カシミヤのセーターって、高級ですしなんだかふわふわしているから自分で洗うのに抵抗がありますよね。

特に忙しいということでしたので、洗濯の専門であるクリーニングに出してしまいたいという気持ちもわかります。

ですが、実はカシミヤのセーターはクリーニング店に出したとしても帰ってきたらなんだかパサついている、ということがあります。

カシミヤには動物性脂分が含まれているのですが、それがドライクリーニングされると取れてしまうので、結果としてパサついた感じになってしまうのです。

カシミヤのセーターはクリーニング?洗濯?どっち?

ではクリーニングには出さない方が良いのか。大事なセーターであれば、一般的なクリーニング店には出さない方が無難です。出すなら高級クリーニング店です。

そこであれば使用する人も高い洋服を持ってくるため、カシミヤのセーターでも正しく洗ってくれるでしょう。

家で洗うのがすごく難しそうとのことでしたが、近くに高級クリーニング店がないなら、無駄にしないためにも家でチャレンジしてみることをオススメします。

手間はかかりますが、一度買ったものをたった1回の選択でダメにしてしまわないためには必要な手間です。忙しくてそこまで手が回らないと言う場合は、これからは家事・育児が安定するまで買わないようにしましょう。

カシミヤのセーターはこう洗う!

家庭でのカシミヤのセーターの洗い方は、まず普通の洗剤を使わないことから始まります。それだけ傷みやすい素材なので、できるだけ動物性脂分を落とさないよう、カシミヤ素材に向いている特別洗剤を選ぶ必要があります。

スーパーでそれ用の洗剤があるかどうか確かめてみましょう。オススメは、プロ・ウォッシュなどの少々高価な洗剤です。

これが用意できたら、いよいよ洗濯です。まずは洗面所やタライなどに水とプロ・ウォッシュなどの高級洗剤を入れ、軽くかき混ぜます。水は、何故かぬるま湯でないとダメと思っている人が多いですが、洗剤が泡立てば冷たくても問題ありません。

次にカシミヤのセーターを入れ、軽く押しほぐすように洗います。摩擦に弱いので、ごしごし洗濯しないよう気をつけてください。そして一度すすいだら、ここがポイント。

動物性脂分を補給するために柔軟剤を入れます。リンスでも良いですよ。あとは脱水ですが、手で絞ると跡がついて生地が傷むので洗濯機で脱水してください。

取り出したら形を整えて平干しです。風通しの良い日陰が最適なので、ハンガーをいくつか使って上手に平干ししてみてください。あとは、虫に食われやすいので、防虫剤と一緒にしまいましょう。

ちなみに、ここまでで面倒だ!と感じたら、押し洗いする時にはドラム式洗濯機以外であれば洗濯機で洗っても構いません。手洗いモードがついている場合ですが。

こうしてみると、あまり難しくはないですよね。もし洗濯機の手洗いモードを使うのであれば、普通の洗濯と違うのは洗剤と干し方だけです。この方法であれば忙しくてもおうちクリーニングができるかなと思いますが、いかがでしょうか。

ただ、これは1枚ずつ洗濯すべき方法なので、もし複数枚カシミヤのセーターを持っている場合はそれだけ時間がかかります。

まとまって時間がとれるお子さんが寝ている時などを有効利用して、天気の良い日に一気にやってしまうのが良いでしょう。コツコツやっていくのも良いですが、また用意するのかと面倒臭くなることがあります。

洗濯する前におさえておきたいもう1つのポイント

それから、もう1つコツなのですが、カシミヤのセーターは洗濯してダメになった場合お店がクレームの対処に追われることになります。それを少なくするためにも、買った会社によっては適切な洗い方をホームページ上で詳しく公開していることがあります。

あなたの持っているカシミヤのセーターのブランドがどこかわかりませんが、是非そこのサイトをチェックしてみてください。そうすれば、そこのセーターにより適切な洗い方ができるはずです。載っていなければ、上記の方法を試してみてください。

それから、家で洗ってみて汚れが取れなかった場合はシミになっています。洗う前にそこだけ集中的に、優しくもみほぐしてみましょう。

それでも取れなかったら高級クリーニング店に頼む方が確実だと思います。余計なことをして悪くなっても責任は誰も取れません。

まとめ

さて、ここまでカシミヤのセーターの洗い方を見てきましたが、結論としては、クリーニングに出しても家で洗っても両方OKということでした。

ただし、一般のクリーニング店は危険であること、家で洗う場合には細心の注意が必要なことがポイントでしたね。

同じカシミヤのセーターでも、ブランドによって作り方が異なっていたりすると、相性の良い洗い方とそうでない洗い方があります。

ここは経験値でその都度習得していくか、もしくは一定のブランドのところからしか買わないと決めた方が安心かもしれません。

何年も着られるようにするためには、忙しいことにかこつけて家での洗濯に手間を惜しんではいけません。

セーター(ニット)のクリーニング料金を比較!最安値は?