結論から言いますと、

  • やめておいた方がいい

です…。

獣毛素材の中でも、カシミヤと並んで繊細な素材の一つであるアンゴラ。取扱がすんごい難しいんですね。

とはいえ、アンゴラの比率が低く、お値段がそこまで高くなかった洋服ですと「クリーニングに出すのがもったいない!」という気持ちもわかります。

そこで、アンゴラの洋服をどうやって家で洗うの?についてお話していきたいと思います。

アンゴラニットの洗濯の仕方

洗濯に挑戦されるのはニットだと思います。ので、ニットである前提で話をしていきますね。

コートはさすがにクリーニングに出しましょう。どんなに安くても1万を切るお値段ではないでしょうし…。

失敗してもOKな洋服のみを、自己責任で洗いましょう。

ちなみに、アンゴラが1%でも入っていればアンゴラ衣類を名乗ることができます。アンゴラニットでお安いものなどは、5%、7%くらいで売られていることが多いですね。

アンゴラニットでも、アンゴラががっつり入っているモノはとても高価ですから、それも大人しくクリーニングに出されるほうが無難です。

オススメのクリーニング業者については、あとでお話しますね。

で、肝心の洗濯方法ですが、図解入りでわかりやすく説明されているサイトがありますので、そちらをご紹介します。

アンゴラニットの洗濯方法

このサイトでは、アンゴラ70%のニットを洗濯されていますね。アンゴラ70%て…。そこまで入っていると、1万円を切ることはないでしょうに…。

自分だと恐ろしくて自宅洗いとかできないです(汗)。

で、実際にこの方法で洗濯してみました!そして、

見事に失敗しました!(笑)

洗剤が悪かったのか、洗い方が悪かったのか、干し方が悪かったのか…。洗濯したニットは、縮み・手触りザラザラと、ちょっと着れないレベルになってしまいました。

洗ったのは、アンゴラ7%の安物ニットです。セールで3,000円ちょっとで購入したものでした。

そんなニットでも、やっぱり着れなくなるとなるとダメージ大きいですね。

なので、ホント、ダメになるのを覚悟のうえで洗濯されることを強くおすすめします。自分で失敗した場合、完全に自己責任で、かつクリーニング屋にもっていっても「無理!」と言われることが多いです。

大切な洋服は、無難にクリーニングに出されることをオススメします…。

アンゴラ衣類のクリーニング代ってどのくらい?

とはいえ、アンゴラは高級素材。

クリーニングに出すといっても、どれくらい取られるんだろう、と不安になりますよね。

まず、クリーニング業者の扱いとして、

  • アンゴラ30%以上の場合、追加料金が発生する

としているところが多いです。

つまり、アンゴラが5%や7%といったニットやコートについては、追加料金が発生しない。ウールなど普通のニットやコートを出すのとクリーニング料金が変わらないんですね。

宅配クリーニング最大手の「リネット」のクリーニング料金を例として出しますと、

  • ニット:440円
  • コート:1,700円
  • アンゴラニット:920円
  • アンゴラコート:2,260円

これを高いと感じるか、安いと感じるかは、お手持ちの洋服の値段によると思います。

ただ、コート・アンゴラニット・アンゴラコートに分類される洋服は、クリーニングに出されたほうが良いと思います。

ニットは…、洗濯するかクリーニングに出すかは、ご自身のご判断で。

経験を積む、という意味で、一度洗濯されてみるのも良いかもしれません。私は苦い経験になりましたが(汗

クリーニング料金につきましては、洋服別に7から8のクリーニング業者を比較した記事を作成しています。よろしければご参照ください。

クリーニングに出したら傷んで帰ってきた(涙)、なんてお話をよく聞きますが、ご紹介しているクリーニング業者ではそんなことが発生したことがありません。

ので、安心してクリーニングに出すことができると思いますよ。

ニットのクリーニング料金相場

コートのクリーニング料金相場

アンゴラコートのクリーニング料金相場

洗濯・クリーニングどちらを選択されるにしても、ご自身の大切なアンゴラ衣類がキレイになって手元に残り、気持ちよく着続けられる一助になれば幸いです。