ダウンコートのクリーニング料金を比較!最安値は?

ダウンコートクリーニング

冬場大活躍のダウンコート。温かいですしもこもこが気持ちいいです。

どうしてもヘビーローテーションになりがちですから、知らず知らずのうちに雪はねなどの汚れがついていることも多いですよね。

とはいえ洋服としては大物にあたるダウンコート。メンテナンスしようにもクリーニング代もバカになりません。

では、ダウンコートをクリーニングするならドコが一番安いのでしょう?

料金比較の前におさえておきたいダウンジャケットとコートの違い

ダウンコートの場合は、着丈によって料金が変わることに注意してください。

お店によってはダウンジャケットの料金しか載っておらず、その値段だと思って出したらダウンコートは別料金!めっちゃ高かった!なんてことになりかねません。

業者によって定義は変わると思いますが、ここではリネットを例にあげて説明します。リネットの公式ページによると、

コート丈とジャケット丈の違いは?
袖より着丈が長いものはニットコート・ダウンコート・キルトコートとして分類します。 袖より着丈が短いものはニットジャケット・ダウンジャケット・キルトジャケットとして分類します。

袖より着丈が長いかどうかで、コートなのかジャケットなのかが変わります。値段の違いですが、

  • ダウンコート:2,670円
  • ダウンジャケット:2,130円

と、500円近くも変わってきます。ちなみに白洋舎では500円どころでは済みません。

  • ダウンコート:3,500円
  • ダウンジャケット:2,000円

と1,500円も変わってきます。まずはお手持ちのダウンを確認ください。この記事では「ダウンコート」のクリーニング料金についてお話しています。

ご自身の洋服が「ダウンジャケット」だった場合は以下の記事をご参照ください。

ダウンジャケットのクリーニング料金を比較!最安値は?

ダウンコートのクリーニング相場を知ろう!比較するクリーニング業者は8社!

お待たせしました。では、ダウンコートの料金について見ていきましょう。安い順に並べていきます。値段はピュアクリーニングプレミアム以外は税抜の価格です。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また「詳細」には、口コミや評価などを記載しています。公式だけではわからない体験者の口コミや、他社との比較などについてお話しています。クリーニング業者選びの参考にしてみてくださいね。

業者名 値段 詳細
せんたく便 509円~ 詳細
リナビス 890円~ 詳細
ネクシー 2,100円 詳細
ホワイト急便 2,400円 詳細
Basket 2,640円 詳細
リネット 2,670円 詳細
ピュアクリーニング 3,000円 詳細
白洋舎 3,500円 詳細

やはりというか、パックタイプの圧勝です。ご紹介した中では、「せんたく便」と「リナビス」がパックタイプの業者です。

パックタイプって??宅配クリーニングとか怖いんだけど?といった方は、最初に下の記事を読むといいかもしれませんよ!

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

ダウンコートのようなクリーニング料金が高い洋服はパックタイプを利用するのが賢いクリーニング方法です。

5点でも個別タイプを上回る安さを発揮しますので、クリーニングを待っている洋服をこの機会にまとめて出されると良いかと思います。

ダウンコートをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した8業者の中でのオススメは、リナビスです。

リナビス

  • 初回30%OFF
  • シミ抜き無料
  • 送料無料
  • コンビニOK
  • 初回利用だと980円
  • 送料無料
  • 自然乾燥メインの高品質クリーニング

コートはとかく追加料金が発生しがちな洋服です。ただでさえクリーニング料金が高いところに追加料金まで発生するとダメージ大きいですよね。

その点、パックタイプなら素材・装飾品での追加料金が発生しません。そのため、コートをクリーニングに出すならパックタイプがオススメです。

パックタイプの中でもリナビスを推す理由は、

  • ライナーやフェイクファーがついていても追加料金が発生しない
  • 自然乾燥のためダウンに余計な負担がかからない
  • 日数がかかりがちなダウンでも5営業日とほぼ最速

です。ダウンというと、襟にフェイクファーがついていたり、ダウンライナーがついているモノが多いと思いますが、それらで追加料金が発生しないのは大きいですよね。

リナビスの口コミや評判などを含めた詳しい情報は、別記事にて記載しています。「詳細ページへ」からご参照ください。

会員数を1万人に限定した高品質クリーニングサービスを、この機会に体験してみませんか?

リナビス詳細ページへ

ダウンの仕上がり日数について

別記事に詳細は記載しているのですが、ダウンはとにかく乾燥に時間がかかります

そのため、お店でクリーニングした場合でも最速で5日というところが多いです。

ダウンのクリーニング日数を比較!最速はどこ?

少なくとも即日クリーニングOK、なんてお店は避けたほうが無難でしょう。間違いなく乾燥機でブン回されることになります。そうなると中のダウンがどうなるか、想像つきますよね…。

早ければ早いほうがいい、確かにそうなのですが、それで傷んでしまっては元も子もありません。

また、ダウンのトラブルの多くが乾燥不足によるものです。

  • 生乾きの臭い…
  • 動物臭がする…
  • 久々に出してみたらカビが!

なんて事態を避けるためにも、しっかりと乾燥してくれるお店を選びましょう。

ダウンコートでかかりやすい追加料金について

リナビスを利用されるなら追加料金を気にされる必要はありませんが、それ以外の業者、もしくはクリーニング店を利用した際にかかりやすい追加料金についてお話しておきます。

リネットの料金表をもとにお話をしますと、

  • フェイクファー:+1,240円
  • ライナー:+290円
  • ダウンライナー:+950円
  • 毛皮フード:+3,520円

高いですねー。付属品次第ではクリーニング料金が倍になりかねません。

ライナーは取り外してクリーニングに出せばいいとしても、一番汗がつきやすい場所ですし出来れば一緒にクリーニングしたいですよね。

フェイクファーや毛皮フードは、お店によっては半端なく追加料金を取られる可能性がありますから、クリーニングに出す前にしっかりと料金を確認しておきたいところです。

高級ダウンの手入れの重要性について

ハイブランドのダウン。代表的なのは、

  • モンクレール
  • デュベティカ
  • カナダグース
  • ノースフェイス

日々のお手入れはもちろん重要です。ですが、中のダウンって自分ではどうしようもないですよね。なので定期的にクリーニングに出すことになると思います。

そうなると重要なのはクリーニング業者の選び方。クリーニング店次第で、ダウンが傷むスピードはかなり変わります

時間をかけて丁寧に洗い、乾燥にしっかりと時間をかけている業者と、流れ作業でささっと洗い、乾燥は乾燥機にGOの業者。さすがにここまで酷い業者は少ないと思いますが…。

この2つだと、圧倒的にダウンにかかる負荷が変わるのがおわかり頂けると思います。

ハイブランドのダウンはダウンに良いモノを使用しているから高いわけでして。そのダウンが傷んでしまうと保温性は減少。見た目にもぺちゃんこ、という悲惨な末路をたどることになります。

せっかく良いモノを手に入れたわけですから、しっかりとメンテして長持ちさせてあげたいですよね。

リナビスは会員数を1万人に限定することで、洋服1着にかける時間を長くしています。また、日常的にモンクレールなどの高級ダウンを扱っています。

同じ腕を持つ職人さんでも、洋服1着に5分しかかけられないのと、30分かけられるのでは仕上がりに違いは出てきて当然ですよね。

そういった意味からも、ダウンのクリーニングはリナビスがオススメなのです。

リナビスを評価!評判と口コミから見える実力とは?

    コメントは受け付けていません。