もうすぐ衣替えの時期がやってきます。

防寒性の高いダウンをクリーニングに出して、クローゼットに保管する準備を考えている人も多いのではないでしょうか。

実は、モンクレールやデュベティカなどのハイブランドのダウンは、クリーニング店に持って行っても断れてしまうことがあります。

なぜ、洗濯のプロであるクリーニング店は、モンクレールやデュベティカなどのダウンを持って行ってもクリーニングを断ってしまうのでしょうか…。

そこには、いくつかの理由がありました。

春の訪れ!衣替えでダウンをクリーニングに出す人が増え始めている

日中は、マフラーや防寒性の高いアウターを着なくても寒くないと感じられるようになりました。

そろそろ、ダウンの着用シーズンも終わりかなと感じている人も多いのではないでしょうか。

この時期、多くのクリーニング店では“冬に来たダウンやセーターなどのクリーニング”を、お得に利用できる衣替えキャンペーンを展開しています。

特にダウンは自分で洗うのが難しいとされる衣類のため、衣替えキャンペーンを活用してプロに任せる人が多いのです。

 ハイブランドのダウンはクリーニングを断られることがある?

冬に着た衣類をクリーニングに依頼する時、モンクレールやデュベティカなどハイブランドのダウンだけ、クリーニングを断られてしまう場合があることをご存知でしょうか。

実際に、経験したことがある人もいるかもしれません。

そのため、クリーニングに依頼する前に電話などで、

モンクレールやデュベティカなどハイブランドのダウンも取り扱っているか

事前確認する人も多いのです。

なぜ?ハイブランドのダウンはクリーニング店に持って行ってもクリーニングを断れてしまうのでしょう。

そこには、ハイブランドならではの理由が隠されていました。

クリーニングを断られる理由…破損などのトラブルが生じやすいから

モンクレールやデュベティカなどハイブランドのダウンはクリーニング店によって、取り扱い不可としてクリーニングをしてもらえないことがあります。

その理由は、以下のようなことが挙げられます。

モンクレールやデュベティカのダウンがクリーニングを断れる理由

  • 基本的にハイブランドは破損などの事故が起きやすい
  • ファスナーなどの付属品が破損しやすく同じものをつけて修繕するのが難しいから
  • 実は偽物であったため、部品を取り寄せたりダウンの検査依頼ができないから
  • ダウンの生地やポリエステルのものがあり、破れやすく修繕できないことが多いから
  • 特殊な縫製を用いていることがあり、同じように直すのは困難だから
  • ダウンの性質上、羽が飛び出して着たり羽の油が浮きシミのように生地に出てきてしまうことがある
  • 賠償や修繕などのリスクを抱えてクリーニングするより返品した方が良いとされているから

通常の衣類よりもリスクが多いため、クリーニング店によっては取り扱い不可品として断りを入れてしまうのでしょう。

基本的にクリーニング店は、衣類を洗うことよりも着用可能な状態で返すことが一番大切だと考えているのです。

「古いモデル」や「偽物」の場合は取れた付属品の取寄せが困難

例えば、ファスナーなどの付属品は新しいモデルのダウンであれば、メーカーで同じものを取寄せることが可能な場合が多いかもしれません。

しかし、古いモデルの場合、同じ部品の製造が終了しているため、似寄りのファスナーでの修繕しか方法がないこともあります。

偽物であれば、製造元の特定はほぼ不可能なため、市販のファスナーをつける対応の一択になるでしょう。

それで納得してもらえれば問題ありませんが、中には同じものでなければ困るという人もいます。

しかしこの場合、どうすることもできないため、クリーニング店ではできる限りの対応として似寄りのファスナーをつけて返すという方法になってしまいます。

ハイブランドのダウンは修繕が難しく性質を納得してもらえない

ダウンは破損した場合、修繕が難しいとされています。

例えば、デュベティカはダウンの羽にこだわりがあることで有名ですが、生地はポリエステルです。

ポリエステルは破れやすく修繕が基本的に難しいため、何らかの理由で破れてしまった場合、元の状態に戻すのは不可能と言えるでしょう。

「かけはぎ」という破れた箇所の穴を塞ぐ修繕方法もありますが、ポリエステルの場合、修繕跡が目立ってしまうためおすすめできません。

破れてしまった場合の明確な対処法がないのです。

また、ダウンは中の羽が飛び出してしまったり、ダウンの油が生地表面に浮き出て水シミのようなものができる場合があります。

できる限りで改善はしてもらえますが、完全に直すのは難しいでしょう。

これは、ダウンの特性上どうしても起こり得るものなのですが、購入時の価格が高ければ高いほど理解してもらえない傾向にあります。

クリーニング店がモンクレールやデュベティカなどハイブランドのダウンを取り扱い不可とする理由、

トラブルが生じやすくその後の対応が困難だから

なのです。

断られたけれど洗って欲しい場合どうすれば良い?

モンクレールやデュベティカなどハイブランドのダウンをクリーニング店に持って行ったら断れてしまった…。

でも、他に持って行くのも面倒なため、どうしても洗って欲しい…そんな時はどうすれば良いの?

破損など何か事故が起きてもクリーニング店で一切補償などの対応ができないことを了承する

上記の旨を伝えることで、クリーニングしてもらえる確率が上がるでしょう。

この場合、ダウンに何かしらの事故が起きて、やっぱり納得できないと申し出てもクリーニング店では対応してもらえません。

そのリスクを覚悟できているのであれば、クリーニングして欲しいという意思を伝えてみましょう。

ハイブランドのダウン!クリーニング前に取り扱い可否を確認しよう

モンクレールやデュベティカなどハイブランドのダウンは、他の衣類と比べて破損のリスクが高いと言われています。

おしゃれさと防寒性をうまく兼ね備えている反面、そのつくりはとてもデリケートなのです。

クリーニングに出す際は、事前に取り扱い可否を確認しておくと良いでしょう。

または高級品やハイブランドを得意とするクリーニング店に出すのもおすすめです。

衣替えでしまう予定のダウンをクリーニングに依頼する時、参考にしていただければ幸いです。

ダウンコートのクリーニング料金を比較!最安値は?