仕事に普段着に、女性の生活になくてはならないブラウス。

ですが、それゆえ汚れやすいですよね。

食事でついたシミ、職場でついたインク染み、はたまた汗をかいたことによる汗ジミなど。

頻繁に着るモノだからこそいつも清潔にしておいたいもの。

かといってクリーニングに出すとランニングコストもかさみます。

どうせなら安いところがいいな…というわけで、主要クリーニング業者のブラウスのクリーニング料金を比較です。

ブラウスをクリーニング!7社比較で相場を知ろう!

安い順に並べていきます。値段はピュアクリーニングプレミアム以外は税抜の価格です。

料金のソースは各業者の公式ページです。リンク集の「料金表」に公式へのリンクを貼っていますので、よろしければご参照ください。

また、料金比較表の「詳細」列には個別記事のリンクを貼っています。各業者の口コミ・評判や特徴などを記載していますので、気になる業者がありましたらクリックしてみてくださいね。

クリーニング業者 料金 詳細
リネット 370円 詳細
ホワイト急便 450円 詳細
せんたく便 509円 詳細
ネクシー 550円 詳細
白洋舎 550円 詳細
リナビス 980円 詳細
ピュアクリーニングプレミアム 1,000円 詳細

ブラウスはクリーニング料金が安いですから、個別タイプが有利ですね。

ブラウスをクリーニングに出すならオススメはココ!

ご紹介した7業者の中でのオススメは、リネットです。

リネット

  • 再仕上げ無料
  • 初回送料無料
  • シミ抜き無料
  • クリーニング料金が最安値!
  • 送料無料の条件が緩い(プレミアム会員なら1,900円以上)
  • 最短2日でクリーニング完了

安い、早い、高品質と3拍子揃っています。

ブラウスだと襟に汗ジミ(黄ばみ)がつきがちですが、リネットは無料でシミ抜きをしてくれます。早め早めにクリーニングに出しておくことで、いつまでもキレイなブラウスを着ることができるわけですね。

詳細ページへ 体験談はコチラ!

ブラウスをクリーニングに出す際の注意点

ブラウスは丈の長さでワンピースと区別されるようです。

リネットの公式ページによると、

お尻が隠れる長さの着丈のものはブラウスではなく「ワンピース/チュニック」に分類されます。

とあります。左がブラウスで右がワンピースですね。

クリーニング料金の違いは、

  • ブラウス:370円
  • ワンピース:930円

と3倍近くも変わってきてしまいます。上記はあくまでリネットの例で、利用されるクリーニング業者によって扱いが異なる可能性があります。

気になるようでしたら、まずは問い合わせをされてみてはいかがでしょう。

あとブラウスをクリーニングに出す際に気をつけておきたいのは、

  • 上質素材(シルク・カシミヤなどが30%以上)が使われているか?
  • 装飾品(レース・フリル・プリーツなど)があるか?

です。

個別タイプの多くの業者では上記に該当する場合、追加料金が発生します。リネットを例に取りますと、

  • 上質素材:+480円
  • 装飾品:+330円

何も考えず流れ作業で洗われてダメにされるよりも、追加料金がかかってもしっかりとクリーニングしてくれる方がうれしいのは確かですが、思いもよらない追加料金ってヤですよね。

クリーニングに出される前に、上記に該当するものがあるかどうか確認されてから出されることをオススメします。

パックタイプは上質素材や装飾品で追加料金を取らない業者がほとんどですので、追加料金次第ではパックタイプの方がお得になるケースもあります。

クリーニングに出す洋服をきちんと確認し、うまく使い分けていきたいですね。