カシミヤのコートのクリーニング料金を比較!最安値は?

カシミヤコートクリーニング

大切なカシミヤのコートをクリーニングに出したい。でも、コートのクリーニング料金って高いし…。

素材別に料金も取られそうだし、相場はどのくらいなのかしら。

そんな疑問にお答えするべく、主要クリーニング業者のクリーニング料金を比較しました。

カシミヤニットのクリーニング料金は別記事に記載しています。↓の記事をご参照ください。

セーター(ニット)のクリーニング料金を比較!最安値は?

はじめに~クリーニング店でのカシミヤの扱いを知ろう

早速、料金比較といきたいところなのですが、その前におさえておきたいポイントを1つだけお話しておきますね。そのポイントは、

  • カシミヤ何%から追加料金が発生するの?

カシミヤは上質素材であり、他の素材に比べるとクリーニングするのに手間がかかります。そのため、追加料金が発生します。

超高級品ですと、カシミヤ100%などのコートもありますが、5%~10%が多いのではないでしょうか。

1%でもカシミヤが含まれていればカシミヤコートを名乗ることができますから、よく見ると思った以上にカシミヤ入ってないなー、なんてこともあります。

カシミヤが何%含まれていると追加料金が発生するのか?をおさえておくことで、

  • カシミヤコートだと思っていたらウールコート扱いになってクリーニング代があまりかからなかった!

ということが起こりうるわけです。気になるパーセンテージですが、実は…

  • クリーニング業者によって異なります

宅配クリーニングは「30%以上含まれていた場合に追加料金が発生する」としているところが多いです。

ただ、チェーン店は結構あいまいです。同じチェーン店でも店によって5%でも追加料金が発生したり、20%でも発生しなかったり…。

一応、わかる範囲で調べましたので、クリーニング料金の表と一緒に載せておきますね。

ちなみに、裏地に使用されることが多い「キュプラ」は上質素材ではありませんのでご安心を。

カシミヤコートのクリーニング料金!7社比較で相場を知ろう!

お待たせしました。では、価格比較にまいりましょう!

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

クリーニング業者 料金 詳細
せんたく便 追加料金ナシ 509円 詳細
リナビス 追加料金ナシ 980円 詳細
ホワイト急便(宅配) 30% 1,400円 詳細
ネクシー 30% 2,000円 詳細
ピュアクリーニングプレミアム 追加料金ナシ 2,000円 詳細
リネット 30% 2,180円 詳細
白洋舎 3,400円 詳細

先ほどお話したパーセンテージについてですが、白洋舎以外は30%、もしくは追加料金がかからない、となっています。

お手持ちのコートがカシミヤ扱いにならないようでしたら、以下の記事をご参照ください。

ウールのコートのクリーニング料金を比較!最安値は?

ただ、気をつけないといけないのが、

  • チェーン店は店によって定義も料金も異なることが多い

同じ地域なのに店によってクリーニング料金がマチマチなんてことはザラにあります。

なので、チェーン店や個人経営店を利用される際は、面倒でも電話で問い合わせるか直接お店に持って行って値段を聞かれると良いでしょう。

特に白洋舎は上質素材と判断された場合、クリーニング料金が約2倍になります。コートですと非常に大きな金額ですから、しっかり確かめておきましょう。

料金面ではパックタイプのせんたく便とリナビスが群を抜いて安いですね。

パックタイプは洋服個別に料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるイメージです。

パックタイプや宅配クリーニングについて、もう少し詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてくださいね

初めての宅配クリーニング!悩みや不安を一刀両断

上質素材による追加料金がかからないのもうれしいところです。

カシミヤコートをクリーニングするならオススメは?

オススメはリナビスです。

パックタイプのクリーニングですね。

せんたく便がどちらかというと「質より量」のクリーニングだとすると、リナビスは「量より質」のクリーニング業者です。

会員数を1万人に限定しているところからも、質へのこだわりが伺えます。

カシミヤというと風合いが気になるところですが、リナビスは自然乾燥メインの乾燥方法です。そのため、生地への負担を最小限にできます。

また、ベルト、フード、ライナー、フェイクファーといった付属品も追加料金は一切かかりません。もちろん素材の追加料金もかかりません。

気になる毛玉取りやシミ抜きも無料。まさにいたれりつくせりです。

大切なカシミヤのコートを長く着続けるために。オススメのクリーニングはリナビスです。

リナビス詳細ページへ

カシミヤの豆知識!

カシミヤは、カシミヤ山羊から取れた毛、またはそれを織った毛織物を指します。

カシミヤ山羊は、地図の○で囲った3か所の高地に生息していると言われています。少ないですね。

カシミヤと呼ばれたり、カシミアと呼ばれたり。消費者庁の家庭用品品質表示法ではカシミヤと定められていますが、カシミアって呼ぶ方が一般的な気がします。

話をしている分には意識しないですよね。私は滑舌が悪い方ですので、カシミアって言ったつもりがカシミヤって聞こえているかもしれません。

カシミヤは毛が細く、軽くて柔らかく独特のぬめりがあり、さらに保温性と保湿性に優れているという非のうちどころのない素材です。

生産量が多くないため、高級素材の代表格ともいえる存在ですね。「繊維の宝石」なんて言われることも。

カシミヤ100%のコートはそれほど多くなく、ウールやナイロンなどの素材や化学繊維と混ぜて利用するのが一般的ですね。

カシミヤは、手触りが滑らかで柔らかいのが特徴ですが、ウールなど普通のコートと同じように洗ってしまうと毛玉が発生しやすいのが難点です。

また、独特の光沢感が失われ、風合いが変わってしまうことがあります。

そのため、上質素材として他の洋服と分けてクリーニングをする必要があるんですね。少なくとも乾燥機ではなく自然乾燥を行っている業者を利用されることをオススメします。

    コメントは受け付けていません。