シミ抜きのクリーニング料金って?プロがいるのはドコ?

シミ抜き
  • 大切な洋服にシミがついちゃった…
  • 久しぶりにタンスから出したらお気に入りの服にシミが…
  • なんだ!?この黄ばみ!!

これってクリーニングに出したらなんとかなるのかしら?

今は無料シミ抜きサービスをしているクリーニング業者が多いですよね。でも、

  • このシミって無料で落としてくれるの?
  • 無料シミ抜きで消せるレベルのシミってどんなモノ?
  • どうしても消したいシミはお金がかかるの?
  • 腕のいい職人さんはいるの?

などなど。シミについての疑問は数知れず。というわけで、主要クリーニング業者のシミ抜きサービスを調べて比較してみました。

無料シミ抜きで落とせるレベルのシミって?

「タダより高いモノはない!」なんてよく聞きますが、タダのほうがうれしいのは事実です。そんなわけで、まずは無料シミ抜きについて見てみましょう。

白洋舎をはじめとしたチェーン店の多くは、公式HPにシミ抜きについて詳しい記載がありません

直接お店に持ち込んだとしても、シミは大きさやシミの種類、シミがついてからの時間、服の素材・色などの要素が関わってきます。なので、落とせるかどうかの判断が難しいんですよね。

それをバイトさんやパートさんといった受付がどこまで出来るかというと、ちょっと難しそうです。

そんな中、無料シミ抜きで落とせるシミについて公式上で明記しているのは以下の2業者です。

  • リネット
  • ネクシー

中でも「リネット」は詳しくシミについて記載されていますので、これを基準に無料で落とせるシミのレベルを考えてみましょう。

リネットの無料シミ抜きで落とすことができるシミの種類

リネット

リネットの無料シミ抜きについて

落とすことができるシミは、

  • 油系汚れ:食油・皮脂・ファンデーション・口紅・チョコレートなど
  • たんぱく質系汚れ:ご飯・牛乳など
  • 水溶性汚れ:お茶・コーヒー・ジュースなど

上記のうち、シミがついてあまり時間が経っていないモノについては落とせるようです。逆に、落とせないシミは、

  • 髪染め・ペンキなどの塗料系汚れ
  • 瞬間接着剤のシミ汚れ
  • 水性ボールペン・万年筆などのインク汚れ
  • シルク製品についたシミ汚れ
  • 広範囲にわたるシミ
  • 記事を傷めてしまう可能性のあるシミ
  • 時間が経過して沈着したシミ

落とすことができるシミに該当したシミを落としたいとお考えなら、リネットを利用されると良いかと思います。

リネットを評価!評判と口コミから見える実力とは?

実際にどの程度シミが落ちるの?という疑問につきましては、私がコートをクリーニングに出した際の体験談が参考になるかと思います。

宅配クリーニングのリネットは口コミどおり?実際に体験してみた評価

私のコートはボロボロすぎて、時間経過しまくったシミだらけでしたので完全にシミ抜きをすることはできませんでした(泣)。

ネクシーの無料シミ抜きで落とすことができるシミの種類

ネクシー

無料で落とせるシミは「リネット」を基準に考えると良いと思います。

では、「ネクシー」はどのように記載されているのでしょう?ということで「ネクシー」についても見てみましょう。

ネクシーの無料染み抜き(Q9、Q10参照)

ネクシーは落とせるシミは明記していません。落とせないシミ以外は落とします、と記載されています。では、気になる落とせないシミは?

  • 変色
  • 色抜け
  • 移染など
  • ヘアカラー
  • インクのシミ
  • 「漂白」「色かけ」等の特殊なシミ抜きが必要となるシミ
移染とは、衣類の染料が摩擦などによって他のモノにつくことを指します。いわゆる色移りですね。

やや抽象的ですが、基本的にはリネットと同じ程度のシミに対応している、と考えるのが良さそうです。

ただ、ネクシーはやや融通が利きます。ある程度、無茶を聞いてくれるんですね(笑)。

そのため、「リネットだとちょっと厳しそうかなあ」と思われるシミについては、ネクシーにお願いしてみると良いでしょう。

ネクシーを評価!評判と口コミから見える実力とは?

では、上述したような落としづらいシミについては有料で依頼する、もしくは諦めるしかないのでしょうか?

いえ、無料シミ抜きを行っている業者の中にはシミ抜きのプロがいる業者があります。

まずはプロのいる無料シミ抜きを利用するのがオススメ!

シミ抜きのプロがいる業者は「リナビス」です。

なぜリナビスに注目するのか、それには2つ理由があります。

公式上で職人の詳細なプロフィールが公開されている

リナビスの公式を覗くと、実際に働いている14名の職人さんのプロフィールを見ることができます。

シミ抜きを担当されている方のプロフィールなのですが、

名前と顔についてはモザイクをかけさせて頂いています。公式ではモザイクはかかっていませんので、ご自身の目で確かめてみてください。

注目すべきは、職人歴37年!

もはやプロを通り越し職人の域に達した方がシミ抜きを担当してくれるわけです。これは心強いですね。

会員数を1万人に限定することで量よりも質を重視!

シミ抜きは手作業になりますので、どうしても時間がかかります。

どんなに優れた職人でも、1着に5分しかかけられない場合と、20分かけられるのとでは仕上がりに差が生じてしまいます

リナビスは会員数を1万人に限定してクリーニングサービスを提供しています。量よりも質を取ったわけですね。

そのため、他のクリーニング業者と比較するとシミ抜きに時間をかけることができます。

優れた職人が十分な時間をかけてシミ抜きを行う。他店と比較するとシミが落ちやすいことは明白ですよね。

実際に無料シミ抜きで落とせる範囲のシミを問い合わせてみました

とはいうものの、公式上では、

しみ抜き料金はかかりますか?

しみ抜き料金は別途いただいておりません。全ての衣類に検品作業を行い、しみ抜きの必要な衣類に関しては無料にてしみ抜きを差し上げております。ご指定の箇所がある場合、指示カードをご利用ください。(一部落とすことの出来ない場合もありますのでその点は ご了承ください)

これ以上の情報は載っていないんですね。

職人がいて、十分な時間を取ることができる。でも、実際のところはどうなんでしょう?と思いましたので問い合わせてみました。

他社では落とすのが難しい、もしくは有料となってしまう以下のようなシミについて、落として頂くことが可能でしょうか。
①.ボールペンや万年筆などのインク染み
②.シルクなど水洗いできない洋服のシミ
③.1ヶ月など時間経過してしまい酸化してしまったシミ

インクのシミなどはインクの種類によって取れにくさが違いますので、万年筆などは取れにくい部類に入ります。

また、シルクなどもしみ抜きの工程に耐えきれない場合はシミを取り切れないこともございます。

時間の経ってしまったシミは、比較的多く取り扱うものでございますので、ひどすぎる度合でなければほとんど落とす事が出来ております。

しかしながら、当社の技術で取る事の出来る物は、全てしっかりとシミ抜きをさせて頂いております。

ハッキリとしたお答えが出来ず申し訳ありませんが、しみ抜きは一概に言えない物で品物やシミの状態をみて判断するものですので以上がご回答となります。

リネットやネクシーでは落とせないと思われるシミについて、落とせるかどうか聞いてみました。

まとめますと、

  • インクシミ:インクの種類次第で取れる
  • シルク製品のシミ:取れる範囲で取る
  • 時間経過したシミ:酷すぎなければ大体落とせる

少なくとも、無料シミ抜きサービスの中では最もシミ抜きに期待できる業者であると言えます。

有料のシミ抜きサービスに出す前に、まずはリナビスを利用してみてはいかがでしょう。

リナビスを評価!評判と口コミから見える実力とは?

クリーニング8社の染み抜きサービスを比較!

では、改めて有名どころのクリーニング業者について比較してみましょう。ざっと表にすると、このような感じになります。

クリーニング業者 無料 有料 詳細
白洋舎(標準料金) x 相談 詳細
白洋舎(ローヤル・素材別・クリスタルクリーニング) 相談
ホワイト急便 相談 詳細
リネット 270円~ 詳細
ネクシー(Q9、Q10参照) 詳細
ピュアクリーニングプレミアム 詳細
染み抜き科学研究所 x 1,000円~
せんたく便 詳細
リナビス 詳細

表の見方ですが、

  • クリーニング業者:主要クリーニング業者の名前を記載しています。シミ抜きの詳細が記載されている業者については、そのページへのリンクも貼っています
  • 無料:「x」無料染み抜きナシ、「○」無料染み抜きアリ
  • 有料:「x」有料染み抜きナシ、あるものについては金額を記載しています
  • 詳細:各クリーニング業者の口コミや評判、特徴などを記載したページにリンクしています

ざっと表を見て頂いたところで、まず、おさえておいて頂きたいのは、

  • 染み抜きをするときはクリーニング料金もかかる

ということです。例外として「染み抜き科学研究所」のみ、しみ抜きのみの料金体系となっていますが、ほかのクリーニング業者ではクリーニング料金がかかります。

イメージとしては、クリーニングがメイン、しみ抜きはオマケ、といった感じでしょうか。

なので、

クリーニングはいらないけど染み抜きだけしてほしいな…

っていうのは基本的にできないんですね…。

クリーニング料金については、以下の記事にて洋服別にクリーニング料金を比較しています。よろしければご参照ください。

洋服別クリーニング料金

これを前提として表を見て頂きますと、「白洋舎」の標準料金と、「染み抜き科学研究所」以外は無料でシミ抜きを行っていますね。

「白洋舎」のシミ抜きの相場はだいたい300円くらい~と聞いています。

伝聞調になってしまうのは、シミがある洋服を「白洋舎」に持っていくと、たいてい「ローヤルコース」をオススメされるので詳しい値段がわからないんですよね(汗)。

最近はもっぱら宅配クリーニングを利用していますので、「白洋舎」に行くこともなくなりましたし…。

「ローヤルコース」にするとクリーニング料金が跳ね上がります。だいたい2倍くらいですね。だったら無料シミ抜きをしてくれる宅配クリーニングのほうがいいな、ってなっちゃいました。

無料でシミ抜きしてくれるなら、お金がかかるより無料のほうがいいですよね。

無料シミ抜きについては、先にお話したとおりです。

それでもダメなら有料シミ抜きを

無料シミ抜きサービスを利用してもダメ、そんな場合は有料のシミ抜きサービスを検討しましょう。

シミの度合いや服の素材によって料金が変わってきますので、利用される前に「いくらくらいかかるのか?」を聞いておくことをオススメします。

服の素材を伝え、デジカメやスマホなどでシミの部分の写真を取り、メールで送信後に確認されると正確な金額がわかると思います。

大切な洋服のシミが消えてキレイになって帰ってきた!

そんな素敵な想いを実現する一助になれば幸いです。

    コメントは受け付けていません。