カシミヤのマフラーのクリーニング料金を比較!最安値は?

カシミヤマフラークリーニング

冬場は大活躍のマフラー。どうしても露出する機会が多いですから汚れることも多いですよね。

また、口元に巻いたりするとうっかり口紅やファンデーションが、なんてことも。気が付くと焼肉やタバコの臭いがついてしまっていることもあります(哀)。

できればマメにクリーニングに出したいところですが、気になる料金は?日数は?ということで徹底比較です。

まずは、マフラーの中でも人気の高いカシミヤのマフラーについて料金と日数を比較します。

そのあと、ウールなど上質素材が使われていないマフラーについても比較しますね。最後にストール・ショールについても比較しています。

はじめに

早速料金比較と行きたいところなのですが、少々お待ちください(笑)。

マフラーをクリーニングするにあたっておさえておきたい2点についてお話しますね。

  • カシミヤマフラー扱いになるマフラーとは?
  • マフラーとショール/ストールの違い

それくらい知ってるよ!って思われそうですが、クリーニングに出す側とクリーニング業者で認識が違っていると、いわゆる「追加料金」が発生することがあります。

なので、まずはクリーニング業者でどういう扱いをしているのかお話しますね。

カシミヤマフラー扱いになるマフラーって?

これ、実はクリーニング業者によって違うんです。

カシミヤ比率が30%を超えている場合に追加料金が発生する業者もあれば、5%でも追加料金を取る業者もあります。

宅配クリーニングの代表格である「リネット」「ネクシー」は、

  • 上質素材が30%以上含まれる場合に追加料金が発生する

としています。対して、チェーン店の多くは明確な数値が決められていないように思えます。以前、白洋舎に持って行った際は、カシミヤ8%ニットでも上質素材のコースになりました。

宅配クリーニングの多くは公式から確認することができるのですが、チェーン店・個人店の場合はHPに載っていないことが多いです。

そのため面倒ではありますが、お店に出向くか電話して確認されるかして利用されるのが無難でしょう。

クリーニングチェーン店まとめ!

チェーン店の多くは上質素材になると、クリーニング料金が2倍以上に跳ね上がりますので、損をしないためにもきちんと確認されることをオススメします。

マフラーとショール/ストールの違い

マフラーをクリーニングに出される場合、ストールとの違いにお気をつけください。

リネットの定義を例に出しますと、

短辺40cm未満かつ長辺150cm未満のものが該当します。
※短辺40cm以上もしくは、長辺150cm以上のものは「ストール/ショール」扱いになりますのでご注意ください。

料金の違いは、

  • マフラー:460円
  • ストール:690円

と、200円以上変わってきます。面倒とは思いますが、メジャー片手にざっくりと長さを測っておくと、思わぬ追加料金が発生した!なんて事態も防げると思いますよ。

あとは、ストールとショールの違いですが、クリーニング業者では明確な定義はないようです。また、料金も変わらないところが多いです

個人的には、ストールはマフラーみたいに巻いて使うモノ、ショールは羽織るモノという印象です。

いまいちピンと来ない方や、かっこいい巻き方が知りたい!方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ストール マフラーの巻き方 全60種まとめ

マフラー・ストールのクリーニング相場を知ろう!6社を比較!

お待たせしました。では、マフラーのクリーニング料金を比較しましょう。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

安い順に並べていきます。まずはカシミヤのマフラーから。

カシミヤのマフラーのクリーニング料金を比較!

クリーニング業者 料金 日数 詳細
せんたく便 509円 5営業日 詳細
ネクシー 750円 3営業日 詳細
リネット 940円 2日 詳細
ホワイト急便 960円 即日 詳細
リナビス 980円 5営業日 詳細
白洋舎 1,050円 即日 詳細

最安値はせんたく便ですが、上質素材のクリーニングにはやや不安が残ります。

次点でお洒落クリーニングの代表格ネクシー。上質素材や装飾品の追加料金が安いため、女性から大人気の宅配クリーニングですね。

コートなどを一緒にクリーニングしたい場合は、パックタイプ高級クリーニングのリナビスも視野に入ります。

ご紹介した中では、「せんたく便」「リナビス」がパックタイプのクリーニングです。

パックタイプは洋服個別に料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるイメージです。

パックタイプについて、もう少し詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてくださいね

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

ネクシー・リナビスともに仕上がりに定評がある業者ですので、安心して任せることができますよ。ちなみに、この料金体系はカシミヤだけでなく、

  • モヘア
  • アルパカ
  • シルク

といった上質素材についても同様です。リネット・ネクシーは30%以上含まれているかどうか、それ以外の業者はお近くのお店に問い合わせてみてくださいね。

ちなみに、リナビスは上質素材の追加料金はかかりません

ウールのマフラーのクリーニング料金を比較

ウールだけではないんですけどね。ポリエステルやアクリル・ナイロンやコットンといった上質素材ではない素材のマフラーの料金を比較します。

仕上がり日数は上質素材と同じですので割愛しますね。

クリーニング業者 料金 詳細
ホワイト急便 480円 詳細
せんたく便 509円 詳細
リネット 520円 詳細
白洋舎 550円 詳細
ネクシー 550円 詳細
リナビス 980円 詳細

上質素材を使わないと、料金にはあまり違いが出ませんね。値段に違いがないなら、質で考えたいところ。個人的には、

  • ネクシー
  • リネット
  • 白洋舎

のいずれかを推します。汚れがついているなら、無料シミ抜きのあるネクシーかリネット。シーズンオフのメンテだけなら白洋舎、という使い分けで良いのではないでしょうか。

保管したいなら半年保管無料のリナビスも視野に入ってきます。

ストール・ショールのクリーニング料金を比較!

最後にストール・ショールについても見ておきましょう。日数はカシミヤのマフラーと同様ですので割愛しますね。

クリーニング業者 料金 詳細
せんたく便 509円 詳細
ネクシー 650円 詳細
リネット 770円 詳細
ホワイト急便 780円 詳細
白洋舎 800円 詳細
リナビス 980円 詳細

注意点としては、

  • ストール・ショールも上質素材が使われている場合は追加料金が発生すること

リネットは+480円、ネクシーは+200円。ホワイト急便・白洋舎は約2倍。リナビス・せんたく便は追加料金ナシです。

クリーニングに出される前に、品質表示タグは確認しておきましょう。

マフラー・ストール・ショールをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した6業者の中でのオススメは、ネクシーです。

ネクシー

なんといっても、うっかり上質素材を出してしまった場合でも追加料金が少ない(+200円)ですね。

ほかにも、無料シミ抜きが半端ナイ、多少の無理を聞いてくれる(笑)、80年以上を超えるクリーニング実績などなど、数え上げればキリがないのですが、詳しくは詳細ページに記載しています。

繊細な素材にとても優しいお洒落な宅配クリーニング。思わず頬ずりしたくなるマフラーが戻ってくること請け合いですよ。

ネクシー詳細ページへ

    コメントは受け付けていません。