コートをクリーニング!おさえておきたい7つのポイント

コートクリーニング

コートをクリーニングしたい!みなさんの本音は、

  • 安く
  • 早く
  • キレイに

クリーニングしてくれる業者ってドコ?ですよね。

そのご要望にお応えするべく、「コートをクリーニングするにあたって業者選びをする際におさえておくべき7つのポイント」についてお話します。

まずはもっとも気になる料金相場。メジャーな業者を表にするとこんな感じですね。

業者名 料金 詳細
ホワイト急便 1,200円 詳細
白洋舎 1,800円 詳細
リネット 1,700円 詳細
ネクシー 1,350円 詳細
リナビス 980円 詳細
せんたく便 509円 詳細
ピュアクリーニングプレミアム 2,000円 詳細

だいたい500円~2,000円くらいですね。ここでは「だいたいこのくらいかかるんだな」ということだけおさえておいて頂ければ。

表を見て頂くとわかりますが、「せんたく便」「リナビス」の安さが頭一つ抜けていますよね。

この2業者は、いわゆる「パックタイプ」と呼ばれるクリーニング業者です。コートをクリーニングに出すなら絶対におさえておきたいパックタイプ。

次に個別タイプとパックタイプの違いについてお話します。

個別タイプとパックタイプって何?

個別タイプは一般的なクリーニング業者ですね。洋服の種類によって値段が変わります。

  • ワイシャツ:120円
  • スーツ上下:1,000円
  • コート:1,500円

といった感じですね。

パックタイプは洋服の種類ではなく、クリーニングする洋服の数で料金が変わります。つまり、

  • 何を入れても同じ値段になる

ということなんですね。たとえば、5点パック5,000円のパッククリーニングに出す場合、

  • A.ワイシャツを5枚入れても5,000円
  • B.コートを5着入れても5,000円

AとB、どちらがお得かは見ておわかりかと思いますが、Bの方が断然お得ですよね。

最初に相場を見て頂いたとおり、コートってクリーニング料金が高い洋服です。そういった洋服はパックタイプを利用することでお得にクリーニングできるんですね。

逆にAのようなことをしてしまうと、とっても損しちゃいますのでお気をつけください。

目安としては、近所のクリーニング店の料金表を見て頂き、クリーニング代が700円を超えるような洋服はパックタイプを利用されるとお得かと思います。

難点として、多くの業者が5点~のパックを採用しています。なので、クリーニングしたい洋服が4着以下の場合は利用しづらいんですね。

コートの種類によって料金は変わるの?

最初にお見せしたクリーニング相場。実はアレって、もっとも安いクリーニング相場なんですね。

コートってすごくいろいろ種類があります。そして、

  • コートの種類によってクリーニング料金は変わります

もっともメジャーなのがダウン。個別タイプでは、ダウンジャケット・コートになるとだいたいクリーニング料金が1.5~2倍くらいに跳ね上がります。

パックタイプはコートの種類によって料金が変わりませんから、そういった意味からもパックタイプがオススメなんですね。

とはいえ、パックタイプで共通して取扱NGなコートってありまして。メジャーどころですと

  • 毛皮(ムートンなど)
  • オイル加工

フェイクだったり一部なら問題ないんですけどね。革ジャンや本革のムートンコート、マッキントッシュのオイルコートなんかはNGです。

こういったコートは、近所のクリーニング店でもNGだったりしますので、専門店に持っていくのが無難でしょう。

コートの種類別に料金を比較した記事は別に用意してますので、お手持ちのコートに合わせてご参照ください。

付属品がついていると料金は上がるの?

上がります。取り外しできるものは取り外してクリーニングに出したほうが安くあがります。

宅配クリーニング最大手リネットの公式を参照しますと、

  • 上質素材(カシミヤ・アンゴラ・シルクなど):+480円
  • 装飾品(プリーツ・ラメ・ビーズなど):+330円
  • ライナー:+290円
  • ダウンライナー:+330円
  • 一部革素材(ダッフルコートの留め具など):+330円
  • 全面ファー・ボア:+1,240円
  • 付属毛皮フード:+3,520円
  • カフス毛皮:+4,000円

えらいことになってます。下手するとクリーニング代が数倍になりますね。

付属品や装飾品については、リネットやネクシーのように個別に追加料金が発生するタイプと、白洋舎のようにコースが変わるタイプがあります。

白洋舎はコースが変わると、クリーニング料金がだいたい2~4倍くらいになりますね。

パックタイプはどうなの?なのですが、これは、

  • 業者によって変わります

1点あたりの値段は変わらないのですが、ライナーやフード、ベルトなどを1点とカウントする業者としない業者があるんですね。

コート1着出したつもりが3点扱いになっていた、というイメージですね。

なので、パックタイプだから安心、ではなく、パックタイプを利用される際は、何が1点としてカウントされるのか?を見ておく必要があります。

ご紹介したせんたく便・リナビスでは、基本的に付属品での追加カウントはありません

リアルファーのみリナビスでは1点としてカウント。せんたく便ではリアルファーの取扱はしていません。

仕上がり日数はどのくらい?

スピードの話ですね。基本的にチェーン店なら「即日対応」OKのお店が多いです。つまり、午前中出して夕方に受取が可能です。

ただ、これはシンプルなコートの話でして。コートの種類・素材・装飾品などによって即日可能かどうかって変わってきます。

たとえばダウン。ダウンは乾燥にすごく時間かかりますから即日は無理です。

また、宅配クリーニングは即日NGです。最速はリネットの2日ですね。多くの業者は3日~1週間かかります。

まとめますと、

  • トレンチコートなどシンプルなコートを近所のお店に出した場合、即日クリーニングOK

というイメージですね。このあたりの突っ込んだ話は↓の記事も参考にしてみてください。

コートのクリーニング仕上がり日数を比較!最短は??

汚れ・シミってどのくらい落とせる?

ここからは「品質」の話になりますね。

まず汚れですが、そこまで業者によって差はないと思います。ただ、戻ってきた洋服に石油臭がついている業者は次からは避けたほうがいいでしょう。

平たく言うと、洗剤を使いまわしている可能性が高いんですよね。洗濯機で水を換えないで洋服をジャブジャブ洗っているイメージです。

あまりないとは思いますが、もし遭遇したらお店を変えたほうが無難ですね。

汚れ落ちは、業者というよりもコースによるところが大きいかなって思います。

普通にクリーニングをお願いすると、ドライクリーニングという方法でクリーニングされます。コレ、油汚れには強いのですが、汗などの水汚れには弱いんですね。

なので、定期的にウェット加工(汗抜き加工・水洗いなど業者によって名前は違います)をつけてあげて水汚れを落としてあげると、見違えるようにすっきり軽くなることが多いです。

次にシミ。チェーン店の場合、何も指定しないとシミ抜きはしてくれません。

なので、落としてほしいシミがあるようでしたら、受付時にきちんと言ってあげる必要があります。

宅配クリーニングでは、多くの業者で無料シミ抜きサービスがありますので、特に指定しなくてもシミ抜きしてくれます。

どのレベルまで?っていうのがすごく難しいのがシミでして…。シミ抜きについては、別記事にしていますので参考にしてみてください。

シミ抜きのクリーニング料金って?プロがいるのはドコ?

クリーニング業者によって仕上がりは変わる?

仕上がりは変わります。これは本当に変わります。

質より量の業者と、量より質の業者だと仕上がりに差は出るのは当然なわけでして。

一番大きいのが乾燥方法ですね。乾燥機でブン回すのと、自然乾燥するのとどっちが洋服が傷まないかって明白ですよね。

さすがにカシミヤを乾燥機でブン回す業者とかいないでしょう、と思うのですが、結構トラブルになってますよね…。

なので、大切なコート(大切じゃないコートなんてないと思いますが…)をクリーニングに出すなら、

  • 量より質の業者
  • 自然乾燥メインの業者

を選ぶと間違いないと思います。ただ、この条件を満たす業者ってやっぱり時間かかっちゃうんですよね。

なので、どうしても急ぎの場合は多少傷むのも覚悟のうえでクリーニングされるのも仕方ないと思います。

まとめ!とオススメの業者について

コートのクリーニング業者選びにおさえておきたい7ポイントについて見てきました。

  • 1.料金相場
  • 2.パックタイプがオススメ
  • 3.コートの種類で料金変わります
  • 4.素材などで追加料金発生します
  • 5.日数は即日~
  • 6.汚れ・シミ抜きの上手さは業者による
  • 7.自然乾燥オススメ

ここまで見て頂いて、「じゃあドコがオススメなの?」と思われているでしょう。ですが残念ながら、

  • 安く
  • 早く
  • キレイに

3つを全て満たす業者ってないんですね。どうしてもどれか一個要素が落ちてしまうんです。

個人的にオススメなのは「早く」だけを落とした「リナビス」です。

リナビス

リナビス

  • 料金が安い:コート1着980円
  • 自然乾燥メインによる仕上げ
  • 会員数を1万人に限定した量より質重視の業者

「早さ」ですが、仕上がり日数が5営業日かかります。そこはもう自然乾燥メインですから仕方ないんですね。

ですが、それを補ってあまりある品質の良さ。

クリーニング歴49年なんていう超ベテランによる検品。シミ抜き業者もうなるシミ抜きの技術。毛玉とり、ほつれ・ボタン直しなどなどいたれりつくせりです。

そしてリアルファー以外一切追加料金がかからないところもポイント。もう、コートをクリーニングに出すならココしかない、と言わんばかりのクオリティです。

会員数1万人限定ですから、迷われるようでしたら取り急ぎ会員登録だけでもしてみてはいかがでしょう?もちろん年会費は無料です。

リナビス詳細ページへ

    コメントは受け付けていません。