ダウンジャケット・コートの種類・洗い方が分からない?!まとめてご紹介!

コートの洗濯方法

ダウンジャケット・コートのクリーニングって、価格も高いですし「自宅で洗いたい!」という方もきっと多いはずですよね。

しかし!さぁ、いざお洗濯をしてみよう!と、何も気にせず、洗濯機にえいっと入れてしまっている方…いませんか?!?!

また、お洗濯をしよう!と思い品質表示を見て思わず「ho…」品質表示の記号の見方が良くわからなかったり、外国製品などは、品質表示が英語で記載されていて分からなかったり…そんな経験はありませんか??

洗い方を間違ってしまうと、せっかくのダウンのボリュームが無くなりぺしゃんこになってしまったり、中のダウンが偏ってしまったり、ダマダマになってしまう事があるので要注意!

しっかりと品質表示通り洗いましょう。

日本製品の品質表示について

まず『品質表示』についてですが、平成28年12月から一部改正され、新しいマークになりましたよね!

詳しくはコチラ↓

洗濯表示変更!2016年12月からですが…

まずこの記号で1番良く見て頂きたいのが『水洗いマーク』『ドライマーク』です。

水洗いマークはタライになみなみ~っとしたような絵で、こちらがあると、家庭用洗濯機で洗うことが出来ます!

次にドライマークは円の中にPやFなどが記載されている絵で、水洗いマークが無かったり、水洗いマークに×が書かれていると、基本的にこちらのマークがついています。この場合『ドラクリーニングのみ』になってしまうのでクリーニング店へ持ち込みましょう。

ドライクリーニングとは石油系溶剤を使用するので、基本的には家庭用洗濯機では洗うことが出来ません!

どちらのマークもある場合(×がついていない場合)はどちらの洗い方もOK!ということになります。

各種詳しくはコチラ↓が分かりやすくオススメです♪

経済産業省:新しい洗濯表示

基本的にはダウンは水洗いが多いですが、まれにトライクリーニングのダウンもあるので気を付けましょう!

外国製品の品質表示について

続きまして『英文表記』の品質表示についてですが、

色々と書かれているかとおもいますが、まずチェックして頂きたい単語は下記4つです。

  • Do not dry clean → ドライクリーニングできません
  • Machine wash → 水洗いしてください
  • dry clean only → ドライクリーニングをしてください
  • Do not wash → 水洗いしないでください

簡単に訳すと上記のないようになります!

その他細かく「漂白はしないでください」「平干ししてください」など細かな内容が記載されていますので、もし不安であればクリーニング店に相談してみましょう。

注意したい素材について

ダウンかどうかの見分け方

また、時々「これ、ダウンだったの?!」「ダウンじゃなかったの?!」なんて勘違いをされている方も数多くいらっしゃいますので、簡単に中綿なのかダウンなのかを見分ける方法として、品質表示に『ダウン〇%・フェザー〇%』と記載されていればダウンで、その表記が無い物は中綿と考えて頂いて良いかと思います。

通常品質表示には使用した素材や洗い方など細かく記載されている為、1着1着チェックしてみましょう!

ポリウレタンは要注意!

補足として、注意無くてはいけない素材もあります。

まず、1番注意して頂きたい危険素材は『ポリウレタン100%』です。

こちらの素材は、洗う時だけではなく、購入時にも気を付けて頂きたい素材なのですが、ポリウレタンとは『寿命が製造時から3年』です。

『購入時』ではなく『製造時』からです!こちらの素材の劣化は使用頻度だけではなく経年劣化してしまう特殊なそざいなのです。

その為、知らずにクリーニングに出したら全て剥がれてしまった!なんて事になる事もあります。

ポリウレタンを簡単に例えると、輪ゴムのような素材です。年数の経過した輪ゴムは伸ばすとブチブチと切れてしまいますよね。

ポリウレタンも同じようなものなのです!

合革・合皮も注意!

次に良く使用されているのが『合革合皮使用』と記載されている物に関してですが、合革合皮とは人工的につくられた皮の事で、本革ではありません。

使用頻度や年数により劣化してしまう為注意が必要です。

劣化が進んでしまっているとひび割れ(シワ)が増え、そこから裂けてひび割れしていきます。さらにそこから剝がれてしまいます。

ひび割れしてしまっている状態からクリーニングなどをすると、その影響で剥がれてしまうことがあるので注意しましょう。

まとめ

あまり気にする方は少ないかもしれませんが『品質表示』にはそのお洋服を長く着用してもらえるようにと、様々な術が記載されていますので、気が付いた時には是非見てみてください♪

洗濯よりもクリーニングで!という方は↓の記事も参考にしてみてくださいね。

ダウンコートのクリーニング料金を比較!最安値は?

    コメントは受け付けていません。