「忙しくてなかなかクリーニングに出せない…」とお困りではありませんか?

特に独身・単身赴任の方に多い悩みですよね。

私も会社員時代は相当苦労しました。

土曜の朝に早起きしてクリーニングに出して、夕方に取りに行って…。

土曜に予定が入っていなければ良いのですが、飲み会や合コンの多くは金曜夜や土曜に集中するもの…。

金曜夜が飲み会だと早起きが辛く、土曜夜に飲み会なんてあろうものなら、クリーニングに取りに行けなかったり。

ですが、それはこれまでの話。

今はそんな時代じゃないんですね。

今やコンビニからクリーニングに出すのが当たり前の時代

今はコンビニからクリーニングに出すのが当たり前の時代です。

コンビニに洋服が入った袋を持って行って、ちゃちゃっとバーコードを読み込んでもらってハイ終了。

検品などの作業がない分、クリーニング店に持っていくより簡単に終わります。

  • 平日の夜にクリーニングに出したい洋服を袋につめ、朝、出勤前にコンビニから出す

これが忙しいビジネスマンの新常識です。

受取は、土日の家でゴロゴロしている時間ですね。

予定が入っていないなら土曜でもいいのですが、忙しい皆さんは、土曜は飲みにゴルフに合コンに出かけていることでしょう。

なので、日曜の夕方あたりに家で受け取ることをオススメします。

スーツやワイシャツを受け取ることで、気持ちの切り替えもできますしね。

ちなみに、コンビニでクリーニングサービスを行っているところもありますが、オススメなのは宅配クリーニングです。

コンビニVS宅配クリーニング!コンビニから出すならどっちがいいの?

人によっては、コンビニのほうが合っているかもしれませんが、メリットよりもデメリットの方が大きいため、個人的には宅配クリーニング推しです。

もちは餅屋といいますか、セブンの惣菜みたいにすごく優秀な商品もあるんですけど、やっぱりコンビニのパンよりパン屋さんのパンのほうが美味しいですよね。

クリーニングも同じで、片手間にやっているクリーニングと、命かけてるクリーニング業者とは、コスパや仕上がり、サービスのきめ細かさが違うんですね。

宅配クリーニングって面倒じゃないの?

どんなことでもそうですが、初めてのときって「面倒」ですよね。

ですが、最初の一歩を踏み出すかどうかで、今後の快適さが大きく左右されます。

宅配クリーニングは、

  • バッグに洋服をつめる
  • コンビニの店員に渡す
  • 自宅で受け取る

たったこれだけです。

クレカ決済ですから、コンビニでお金を払う必要もありません。店員に渡すだけです。

初回のみ注文が必要ですが、2回目以降は注文する必要すらありません。

洋服を袋に詰めてコンビニの店員に出すだけです。

バッグも宅配クリーニング業者からもらえますし、伝票も「届け先」「送り主」が印字されていますので記入の必要すらありません。

こんな感じのバッグですね。伝票が入っているのがお分かり頂けると思います。

バッグが小さく見えるかもしれませんが、コートなら2着余裕で入る大きさです。

この中にスーツやワイシャツをつめて、コンビニの店員に渡すだけでOKです。

全然「面倒」ではないですよね。

今、自分の洋服がどこにあってどういう工程なのか?も、スマホから簡単に確認できちゃいます。紛失なんてありえないわけです。安心ですね。

忙しい方にオススメなクリーニング業者はリネット

オススメの宅配クリーニング業者ですが、オススメなのは、

  • リネット

です。

リネット

先ほどお話したような簡単クリーニング。

加えて、

  • 送料無料の条件がゆるい(2,400円以上)
  • シミ抜き無料
  • 最短3日(コンビニ利用でなければ2日)

という、まさにビジネスマンのためのような宅配クリーニング業者です。

2,400円なら、

  • スーツ上下:1,250円
  • ワイシャツ6枚:1,170円(195円x6枚)

で達成できてしまいます。ワイシャツをクリーニングされないようでしたら、普段着やコートを混ぜると良いかと思います。

また、本人が気づいていないような細かなシミ抜きもしてくれます。もちろん無料です。

時間が経っていなければ、つきがちなボールペン(水性はダメ)のシミも無料で除去してくれちゃいます。

そして、コンビニに出して最短3日で配送までしてくれますから、木曜の朝に出して日曜夕方に受け取る、なんてことができちゃうんですね。

ちなみに、寮やタワーマンションのように受付がいるお住まいでしたら、不在でも受け取ることができます。もちろん、宅配ボックスに入れてもらうことも可能です。

配送会社がヤマトですから、平日の20~21時に受け取ることもできます。お仕事が忙しくないときでしたら、平日に受け取るのもアリですね。

と、いたれりつくせりのクリーニング業者が「リネット」なんですね。

休日にクリーニングに行かなくてはならないわずらわしさから、この機会に解放されてみませんか?

リネットの詳細はコチラ!