最近は、オークションやフリマで子供服を購入する人が増えています。

少し前まではオークションに出されている服は、しみや汚れあってもしょうがないと思われいましたが、最近は店舗で購入する感覚で入札する人も多くいます。

そうなるとどうしても汚れが原因によるトラブルも増えてくるのです。

最近の子供服のオークション事情は?利用されている方の口コミを参考にしてみましょう

オークションやフリマで取引される商品は、売り手の顔がわからないため商品に対する信用をなかなか伝えることができません。

買い手側からみたら、できれば誠実な人が使っていた商品を購入したいものです。

取引前に商品をクリーニングに出すということは、商品をきれいにすることだけではなく、売り手側の誠実さを伝え、信頼を与えることも目的の一つなのです。

最近のオークションでは、プチプラブランドよりもミキハウスやメゾピアノなどの高価格帯商品が多く目立ちます。

しかも取引価格は数千円から数万円と新品とたいして差がないこともあります。

つまり、買い手側は価格よりも商品の価値を一番に重視しているのです。

とくにダウンコートやセレモニーファッションは、新品同様で取引されていることもあり入札数も多くなっています。

ただ、多くの入札数をあげている商品には共通点があります。

それは、クリーニング済という記載があることです。

一流ブランドの子供服をオークションで取引しようとする人は、価格にクリーニング代が上乗せされていたとしてもクリーニング済で状態のいいまま郵送してほしいと思っています。

どんなに高級メーカーの服でも、しみや汚れがついたまま届くとがっかりするものです。

一方、多少しみがあったとしてもクリーニングのタグがついていると、商品に対して安心感が得られます。同じしみがある商品でも、出品前にきちんと商品をクリーニングに出すような出品者が使っていたものならば、安心して使おうと思うことができるのです。

とくにオークションで出品する場合は、クリーニングは必須です。

出品用の写真にクリーニングのタグがついていると落札価格は大幅にあがります。

とくにアウターの場合は、長期間クローゼットに保管してから出品していることも多くあります。

その場合、出品者は気が付かなくても知らず知らずのうちに家の匂いが付着しているのです。

とくに喫煙者やペットがいる家は匂いは服にうつっています。

匂いは取引後にもトラブルの原因となります。

出品前にクリーニングに出して匂いをとっておく必要があるでしょう。

まとめ

クリーニングをすることによって、落札価格が上がるだけでなくトラブル防止にもなるんですね。昔に比べると格段に利用者が増えているオークション。

だからこそ、差別化のためにもクリーニングは必須なんですね。

コスパの良いクリーニング業者はTOPページにてお話しています。よろしければご参照ください。

【2017年版】宅配クリーニングのおすすめは?比較結果をランキングでご紹介