわないかが心配、という声をよく聞きます。

ボレロとワンピースのアンサンブルになった礼服は、機能性とファッション性の両方を兼ね備えているので、冠婚葬祭や、ちょっとしたお呼ばれの席でも着回せるアイテムとして人気があります。

ただ、ボレロをワンピースの上から羽織るため、どうしてもワンピースよりボレロの方が汚れがつきやすくなりますよね。しかも、黒はちょっとした汚れが目立ちやすいのも悩みの種ではないでしょうか。

クリーニング店での扱い

クリーニングに出す場合、礼服ボレロは通常のボレロではなく、ブラックフォーマルボレロとして扱われます。

これは、礼服の素材がデリケートなので、一般的なクリーニングだと生地が傷んでしまうから特別な扱いを必要とするからです。また、

仕上げもアイロンも機械任せにはできないため、かなりの手間がかかるのもブラックフォーマルのクリーニングの特徴です。なので、価格も一般のボレロより高くなることを覚えておいて下さいね。

ボレロに限らず、ブラックフォーマルは、よくある「○点まとめて1000円でOK」というようなセットクリーニングの除外アイテムであることがほとんどです。

礼服をクリーニングに出すなら?最安値は?仕上がり日数は?

どんなクリーニング店に出せばいいの?

安価で気軽に利用できるクリーニング店で依頼するのももちろんいいのですが、個人的には、できれば、少々高めでも丁寧に仕上げてくれるクリーニング店をオススメしたいです。

私が一番最初に礼服ボレロを出したクリーニング店というのが、後者の方でした。礼服ボレロとワンピースとアンサンブルでクリーニングに出したところ、2000円を超えました。

確か、ボレロだけで1000円近くしたはずです。正直なところ、「こんなに高いの?間違えてない?」と思いましたが、間違いではありませんでした。

ただ、できあがりもすばらしかったです。当然、気になる汚れも全てきれいになっていて、光沢感そのまま。シワもなく、文句のつけようのない仕上がりでした。

どのクリーニング店も、ブラックフォーマルのボレロは普通のボレロと違って特別扱いですが、お店ごとのこだわりがあるのも特徴です。

例えば、礼服ボレロと一口に言っても、ポリエステル、レーヨン、綿など、さまざまな素材がありますよね。最近はレース使いの繊細なボレロなんかもあります。

それぞれのボレロの素材に合わせて洗い方を変えるなどの対応をしてくれるのです。色や柄、飾り(リボンなど)になども考慮して、洗い方を選ぶこだわりを売りにしているお店もあります。

飾りがたくさんついているボレロだと、ネットに入れてクリーニングしてくれるなど、利用者に応じてカスタマイズされたクリーニングを行ってくれるお店もあるので、一概に値段が高いとは言えないかもしれませんね。

もちろん、洗い方のみならず仕上げも、職人が一品一品、手で風合いを保ちながら丁寧にアイロンをかけて仕上げてくれるのも値段に見合ったサービスで嬉しいですよね。

お店によっては撥水加工などのオプションをつけられる場合もあるので、一度、店頭で問い合わせてみるのもいいかもしれません。

今は、宅配クリーニングでもフォーマルクリーニングを扱っているところが多いので、忙しい場合は宅配クリーニングを利用するのも一案です。

ワンピースとボレロは一緒にクリーニングに出したほうがいい?

ここまでご説明したとおり、機械で丸ごと仕上げをするのではなく、一つ一つ丁寧に手をかけてクリーニングし、これまた手をかけてアイロンや仕上げを行っているので、色落ちも最小限に食い止められるのでは、と思いますが、ボレロだけをクリーニングに出すと、ワンピースとの色の落差がつくかもしれない、というのも気になるところです。

こちらは、どれくらい着用しているかや素材によって色落ちの度合いは変わってくるので一概にはいえませんし、クリーニングを出す際に店頭で個別に相談するのが一番いいのですが、ボレロのみを数回程度出しても、ワンピースと大差ができるほどの目立った色落ちはしないことが多いです。

とはいえ、礼服ボレロとワンピース、やはりアンサンブルとしてクリーニングに出すことをオススメします。

なぜなら、そもそも礼服ボレロをクリーニングに出すのはワンピースの上に着用している分、外気に触れて汚れているからですよね。

ただ、ワンピースは直接肌に触れているので、ぱっと見、汚れているようには見えなかったとしても、汗などで思った以上に汚れていることが多いです。

特に、脇の下や胸元、背中などは汗を掻きやすいゾーンです。礼服は基本的に自宅では洗いづらいものなので、放っておくと汗染みとしてワンピースの表面上に現れかねません。

私の知人は、礼服を着ているときにお子さんをだっこしていてワンピースによだれがついてしまった、スカートの裾を握っていた子どもの指が汚れていた、など、思わぬところで汚れがついていたのを、その時には気づかず、次に着用しようと思ってクローゼットを開けたときに気づいたそうです。

礼服はあまり着る機会がないものなので、やはり、着用した後すぐにクリーニングに出すのが鉄則です。必要なときにすぐに着用できるようにしておくことが大切です。